2018年6月26日火曜日

性格や思いと病気のスピリチュアルな関係



病気(特定の臓器や場所)と性格の因果関係はあるのでしょうか?

それがすべてではありませんが、性格や心の持ちようと病気は一部には関連性もあります

病気は遺伝的に身体の弱い部分に病状が現れたり、外的要因によって病気になることがあります

ただ、中にはその人の思い癖などが溜まっていき、何らかの病状として現れることもあるのは事実です

以下に症状と性格や思い癖の関連を紹介します


胃や腸


神経質でイライラしていると胃や腸に問題が起こることがあります

些細なことで神経をとがらせていたり、あるいは神経を使いすぎる仕事などをしていると、胃や腸に炎症が起こることがあります

イライラやクヨクヨした性格の人であるとか、頑固で人の意見を飲み込めない人には、消化器系の問題が起こってきます

食べたものを消化できなくなって、それで胃や腸が荒れたりするわけです


心臓


心配事や不安が溜まっていると心臓に来ることもあります

心配性であったり、物事に過敏に反応してしまう人、傷付きやすかったりショックが大きな人は、心臓に負担がかかることがあります

よくびっくりしたり、恐怖を覚えると、心臓がものすごく高鳴る経験をしたことがあると思います

そのように心臓はショックな出来事に反応する傾向があります

ですので心配性な人や、何かにつけて敏感な方、何かショックな出来事を経験している人には心臓に負担がかかって、何らかの症状として出ることがあります


喉や気管支


ほかには言葉遣いが悪くて、人を傷つけることをよく言う人の場合は、喉に病気が現れたりします

よく人の悪口を言う人や、怒鳴る人などには、咽喉や気管支にトラブルが発生することがあります

他人を排斥しようとする思いが強いと喉や気管支に出ることもありますので、そうした場合は他人との調和を意識するようにした方がいいでしょう


耳・聴覚


人の話をあまり聞きたくない、耳を塞いでいる場合は、耳が聞こえずらくなることがあります

人から厳しい意見を言われるのを聞きたくないという人や、嫌な事を聞きたくないという思いが、聴覚の障害として現れることがあります

そうした自覚がある場合には、他人の意見に耳を傾ける姿勢を持つことも必要なのだと思います


足腰


腰痛や足の衰えなど、足腰が弱くなる心の持ち方の特徴としては、依存心が高くなっているという場合があります

自分で何かしていこうとする思いが少なくなって、子や孫や他人に頼もうとする思いが強くなってくると、足腰も弱まってきます

高齢になっても畑仕事など、自分で何か仕事するタイプの方は、足腰は強いままであることが多いでしょう

そうした仕事などもしなくなって、人に頼りきりになってくると足も弱くなっていきます


癌(ガン)


癌になられる方には、何かしらのストレスが心の中に溜まっていることが多いでしょう

現代はストレス社会となっていて、それだけ癌になられる方も増えていると思います

癌につきましては詳しくは「癌(ガン)の治療とスピリチュアルな真相」の記事を参照いただけたらと思います


肺にトラブルが起こる要因の一つには、都市型生活の問題もありますが、自然との調和や、生かされている事への感謝が減ってきているところがあると思います

都市型生活をしていると、排気ガスなどで空気も汚れていて、新鮮な空気を供給してくれる緑や自然へのありがたさが失われます

食材もスーパーに行ってパックして売られているものを買うために、いただいている命への感謝や、食べ物を育んでいる自然への感謝は薄らいでいるでしょう

そうした感謝の念が薄らいでいくことによって、肺の問題が起こることがあります


肝臓


肝臓というのは毒素を取り除き浄化する役割があります

その肝臓に問題が生じるのは、毒素が溜まってきているという原因があります

物理的に毒素の蓄積が問題の事もありますが、心の問題として、ご自身の中に過去からの毒が溜まっているという事があります

毒と言うのは過去の過ちの事で、過去に人を傷つけたり、真理に反する生き方をして、それが溜まている場合に起こります

その時には、素直に過去を振り返って、反省してみるのが良いでしょう

心の毒を浄化することで、身体の毒も浄化されていきます


腎臓


腎臓は老廃物を尿と共に排出する機能があります

この腎臓に問題が生じてくるのは、排出がうまくいかない状態です

つまり何かに執着していて、手放せずにおり、それが苦しみを生み出している状況が、腎臓の問題として出てくることがあります

これだけは手放せないという思いが執着となって、腎臓に何らかの問題として出現することがあるのです


アトピーや皮膚炎


アトピー性皮膚炎などが発生する要因の一つには、心理的な問題が現れていることもあります

皮膚と言うのは外界と内界を隔てる境界の役割をしています

その皮膚に問題が現れる要因には、外界との接触がうまく行っていないという問題があります

外のものに対して排斥的な思いがあったり、過剰に反応する傾向がある可能性があります

他人に対して受け付けない思いがあったり、人に対して抵抗する思いがあったり致します

そうした思いが、アトピーなどを悪化させている要因の一つになっている事もあります


その他の要因


このように心持ちをあらわすように病状が現れることもありますが、それがすべてではなくて、やはり物理的な原因によっておこることも多いでしょう

癌は精神的なストレスや肉体的なストレスが溜まって病状として癌になることがありますけど、体質的に身体の弱い部分に病状が現れるということがあります

思い癖や体質以外には、食べている物によって病気となることもあるでしょう

炭水化物が多いと糖尿病などになりやすいでしょうし、お肉が多いと炎症や血管に問題が出ることがあるでしょう

やはり野菜を中心に食べている人たちのほうが寿命は長いように思われます

関連記事





3 件のコメント:

  1. 洪さんの過去のブログで、プレアデスの祈りの中にありました
    「美しい人生を歩めますように」
    との文章が心に残っています。

    病気は、今までの食生活や生き方考え方を見直すきっかけともなりました。

    ブログを通して学びも深まって、心や体を整えることの大切さも教えて頂きました。

    美しい人生を歩めるように、出来るところから一歩づつ、行動に移していきたいと思います。

    返信削除
  2. ロングセラーの「家庭でできる自然療法」の著者である東城百合子先生は、病気と性格の関係についても著書の中で述べられています。

    東城先生は東京都の教育委員会の推薦を受けての講演会も行っていますが、ご高齢にもかかわらず、全国各地で無料で講演をされて食生活の改善のために尽力されておられます。

    著書の中には「化学調味料は直感を鈍らせる」との一文もあり、多くの方の体験談からも病気の改善には生き方の気づきも大切なことが伝わってきます。

    東城先生は子供たちのためにとの思いも強くあって、「母親の食事習慣が子供の生涯を支配する」と指摘されています。

    私自身も著書を読んで、食事の改善もさることながら、生き方や考え方の軌道修正を迫られたような気持ちになりました。

    返信削除
  3. 洪様

    こんにちは。
    毎日楽しみに読ませて頂いております。

    遺伝的に身体の弱い部分に病状が現れる…本当にその通りです。
    祖母が膀胱癌、母も膀胱癌、そして私も膀胱癌。
    遺伝ってすごいですね。

    子供や孫にこの遺伝子が無い事を祈るのみです。

    病気になって気付かされた事、沢山あります。
    健康は無形の財産です。見に染みて感じています。

    洪様もどうぞお身体を大切にされ、人としての正しい生き方を教えて下さい。
    よろしくお願い致します。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます