2018年10月20日土曜日

失敗を恐れて希望を失わないように


失敗を恐れて部屋のドアを閉じていると、希望と可能性も入ってこれなくなります



過去に失敗を経験すると、同じように苦しみたくないと考えて、扉を閉めて閉じこもってしまいます

可能性のドアを閉めると、希望も入ってこれなくなります

私たちのこころを明るくし、未来を照らしてくれる光こそ、内に宿る希望です

希望があるからこそ、私たちは暗い夜道を、松明を掲げて歩む事が出来ます

希望は光であり、闇夜を照らす松明であり、私たちを明るい未来へと導いてくれます

人の心は些細な出来事でも深く傷付いてしまう事がります

それは一人一人の魂が持つ悲しみの歴史があるからです

時には愛する者との別れを経験し、時には自らの過ちによって人を傷つけたこともあります

それらの魂の傷が、あらたな出来事に際して思い出され、古傷がよみがえるように痛みを感じます

痛みを負う事を恐れて扉を閉めるのではなく、ふかく傷つく根源を見つめ、癒していくことです

その原因を理解することで、傷は癒えていきます

自分を理解することは癒しの時を迎えることにもなります

自らを責め続けている人があれば、もう許してあげましょう

自分を許し、理解し、受け入れることで、新たな道へと進めます

新たな可能性の扉を開いて、希望の光を手にして歩んでいけます



↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます