2019年10月11日金曜日

最強クラスの台風が接近中です!

台風19号が発生し、今週末の12日には日本本土に上陸する予定です



宇宙からとらえた台風の雲の渦のサイズは、2000キロ以上に及び、アメリカではスーパータイフーンと呼んでいます

またこの台風は発生から24時間で最大瞬間風速を45メートル以上も増やしており、この発達スピードは、台風史上でも最速ではないかと言われています

こうした非常に強い勢力の台風が上陸する予定となっており、多くの被害が予想されています

先日の台風15号では特に千葉県で、停電が長期化したり、破損家屋がいまだに修復が間に合わないなど、大きな被害を発生させましたが、今回の台風の勢力はそれを超えるものと言われています

しかも大潮の時期と重なり、水害の発生する可能性もあります

海抜の低い地域にお住まいの方や、海や川沿いの方は特に注意されてください

台風時の防災対策として幾つか紹介しておきます

まず停電になる可能性があるため、携帯ライトと電池ですね

いまはスマートホンなどにライト機能がありますので代用できますが、スマホ用の予備充電池・モバイルバッテリーは持つようにしましょう

スマホの電源が落ちると、防災情報も入らなくなる恐れがありますので、モバイルバッテリーは必要だと思います

あるいは携帯ラジオと電池を用意しておくのもいいでしょう

カセットコンロもあると役立ちます

車もお持ちの方はガソリンを満タンにしておくことを進めます

そして停電すると水も止まってしまう事がありますので、風呂の浴槽などに水を貯めておいた方がいいです

飲料水や調理せずに食べれて長期保存できる食料なども備蓄しておきましょう

そして家の周りで飛散しそうなものは、飛ばないようにしておくか、屋内に避難させましょう

不要不急の外出は控えて、安全に過ごされてください

家屋が心配だったり、地域が浸水しそうな場所であったら、早めに避難所にいかれるようにしてください

どうかご無事に過ごされることを願います

関連記事



5 件のコメント:

  1. 愛知県での「表現の不自由展」は、「日本の税金を使って反日の展覧会を行う」という前代未聞の出来事です。交付金の全額支出は避けられていますが、ほんの一部の金額でも、公費を使って反日に手を貸したことには違いありません。

    今回の台風は、「天皇が燃やされる動画」や「慰安婦像」を展示する日本へのヘイトを、表現の自由という名の下に強硬開催した者たちへの【怒り】という気がします。

    かつて日本を守るために、命をかけて戦った数百万人の英霊の意志を、踏みにじるばかりか、さらに貶めようとすることを、日本の神々は決して許さないことでしょう。

    【和を以て貴しとなす】という聖徳太子の精神、そして天照大御神の調和を愛する大和の精神は、「貶めることも表現の自由」とみなす人々の心の穢れとは相反するものです。

    「もうこれ以上、日本に【恨】の思想をはびこらせるわけにはいかない」、そうした日本の神々の強い決意を感じる今日この頃です。

    返信削除
  2. 心ある助言ありがとうございます。役に立ちます。
    今日お風呂に水、溜めておきます。懐中電灯も小さいけど確認しました。
    ベランダのシーサーも部屋に入れました。
    網戸とサンにテープを貼りました。カセットコンロ2年経過、やばいかな、、

    返信削除
  3. スピリチュアル的背景についてもわかれば教えていただきたいです。

    返信削除
  4. ん?これは韓国との関係が悪いからですか?

    返信削除
  5. 実は台風にも、大切な意味があります…
    ブログでもご紹介したことがありますが。

    とはいえ、まずはご自身の安全を最優先にされ、携帯とモバイルバッテリーがあればそれだけは持って避難されることをお勧めします…

    本当に、被害に遭われる方が最小限で済みますように、安全を最優先にされることを祈ります(/ _ ; )

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます