2018年2月12日月曜日

神仏にお守りいただくために


これまで、神様や仏様、天使や高級霊について書いてきました



それらは呼び名は違っていても、人々を守り導く偉大なる霊存在であることは同じです

そうした偉大な存在にお守りいただくためには、どのような心掛けが必要でしょうか

古来より宗教の枠を超えて、人々の心の過ちや汚れを正して清めてから、神様の前に出るという考えがありました

日本の神道においては、禊祓(ミソギハラエ)といって、汚れや罪をはらうという考えがあります

仏教では八正道という八つの正しい道に照らして、自らを正していくという方法が説かれています

キリスト教ではイエスの「悔い改めよ」という言葉があり、カトリック教会では神に対して罪を告白し許しを得るための懺悔の部屋があります

洋の東西を問わず、人の心の過ちというものは、神仏から離れるものであり、悔い改めて清らかな心に戻ることで、神仏の望まれるものとなっていきます

人の心の汚れというものは、窓ガラスについたホコリのようなもので、あたたかな光を遮る役割をし、私たちを暗い場所に置いてしまいます

先日から述べました闇の者というのも、そうした人々の心の汚れがあり、光の射さない場所にあって、闇に動く生き物のように、光の射さないところで暗躍します

わたしたちは、そうした汚れをはらっていくことで、神仏に加護をいただいたり、守護霊様などから導きをうけられるようになっていきます

自らの過去を振り返って、人を傷付けるような思いや行いをしていなかったか、欲のままに生きていなかったか、ネガティブな思いを発していなかったか、反省してみましょう

心の中の汚れを落としていくことで、神仏や天使、守護霊様の光りは射すようになり、お守りも強くなっていくでしょう

関連記事





0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます