2023年1月19日木曜日

当たり前を捨てると幸せになる


ここにA君という男性がいます。昔の知り合いをイメージして想像した人物像です

A君はやせ形で身長は少し平均より高いくらい、眼鏡をかけて神経質そうな顔だちをしています

A君は、同じ会社に勤めていましたが、彼の口からはいつも会社への不満が出てきました

「上司が分かっていない」とか「同僚の誰それはうまいことやってズルい奴だ」、「うちの会社は安い給料で働かせてブラック企業だ」などと、他人の悪口や、会社への不満を口から良く出ていました

そのA君と飲みに行ったときに、家族の事を聞いてみました

「君のお父さんはどんなひと?」

「親父はうだつの上がらない普通のサラリーマンさ。出世からは見放されて、安い給料で毎日ペコペコ頭下げて情けない」そういって嫌そうな顔をします

「お父さんの事嫌っているの?」

「むしろ憐れんでいるんだ。何が楽しくて生きているんだろうね。僕はああはなりなくないよ」

「でも、君のお父さんは家族のために頑張って働いているんだね」

「親父はろくに趣味も無くて、仕事だけが生きがいで働いているだけさ。それでいて会社からは認められないんだよ」

「きっと趣味を見つける時間も無く、家族を養うために一生懸命にはたらいてきたんじゃないのかな」

それをきいても彼は父親への気持ちは変わらないようでした

少し話を変えて、実家のことを聞いてみます

「いまは実家に住んでいるんだって?」

「ああ、住むのに金がかからないからな。こんな安月給の会社勤めじゃ、仕方ない。本当はあんな辛気臭い親の居る家は出ていきたいんだ」

「家賃もタダで、お母さんが食事も作ってくれるんだろ?おまけにお家の掃除や洗濯までしてくれる。見方を変えたら贅沢な暮らしだな」

「親なんだからやって当たり前の事さ。それなのに家にお金を入れろだとか、早く結婚しろだとか、いちいちうるさいんだよ。どこか給料の良い会社に転職して、タワマンにでも引っ越したいな」

A君はそのように、家族についても不満だらけです

彼を見ていると、けして幸せそうに思えませんでした

そしてしばらくして、彼はリストラにあってしまいました

経営が苦しくなって、多くの人が首になり、彼も対象になってしまいました

話に聞くと、やめる時の飲み会では、だいぶ会社に毒を吐いていたそうです

その後は消息が分からなくなったので、どうしているかわかりません

彼の望み通り、いい就職先を見つけて、高給取りになっているでしょうか?

ですが、あまり良い未来は感じられないのです

A君には、物事についていつも「あって当たり前」という思いが強かったのだと思います

仕事があって当たり前、給料がもらえて当たり前、両親が働いて当たり前、身の回りの世話をしてくれているのも当たり前

すべてが当たり前の世界で、感謝することを忘れていました

人は今あることの幸せを見失ってしまう生き物です

失ってはじめてその幸せに気づくのかも知れません

幸せに近づくためには、「当たり前」という思いを捨てる事です

様々な出来事があるおかげで私たちはこうして生かされています

その事に気付いて、感謝して生きる事が、幸せへの道だと思います

あなたもA君のようになっていないか、今一度ご確認ください

↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。
閲覧専用の方には、スクールと同じ記事が読める「ウェブマガジン」も開始しました。

関連記事


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

A君のようなこと言ってますね。それで後から反省して落ち込んでます。なかなか直らなくて悩んでます。

匿名 さんのコメント...

いつも深いお話ありがとうございます。
日々に起こる事に感謝できると人は変わると思います。