2021年10月3日日曜日

逆境の時期は人生の充電時期


人生には順調に進んでいる時期もあれば、逆風の吹く時期もあります

やることがうまくいかない時期がきます

人はどうしても順調に進んでいきたいと望みますが、そのように一本調子に進むことは無く、人生には波があって、山と谷を繰り返すものです

いま順調に成功している人にも、いずれは逆境の時が訪れますし、いま逆境にある人も、そのままであるのではなく、いずれは晴れの日がやってきます

そのように誰しも人生で山と谷を経験するものです

逆境の時にある場合には、そこで腐らずに、充電の時期だと思って、力を蓄えておくことです

その時間のうちに、勉強をし直したり、新たな才能を磨くでもいいでしょう

次のチャンスが訪れるまでに、自分の中に力を蓄えておく時期です

逆境の時に無理に好転させようとあがき過ぎると、そこで力を果たしてしまい、次の時期が来たら、もう余力がなくなっている事があります

逆境の時には、力を蓄えて、次の時期を待っている事が大切です

それは冬の時代を乗り越えて、春が訪れるまでじっと雪の下で力を蓄えている植物のようです

冬はいつかは終わりを迎え、新しい春の時代が訪れます

その時には溜め込んだ力を発揮して、開花させていくのです

明治維新の精神的柱となった吉田松陰先生も、渡米の罪で1年以上も投獄される時期を過ごされます

ですが松陰先生は、獄中でも学びを深め、多数の書物を読破し、あらゆる人から教えを学んで充電の時期を過ごされました

人生はコインの裏表のように、別な面を見せるものです

逆境の時というのは、人生の充電時期にあたり、その時にどれだけ力を蓄えたかで、次の時代に飛躍できるか変わってくるでしょう

関連記事


0 件のコメント: