2020年12月19日土曜日

神仏にお守りいただくための心得


神様や仏様、天使や高級霊等の働きについてこのブログでも書いてきました


それらは呼び名は違っていても、人々を守り導く偉大なる霊存在であることは同じです

そうした偉大な存在にお守りいただくためには、私たち人間側はどのような心掛けが必要でしょうか

古来より宗教の枠を超えて、人々の心の過ちや汚れを正して清めてから、神様の前に出るという考えがありました

日本の神道においては、禊祓(ミソギハラエ)といって、汚れや罪をはらうという考えがあります

仏教では八正道という八つの正しい道に照らして、自らを反省して正していくという方法が説かれています

キリスト教ではイエスの「悔い改めよ」という言葉があり、カトリック教会では神に対して罪を告白し許しを得るための懺悔の部屋があります

洋の東西を問わず、人の心の過ちというものは、神仏から離れるものであり、悔い改めて清らかな心に戻ることで、神仏の望まれるものとなると教えています

人の心の汚れというものは、窓ガラスについたホコリのようなもので、天から射すあたたかな光を遮る役割をし、私たちを暗い場所に置いてしまいます

霊的には光の存在の反対である闇の者もいて、彼らは人々の心の汚れがあり、光の射さない場所があると、そこで闇に動く生き物のように暗躍します

こころの汚れを落としていく事で、こうした闇の者から離れ、憑依を取り除くことにもなります

世の中の人には、本人は気づかない所で、闇の者に憑依されたり、悪影響を与えられていることが多くあります

地峡に生きれいる間には、少なからずそうした闇の者の影響というものはあるものです

自分には関係ないと思われるかもしれませんが、実際にはほとんどの人が何らかの縁をもっています

このような闇の者の影響を断ったり、憑依をのぞくことも、心の掃除や反省によって可能となっていきます

わたしたちは、そうした汚れをはらっていくことで、神仏に加護をいただいたり、守護霊様などから導きをうけられるようになっていきます

自らの過去を振り返って、人を傷付けるような思いや行いをしていなかったか、欲のままに生きていなかったか、ネガティブな思いを発していなかったか、ふりかえって反省してみましょう

心の中の汚れを落としていくことで、神仏や天使、守護霊様の光りは射すようになり、お守りも強くなっていくでしょう


ブログランキングに参加しています。↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

自宅で声を出して丁寧に大祓詞を読み上げることでも闇の者の影響や憑依を防いだり払ったりすりことはできるのしょうか!?

匿名 さんのコメント...

本日のブログも深いですね。私自身、一時時期、毒気つく、口が悪い時がありました。毒舌を吐いてしばらくした後よく痛い目に遭いました。 方針転嫁して、言葉に気を付けて毎日を過ごすと少しづつ痛い目に遭わなくなりました。 まさに本日のブログの通りです。 明日からも穢れないよう頑張ります。ありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

スピリチュアルと出会い、歴史ある神社仏閣を参拝するようになりまして、人から以前は暗い声だったけどこの頃明るい声になったねと言われました。