2018年10月28日日曜日

中国にすり寄る間違い


日本の安倍首相と中国の習近平が会談し、日中の友好関係を演出しています



さらに日中第三国市場協力フォーラム」の開催を通じて中国の「一帯一路」構想に日本企業を参画させる道筋を作ろうとしています

「一帯一路」構想は習近平があたかもチンギス・ハーンのように、中遅れてきた中国版の帝国主義です

中国は貧しい国にインフラ投資のためとしてお金を貸し出し、それが返せないと港湾施設を抑えるようなことをしていたり、他国の施設を無償で建設する代わりに、中国が自由に使えるようにするなど、新植民地主義のようなことをして世界的に顰蹙を買っているところです

そこに日本も参加していくということでしょうか?日本政府は正常な判断がされているとは思えません

さらに中国は先日も記事で紹介しましたように、ナチスを超える民族弾圧を行っています

ウイグル族は数百万の単位で強制収容所に入れられ、その中から臓器移植のために臓器を取り出されて売られるようなことまでされています

こうした人権弾圧に目をつむり、中国を支援していくなら、日本もお金のために人権を無視した国家とみられるでしょう

さらにさらに申し上げるとするならば、いまアメリカが中国の封じ込め政策を行っているところであり、その時に日本が中国に近づいていき、友好関係を結んでいけば、同盟国のアメリカはどう考えるのかわかっていないのでしょうか?

非常に無思慮な政策で背筋が寒くなってきます

日本としてはアメリカと歩調を合わせて、人権保護を訴えていくべきでしょう

政府が間違った判断をこれ以上していかないことを願います


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事


4 件のコメント:

  1. ぞっとします。今後、日本はどうなっていくのでしょう?

    返信削除
  2. 先生と全く同じ考えです。
    安倍総理の判断なのでしょうか?
    愚かな事をしたものです。

    返信削除
  3. パフォーマンスで友好的な姿勢を取っているだけと信じたいです。

    安倍首相は今、外交中なのでしょうか?インドの方ともお会いするようです。

    インドの方は国としていかがでしょうか?
    カースト制度が残っていたり、たまに国内で突拍子も無いような残酷な事件が起きたりしますが、私のインドのイメージは「ゆっくりだが正しく進歩している」、「国民の多くが穏やかでおおらか」といった印象です。

    返信削除
  4. まったくそのとおりです!
    中国に絶対近づいてはいけませんね
    反日感情の高い中国の手のひら返しは当然おきますから
    習近平さんの失脚または引退と同時に中国はバブル崩壊のようなことが起きると思いますが
    まだまだ習近平さんの時代は続きそうですね。。。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます