2020年9月28日月曜日

自殺された芸能人の驚きの共通点と他殺説、自殺はなぜいけないのか


昨日は女優の竹内結子さんが亡くなるというショッキングな出来事があり、こちらのブログでも取り上げました

残念ですが、どうやらクローゼット内で紐を使って自殺されたようです

そして彼女の前に亡くなられた俳優の三浦春馬さんや女優の芦名星さんが、最近の事ですが、同じようにクローゼット内で紐で亡くなられています

若い俳優さんが立て続けにクローゼット内で紐を使って亡くなられてしまっています

まるでお三方は言い合わせたかのような同じような無くなり方をされて、一部には他殺説まで出ています

お三方には役者として共演もあって、三浦春馬さんと芦名星さんは『ブラッディ・マンディ』、三浦春馬さんと竹内結子さんは『コンフィデンスマンJP』で共演していたそうです

三浦さんと繋がりのあった方たちという事になります

こうした共通点を考えれば不思議に思うでしょうが、霊的な要因であり得る事だと思います

よく自殺の名所などと呼ばれるところもありますが、同じような悩みを抱えているものが吸い寄せられるようにして自殺してしまうという事があります

崖の上であったり、踏切などが多いのでしょうが、会社などでもあります

毎年のように飛び降り自殺者が出ている部署があるなど、同じような無くなり方をする人が続く場合があります

そうした時には、やはり霊的な影響を受けていることがあると思われます

自殺した霊と同じように、何か悩みを抱えている場合に、波長が同通してしまって憑依を受ける事があります

すると憑依された人は同じように自殺をはかってしまう事があるのです

今回のケースも残念ながらそうした事があったのではないかと感じさせます

特に役者さんの場合には、他人の役を演じるわけですから、他人の思いを受けたり、時には憑依される事もあるでしょう

そうした能力が高い人が役者としても演技派として評価されるのだと思います

ひょっとしたら本人は、あまり自覚や意識は無くて、気がついたら亡くなっていたと思っている場合もあります

竹内結子さんの主演で『黄泉がえり』という良い映画があるのですが、(ネタバレになります。まだ見られていない方は2行飛ばして読んでくださいすいません。もう昔の映画なのでお許しください)そこで彼女は実はもう本当は亡くなっているのに、黄泉がえりしていた人物を演じています

自分が亡くなった事を知らずに、生きていると思って普通に生活しているのです

このように憑依体質で憑かれて自殺された方の中には、気づいたら亡くなっていたという事もあるかと思います

ただ、本人の心が何かしら同通する部分を持っていたために、憑依されるという事が起こります

悩みを抱え込まず、明るく生きている人には、そうした自殺者の霊など憑依できず、しても波長が違うためすぐに離れていってしまうでしょう

このような有名人の自殺が続いてしまうと、後追いのように自殺が増えてしまう事が懸念されます

しかし、自殺したら楽になるのではなく、苦しみが延々と続いてしまう事を知るべきでしょう

霊的真理としては、自殺者の霊はすぐに霊界に帰ることなく、地上の留まり続ける事が多いです

その自殺した場所にい続けて、いわゆる地縛霊と呼ばれる状態になって、自殺時の時空間が固定されてそこに閉じ込められたように、長い時間を苦しみの中にい続けることになります

自殺者は楽になろうとして自殺を図るのだと思いますが、実際には苦しみを固定してしまい、死後もずっとその苦しい状態のままでい続けることになるのです

人間は生きていれば状況が変わり、幸せを感じる時が訪れる事もありますが、自殺者の霊の場合にはそれがなく、ずっと苦しみの中にいるのです

ですので自殺という選択肢は選んではいけません

人生の途中下車は許されておらず、大きな代償を支払う事となります

どうか自殺を思っている人が、霊的真実を知って思いとどまる事を願います

↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今後は良くも悪くも、目に見えない者からの干渉が更に増えていくと思われます。
(特に、アルコールでの憂さ晴らしなどは厳禁ですね)

今は時代の変化の時であり、全てにおいてとても不安定です。
ですがこれは、「良くなるため」の変化です。
他者を思いやり助け合うこと励まし合うこと、そして「自分を大切にすること」を思い出す大事な時期です。
愛の力でみんなで乗り越えましょう☆

匿名 さんのコメント...

私はよく行く公園があったのですが、そこで六月に自殺されている方を発見してしまいました。
(あとから知りましたが、その公園も自殺が多い公園でした)
しばらくショックでしたが、お寺や神社に参拝し、自分自身も陽気でいるよう心がけているので今は普通に過ごせるようになりました。
ですがその後三浦春馬さんや竹内結子さんのニュースが続き、どうしても悲しい気持ちになってしまいます。
自分の場合、十代の頃から江原さんの本を読んでいたので、自殺なんて骨折れ損のくたびれ儲け、絶対しないと思っているのでつられることはありませんが、霊的な知識のない人は影響を受けてしまう気がして心配です。

もっとたくさんの人に霊的真理が広まればいいと思います。
霊的真理とユーモアと感謝の心があればどうにか生きていけると思います。

匿名 さんのコメント...

こういう際に守護霊さんの声が届かないものなのでしょうか?
そうしたら、踏み留まれる、と思いました。

ケイシー さんのコメント...

自殺した方は、自分が亡くなっている事に気づかず、自分と似たような悩みを持っている方について憑依してしまい、ひっぱりこんでしまう事もあるようですね。悲しみの連鎖をとめるには、霊的な真実を広める必要があると思いました。
https://youtu.be/-Fn7_468Qcs

匿名 さんのコメント...

先生!
自殺をしたら、どうなるか説明して頂きたいと思っていたら、取り上げていただきありがとうございました。三浦さんの時にもコメントさせていただきましたが本日のブログの事を一般の方に知って頂けたら自殺を抑止できるのではないかと思います。

後、コロナ禍で外に出る機会が減ったのも、憑依体質の俳優さんに、霊が憑依しつづけたのかなとも思いました。

自分で選んでこの世の中に生まれてきたのですから、自らリセットすることは、いけないことですね。天に帰ることができないのですね。

匿名 さんのコメント...

江原さん、美輪明宏、木村藤子さんの本を読む、波長の高い音楽を聴くや、お経や南無○○と唱える、由緒ある神社仏閣参拝や、粗塩や鏡や、(キラキラしたものは魔除けになるそうで、身に付けるや、部屋に飾るのもよいようですね。)憑かれない高い心境になるや、本物の霊能者への相談や、生きがいを探すや、いのちの電話や心療内科やカウンセリングへの相談などをして、命をたいせつにしていただきたいです。

匿名 さんのコメント...

有名人の自殺のニュースに心を痛めています。昔抱いた悲しみが蘇って来ます。
私が小学生だった頃、大ファンだった、某アイドル歌手が自殺しました。当時センセーショナルな報道をされ、社会問題にもなりました。
絶対的に応援していた、憧れの人の自殺は、悲しみと裏切られた気持ちで、長くショックを引きずっていました。
子供心に「私が応援していたのに、死ぬほどに彼女が何に苦しんでいたのか?」答えはないまま。
世間では、彼女の存在は消えてゆき、私は誰にも言えないまま大人になりました。
私は洪さんがいう、自殺者は死しても苦しみを長い間、固定してしまう。
そして自殺者の周りの人達の心もそうしてしまうと、感じてきました。
だから、絶対に自殺も後を追う行動もしてはいけないと思っています。
数年前ですが、某アイドルが、夢に出てきてくれました。彼女は「みんな(ファンの方々)に会いにまわっている」と。
私には嬉しい夢でした。彼女がようやく楽になれたのでは?と、感じました。私も母になり、それは余りにも長かったとも思いました。
彼女の命日を忘れられません。毎年心で祈ってます。

死ぬ程苦しんでいる人が、その周りの人々の顔や愛情を思い出して欲しいと。思い止まって欲しいと。切に願います。

匿名 さんのコメント...

私も、他にコメントされている方がおっしゃるように、自殺したらどうなるかを記事にしていただきたいと思っていました。

楽になるはずが、自殺したら今よりもっと苦しくなるそうです。それを知ると、思いとどまる方がいるのではないかと思います。

主人によく、助けてって子供の霊とかが苦しそうに言ってくるそうです。

でも、自分で選んだ人生だろ?と、冷たいですがどうすることも出来ず、そのような対応するしかないそうです…

匿名 さんのコメント...

いのちの電話などに相談して、抱えこまないようにすることが大事なのですね!美輪さんの本に、自殺するとストップモーションになってしまう。自殺というのは骨折り損のくたびれ儲けだと拝見しました。