2017年4月29日土曜日

自分がどんな人間かを知る方法


自分とはどのような人間であるかと考えることもあるでしょう

それが分からなくて悩む人もいます

その人がどのような人物であるかを知るには、その人が一日のうちにどのような思いを抱いたかによって分かります

あなたが一日の内に思っていることその物が、あなたとはどんな人物であるかを現しています

あなたは今日一日をどのような思いで生きたでしょうか

ほとんどの人は、自分が一日になにを思い、何を考えていたのか、分からないという人が多いでしょう

ほとんどの人は、ただ何となく思いを垂れ流していっていることが普通です

自分が今日はどのような思いを抱いて生活していたのか、何を考えて一日を送ったかを振り返って生きている人は、それだけで普通とは違うものを持った人でしょう

一日の思いの大半が、起こった出来事に反応するだけの感情的な生き方であれば、平凡な生き方といえます

たとえば、朝に満員電車に乗って押しつぶされて不快な思いになった、会社の上司に怒られて嫌な気分になり、心の中では上司や会社の不満が浮いてばかりいた、お昼には老い吸うものが食べれて嬉しかった、夜は残業になて夜遅くに帰って辛かった、そして帰ってから予約していたお気に入りのドラマを見て楽しかった

そうした日常的な思いばかり浮かんで日々過ごしている人は、普通の人物でしょう

もし一日のなかで、どうすれば人の役に立てるだろうか、何をすれば人々が楽に暮らせて、幸せになれるだろうかと、考えている人は、非凡な人となっていくでしょう

天使界から生まれた人物とはそのような人で、自分の事よりも人の事を考えているようにな方々です

西洋的には菩薩とも呼ばれます

逆に、一日のうちの大半が、他人や世の中への不平不満で満ちている人や、本能的な欲ばかり考えている人は、マイナスの生き方をしている人となります

そのように、自分がどのような人物かを知りたければ、日々にどのような思いを抱いているかを振り返ってみるとよいでしょう

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. 「自分がどういう人間か」というのは、他者に対してどういう行動を取るか、取れるかだと思っていました。

    「明るい」人は誰にでも笑顔で接することができるし、「内気な」人は乱暴な人に臆病になって自分を出せなかったりします。

    だから常に反省するのは、自分が理想とする行動を取れるかであって
    「何を考えたか」は全く省みてなかったのですが、実際はそちらの方が重要だったのですね。

    意識してみると、自分の利益ばかり考えていたり、人に不満を抱いたりで、ろくなものじゃありませんでした。

    とてもいい視点を教わった気がします。ありがとうございました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます