2014年10月29日水曜日

地球への適応障害に悩む宇宙の魂


アンケートで以下のような質問がありました

「最近対人恐怖、緊張、社会不安、鬱などの神経症状で死にたい程悩んだり、まともな社会生活を送れない方が増えてる気がします。地球への適応障害でしょうか?」

ご質問のとおり、地球への適応障害で悩んでいる宇宙の魂は多いと思います


地球へ生まれ合わせてきた宇宙の魂が、価値観の違う地球で馴染めずに、適応障害を起こすことがあります

特に調和された星から来た魂にとっては、未だに凶悪な犯罪や、争い事の絶えない地球に馴染めない事が多くあるでしょう

このブログはそうした方へのメッセージとして書いている目的もあります

魂があることを信じていない方が多く、それが別な星から魂が生まれてくるとなるとほとんど信じてもらえないのが現状でしょう

ですので生まれた惑星ごとに考え方や価値観の違いがあり、それがどのような思いの違いを生み出しているのかを世の中に浸透させるのは難しい事です

そうした真実が広がっていくことで、人々への理解や認識が深まっていくことを願っています

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. ありがとうございます。やっぱりそうだったんですね。最近ニートが増えて「甘え」などと叩かれてますが、社畜としてバリバリ奴隷のように働いてきた人が、いきなり鬱で働けなくなったり、何かが今までの方法では通用しなくなってきてる。本来の自分の生き方でないと、心身が受付なくなって来てるのかと。労働含めて生き方の見直しを迫られてる時期なのかなーなんて思ってました

    返信削除
    返信
    1. 昔は自営業とか、あるいは出家して托鉢してくらすなんて生活もありましたが、現在は雇われ人として暮らさなくてはならなくなったので、そうした社会の変化に適応できない人もいるでしょうね

      削除
  2. 私自身もそうでしたが、私の甥っ子たちも登園拒否や不登校で母親たちは苦労したようでした。

    一番上の甥っ子が6年ほどのニート状態から脱して今年ようやく就職することが出来、私もほっとしました。

    「母親の育て方が」などと思ったりしていましたが、あの子たちも地球に馴染めなかったのですね。
    今初めて気がつきました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます