2019年6月21日金曜日

孤独感や理解されない、愛されない悩み

ひとは、孤独を感じて寂しくなったり、人から理解されず苦しんだり、愛されていないと嘆き悲しんだりします

肉体に宿ることのよって、ひとは分離感を体験します


肉体という物質のなかに潜むことで、本来の世界の一体感、ワンネスから離れ、孤独を味わうのです

何故私たちはそんな経験を自ら望んでするのでしょう

それは、愛されていること、理解されていること、一人ではなく、いつも一体であることの喜びを真に味わいたいから

地上でしか体感できない感覚を得ることで、光りの故郷へ帰ったときの喜びを深くかみしめたいからなのではないでしょうか

光の世界では、魂の兄弟たちとの一体感を絶えず感じ、心があらわれるため、真の理解を得られ、あいまいな感覚ではなくて、本当に愛されていることを理解します

地上では、どんなに一緒にいても、時間を共有しても、場所を一にしても、物質に宿っているために、真に分かり合えることは無いかもしれません

真実の世界では、地上でいくら求めても得られなかったものがあります

地上のどのようなお金持ちでも、絶対的な権力者でも得られない喜びがあります

永遠、ワンネス、一体であることの喜び、理解される喜び、真に愛される喜び、これらは人類が捜し求めて得られないものでした

過去から人類は求めていたものは、実は光りの世界にあるものです

人がどうして求めてやまなかったのか、それは、以前に経験し、味わったことのある感覚なのだと覚えてはいなくても、かすかな思い出として魂の奥底にあるからなのです

かつて光の世界で味わった感覚があるからこそ、人はそれを求め、得られないことで悲しむのです

どうして、ひとはそうした光の世界の感覚を忘れて生まれてくるのでしょう

もし光の世界の感覚が残っていたなら、ひとは誰もこの物質世界が嫌になって、すぐにでも故郷へと帰りたがって、地上には誰もいなくなってしまうでしょう

ですので、感覚は忘れてくる約束をして生まれてきて、ただ、知識として得られるようになっています

一部の例外を除いては

地上にあるうちは、もとの世界では味わえない、貴重な経験をしています

さまざまな景色を体感するルートを辿りますが、約束として途中下車はしないように決めてきました

途中で旅路を放棄したら、約束を思い出す世界では、深い自責の念に苛まれるからです

どうか、貴重な物質経験をおろそかにせず、魂の経験を積んでいってください


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



3 件のコメント:

  1. 涙が出てきました。
    いろいろ悩み、苦しいこともありますがこの世に生まれてきたことをありがたく、大事に生きて行きたいと思います。

    返信削除
  2. 私も励ましの言葉と受け取っています。ありがとうございます。
    忘れかけた頃に思い出し、求めさ迷う感覚はそれだったのです。何度、放棄したことか。

    返信削除
  3. 魂にくっつけてしまった、自分さえ良ければいいというエゴをこの地上で消しきることが、生まれ変わりの目的となります。

    地上で助け合い、理解し合い、愛し合うことを通してエゴを消すことができるからです。

    エゴを消しきるまで、生まれ変わりは続きます。
    そのために自分で望んで生まれ変わってくるので、地上の生活が大変でも、自分で設定した課題なのだと思えば人のせいにせずまずは冷静に頑張れるはずです。

    人のせいにして逃げたは、また、次回の人生でやり直しとなり、生まれ変わりが半永久的に終わらなくなってしまいます。

    逃げずに助け合いながらでも頑張れたら、と思うばかりです。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます