2018年6月30日土曜日

開運法!守護霊様と繋がる方法


開運法について感心が高い方が多いようですので、スピリチュアルな視点から開運について書いてみます

一般には幸運グッズや、パワースポットなどで開運しようとされていることが多いでしょう


色んなグッズを買ったり、願いが叶うという場所に出かけたりする人も多いでしょう

ですがご本人のことを一番親身になって見守ってくださっているのは守護霊様と呼ばれる存在です

地上に生きている皆さんには、ひとりひとりに守護霊様がいて、皆さんの事を見守られています

運命をよい方向に導かれる力を考えれば、守護霊様などとと繋がりが深くなることのほうがとても大切なことなのです

繋がりが強くなってきますと、サポートも増えますし、悪い方向へ行くのを防いでくれたりもします

守護霊様のサポートによって、よい方向へと導かれていきます

と言っても、別に霊能者のように会話したり、見えるようになるというのではなく、何気なく過ごしている時にふとよきインスピレーションをいただいたり、あるいは人との出会いがあってよき縁が出来たりするということです

では何故、守護霊様との繋がりが薄れるかというと、地上の人間の発している思いのなかで、愚痴や不平不満、怒り、憎しみ、卑下、嘲笑、等のネガティブな想念が発せられているからです

ネガティブな想念は、その人を取り囲むように黒い煙のような曇りが霊的に出来てしまい、それが守護・指導霊様の光を遮るようになるからです

そうした曇りを取り払うためには、自らの思いや行動を振り返り、反省や悔い改めをしなして、素直に間違いを認め、謝罪するのが一番です

そうすると取り巻いていた曇りは徐々に晴れていき、心の中に光が差すようになっていきます

心の中で人を害するような思いを持たなかったか、堕落した思いを持たなかったか、ネガティブな思いを発していなかったか振り返り、反省する時間を持ちましょう

心の中が掃除されて綺麗になってくると、インスピレーションも受けやすくなり、導きを得られやすくなります


もうひとつは、守護・指導霊様への感謝の念を持つ事です

日々、無事で生きられることへの感謝や、普通に暮らせることへの感謝など、当たり前に思っていることを改め、感謝する習慣をつけるようにするのです

一日に一回は、導いてくださる守護霊様などにお礼をいうように習慣化したほうがいいですね

すると守護霊様も力が出てきて、皆様へむかう意識も高くなり、より導いていこうとする思いが強くなるでしょう


以上のように、反省し曇りを取り除くことと、日々感謝する生活を送っていくことで、よき導きを得られるようになっていきます

安易に物に頼ったり、人や場所に頼るのではなく、自身を向上させていくことで、よき方向へと進んでいきましょう

関連記事



1 件のコメント:

コメントは管理人の承認後に表示されます