2019年6月22日土曜日

イランと人類最終戦争・ハルマゲドン

イランへの攻撃をトランプ大統領が承認し、開始前に撤回したとするニュースがありました



イランについては先日もタンカーへの攻撃の関与が取りざたされていました

ちょうど安倍首相が訪問している時に、タンカー攻撃があり、アメリカの陰謀だとか色んんな意見が飛び交いました

現在ではイランの革命防衛軍が行ったとしてほぼ確定しています

イランには正規軍のほかに革命防衛軍があって、こちらが攻撃を行ったようです

攻撃に使われた機雷が、テロリストが扱える品ではなく、正規の軍でなくては扱えないことと、アメリカが証拠を提示した後に、不発の機雷を取り外していたことは認め、あれは危険だから外しに行ったと主張しています

普通であれば、事前に助けに行くと通知して機雷を取り除くなら分かりますが、事前に自分たちの使っている機雷が取り付けられていることを知っていて、それを黙って取りに行ったという事は、当然怪しまれるでしょう

ですのでイランの革命防衛軍が行った攻撃であったことはほぼ間違いないでしょう

日本船籍を標的にするのは難しいとして、こちらは否定的な見解となっています

今回はアメリカの無人偵察機を攻撃したとして、アメリカ側が報復の限定攻撃を行おうとしていました

しかし、直前になって、被害が多くなるとしてトランプ大統領は中止したといいます

このようにイランとアメリカの緊張はどんどん高まっていて、いつ攻撃が開始されるか分からない状況です

ただ、現在のところは、攻撃をするとしても、ミサイルや空爆などで、特定の施設を攻撃する限定攻撃になるのでしょう

いきなりイラク戦争のようになるわけではありません

またイラクはウランの濃縮を合意から離脱して20%ほどの高濃度にすると言ってきています

これは原子力発電で使う為ではなくて、核兵器の開発を進めることを意味します

このまま進んでいくと、イランは核保有国となるでしょう

そうすると中東では、イスラエルとイランが核保有国となります

両国は非常に関係の悪い国で、両国の間には憎しみが渦巻いています

もしもお互いが核保有国となっていくなら、聖書の黙示録に示されたような、ハルマゲドン・人類最終戦争が訪れる可能性が高まります

新約聖書の最後には、人類の未来が描かれたとするヨハネの黙示録が収められています

そこには、イスラエルにあるメギドの丘で、最終的な戦いが起こることが示されています

この最終戦争が、イスラエルとイランの間で起こる可能性があるのです

アメリカとしては、イランの核保有は認めず、もし開発を進めるなら、核関連施設への攻撃もありうるでしょう

イスラエルを守りたいという思いを持っています

まだ時間は残されていますが、いずれ破局的な争いに発展する可能性が高い地ですので、何とか調和の道を探っていけたらと願います

先日は安倍首相も両者の仲介に立ちましたけど、もっと積極的に関与していき、この問題を収束させなければいけません

日米とも難しいかじ取りが迫られていますが、ここは何とかしのいでいって、いただきたいものだと思います

↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



1 件のコメント:

  1. 宗教対立には終わりが見えないと思います。
    和解だけで、本質を見過ごすとどんどん状況が悪化するように思います。
    イランも北朝鮮のように核で威嚇しどうしようもなくなります。
    はたして、経済制裁と話し合いで終息するのでしょうか。
    限定攻撃などの早めの対処がいいのか、先延ばしかいいのか。

    イラン、アメリカには宇宙の勢力がいるのですか。

    最終戦争前に救世主は降りないのでしょうか。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます