2014年3月12日水曜日

世界は悪の組織に支配されている?スピリチュアルな真相


陰謀論の罠におちいらない為に


陰謀論というのが世の中には多く存在しいます

何か一つの組織が、世界を影で動かして、人間を牛耳っているとするものです

その組織というのが有名なところではフリーメーソンであったり、イルミナティーとよばれる秘密結社などであるとされたり、またはアメリカの影の政府組織が動いていると言う話しもよく聞きます

陰謀論者の方の意見としては、その組織によって世界は思い通りに動かされているとされておりますけど、実際の世界情勢は、様々な人々の思惑や集合想念によって動かされ、形作られているため、複雑な動きをしています

よって特定の組織のみの意向によって動かされていると言うのはなく、たえず複数の力が綱引きをしている状態で、複雑なのです

それでは、そうした陰謀論がまったくの出鱈目かというと、そうではなくて、一部にはそうした動きをしていることもありえます

ある組織が、自分たちの思い通りに世の中を動かそうとしていることはありえるでしょう

ですが、そのように一つの組織が牛耳れるということはないです

ですので、陰謀論では、そうした組織の願望を、現実であるかのように語っているところがあります

例えば、ある暴力団組織が、自分たちが日本を牛耳っていると、うそぶいて言ったことを真に受けて、影ではすべてその暴力団が支配しているのだと喧伝しているような状態と言えるでしょう

そうした陰謀論を語っている人の本を読んでみると、その作者は、警告の意味として語っているつもりでいるかもしれませんが、潜在意識としては、その指摘する組織の思惑と同じ願望を潜ませていることがあります

例えば、聖書にあるような世界最終戦争をたくらんで起こそうとする組織があるとする作者自身も、そうした終末を潜在意識で望んでいることがあるのです

また、必要以上に相手の実力を持ち上げることで、かえって相手組織の宣伝や、張子の虎で大きく見せて、相手に組してしまう結果にもなります

ですので、実際に裏で動いているものの存在を指摘することも重要ですが、その際に、必要以上に相手を大きく描いたり、恐怖心を煽り過ぎないように注意する必要があるのだと思います


世界は闇側に支配されている!?


巷で囁かれている陰謀論では、世界は悪の組織によって操作されているとの印象を人々に植え付けてしまっています

はたしてそれは事実なのでしょうか?

陰謀論の問題については上記の記事で書きました

誇張して言うことで、相手の影響力を誇大に宣伝して、助長させてしまう点があるということを指摘しました

今日はさらに別な注意点を述べたいと思います

かつてヒトラー率いるナチスドイツが、ユダヤ人を迫害したことは皆さんもご存知でしょう

ユダヤ人を迫害する根拠としたものの一部として「シオンの議定書」と言うのがあります

この書を簡単に言うと、ユダヤ人は世界征服を狙っているとする、現在にも繋がる陰謀論の元のような書ですが、実際には偽書とされています

これを根拠にしてナチスはユダヤ人を迫害いたしましたが、実はナチスドイツそのものの影を投影してみていたのです

ユダヤ人が世界征服を狙っていると言っていましたが、何のことは無い、ナチスドイツそのものが世界征服の野望を抱いていて、それを相手に投影してみていたのです

このように陰謀論を述べる人の中には、ご自身の闇を、相手の組織に投影して発言している人がいます

かつて中世のヨーロッパでは、魔女狩りといって、悪魔と通じていると疑われた人が、拷問されて殺される事件がおびただしくありました

これなども、亡くなられた方は悪魔に通じていたと見られていたのでしょうが、こちらも実は、密告者や、執行人の心にある闇が魔に通じていて、それを他人に投影していたのです

現在でも霊能者などでよく人のことを悪霊が憑いているとか言ったりする人がいますが、これなども、実は自分に憑いている魔を、他人に投影して攻撃している場合が多くあります

そのように、陰謀論では、ご自身の中にある闇の部分や、世界の破滅を望むような潜在意識が、相手に投影されて見ている場合もあるので、そこは注意しないといけませんね


関連記事



4 件のコメント:

  1. 今日の記事、本当にありがとうございます!_(_^_)_

    めちゃくちゃ為になりますし、なるほど奥が深いなぁ!と、とても勉強になりました。
    ミイラ取りがミイラになるという意味も、良く理解できました。
    立体的に物事を観るというのは、こう言う事なのですね!(-^〇^-)

    陰謀論を語る人は多いですが、ご本人も気付かずに片棒を担ぐ=加担する事になるという所、とても納得出来ました。

    今日の記事は本当に面白かったです!(^^♪

    返信削除
    返信
    1. こんにちは
      さんこうになりましたか・
      まだ話しは途中ですが長くなるためいったんここでとめました
      後日また続きを書きたいと思います

      削除
    2. はい!とっても参考になりました。
      ありがとうございました。

      続きをとっても楽しみにしております♫
      又宜しくお願い致します。_(_^_)_

      削除
  2. 追伸

    ただ「陰謀説に触れない方が良い」とひた隠しにされるより、

    そういうものが有ると知った上で「何故駄目なのか」をこの様に説明して下さると、非常に良く納得できますし、全体像も把握する事ができます。

    刃物の扱い方も、危ないからと触れさせない様にするだけでは、使いこなせる様にならないのと一緒で、

    キチンと正しく知る事がないと(存在は有るのに秘密にされると)、逆に疑心暗鬼になってしまい、何を信じて良いのか判らなくなる事もあります。

    私は今回のご説明で、更に洪様への信頼度が増しました。
    人を信じられる事は、自分に取ってとても心地良い事です。
    (何だかとても安心できました)

    私は陰謀を企む人達の狡猾さも分かるので、こうして世に陰謀説が流れて出て来る事自体、怪しさも感じていました。

    自らの存在を敢えてさらけ出し、陰謀説を演出し説く事で、逆に隠れ蓑にしてしまう手練手管も彼等の常套手段だと思うからです。

    又、当事者でない私達も、そこに気付けていないと判断を誤り、逆に陰謀に加担してしまう事になる悲劇もある事を知れたのは、本当に勉強になりました!

    感謝・感謝でございます~~~☆彡_(_^_)_
    (洪様~ッ、ハグハグ♫)

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます