2018年10月20日土曜日

中国による民族弾圧の真実



日本のテレビや新聞がほとんど伝えない事があります



中国はチベットやウイグル地区を侵略し、いまでも現地の住民に対する弾圧を続けています

今回はウイグルでの出来事を取り上げていますが、チベットでも同じような事は起こりました

チベットから亡命する子供たちでも一部取り上げています

日本では大手マスコミによって真実は隠されていますが、知っておいた方がいいでしょう

これが中国に飲み込まれた後に起こる日本の将来の姿かも知れないのですから

「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす 

中国新疆ウイグル自治区には超法規的収容施設があり、100万人以上が強制収容されていると、米国務省や国連が懸念を示してきた。大紀元の取材に応じた、ウイグル族の出所者や家族は、施設内では拷問や撲殺、若い女性たちに対するレイプが繰り返されていると語った。

動物のように鎖でつながれる

「拷問はとてつもなく非人道的で、とても耐えられるものではない」とオミール・べクリさん(42)は大紀元に語った。収容されているウイグル人たちは「動物のように鎖でつながれ」、身体が「うっ血して腫れ上がるほどたたかれる」という。
新疆ウイグル生まれのベクリさんは2017年3月、新疆の首都ウルムチから180キロ離れた両親の住む山村にいたところ、押しかけた警官に黒い袋をかぶせられ、強制連行された。
中国籍だったべクリさんは、12年前にカザフスタン国籍を取得したカザフ在住者。当時、観光についての国際会議に参加するため、ウルムチを訪れていた。
べクリさんは中国警察に7カ月間拘留され、その後20日間、再教育施設に入所した。拘束は「共産党と習近平主席への賛歌を歌うことを拒否した」ためだという。
拷問について、「恐怖を与え心身を虚弱にさせる。屈服させて従わせるようにする」とべクリさんは述べた。また、ベクリさんは収容所で、ウイグル人が拘禁されている部屋から遺体が引きずられて運ばれていくのを目撃したという。「おそらく撲殺されたのだろう」とべクリさんは述べた。

「若い女性のレイプは毎日」

15カ月間の収監ののち、9月に出所したばかりのカザフスタン国籍ウイグル族の女性(54)は、収容所では若いウイグル族の女性が毎日のようにレイプされており、もし拒絶したら殺すと脅されていたと、大紀元に語った。
「若い女の子たちが一晩中むさぼられていました。もし抵抗すれば、何か(薬物)注射して殺すぞ、と脅されていました」。この匿名の女性は、実際に2人の女性が注射されて死亡したのを見たという。さらに、収監中の女性たちには避妊薬が与えられていた。
女性によると、収容所には小部屋があり、最初は40~50人収容されるが、5~10人ずついなくなり、やがて部屋は空っぽになるという。「いなくなった人は戻ってきません。いつも数十人は殺されているはず…」。
中国共産党政府は公式見解として、海外の人権団体や米政府から指摘された施設について説明を二転三転させてきた。最初は「存在しない」「でっち上げ」などと存在そのものを否定。次に「過激派思想を矯正する再教育施設」。この10月には、新疆の党委員会が「職業訓練センター」と法的に定め、大量拘束を正当化した。
新疆の収容所について国際的に関心が高まるなか、10月15日、中国中央テレビ(CCTV)は夕方のゴールデンタイムに15分の番組で、収容所内の様子を放送した。工場や教室、運動場を含む大型施設の中で、ウイグル族が共通の制服を着て、「中国普通語(共通語)、法律の知識、職業訓練」を受けているという。国際的な批判を払いのけ、収容施設の「正当性」を強調する狙いがある。
中国少数民族派事務所を担当する胡聯合・中国統一戦線部副部長は8月、ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃パネルで、「ウイグル人を含む新疆市民は平等な自由と権利を享受している」「少数民族への抑圧もないし、『テロ対策』名目の信仰弾圧もない」と明言した。教育プログラムがあることについては認めたが、100万に上る人の不当拘留との指摘は「全くのでたらめ」と否定した。

2001年9月11日、米同時多発テロ事件以降、世界各国は過激派組織の脅威を目撃し、テロ対策を強化してきた。しかし、中国共産党政府は「テロの脅威」を逆手に取り、無神論と社会主義を掲げる共産党イデオロギーに服従しないグループの抑制に利用した。一部の仏教、キリスト教、法輪功、またチベットやウイグルなど少数民族を「過激派、分離主義者、テロリスト」と定義し、迫害を正当化した。
収容所に家族が収監されたという家族は、大紀元に対して新疆ウイグル自治区は極度の監視下にあり、海外の友人や家族と連絡を取ることを禁止されていると述べた。また、ウイグル文化であるヒゲを伸ばしたり、宗教集会を開催したりすることは禁止されていると付け加えた。
(文=イザベル・ヴァン・ブルーゲン/翻訳編集・佐渡道世)
 https://www.epochtimes.jp/2018/10/37153.html

↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事




7 件のコメント:

  1. 元記事さんの方をシェアさせてもらいました。報道はどこかと癒着があるんでしょうか。

    返信削除
  2. 弾圧されている人を何とか助けることはできないのでしょうか。やはり、こういう事実に、皆が注目することでしょうか。このような虐待をして、誰に何の得があるんでしょうか?

    返信削除
  3. 1日も早く、このような事が公に報道される事を強く願います。憤りを感じながら、何も出来ない事が辛いです。せめて正義の力が働く事を願います。

    返信削除
  4. 心が痛いです。悲しい、何も悪くないのになぜ?
    平等、平和な心をもってほしいです。

    返信削除
  5. 平和主義の人にとって、自分がこのような日常的暴虐を受けない限り、これも含めて戦争さえ起らなければ平和なのだろうし、こういうニュースもフェイクということなのでしょうね。

    返信削除
  6. 今の時代でもこのようなことがあるなんて
    本当に悲しいです。
    最近の中国は、有名女優の拘束もニュースになりましたが
    とても危険な状態にあると感じます。

    返信削除
  7. >弾圧されている人を何とか助けることはできないのでしょうか。やはり、こういう事実に、皆が注目することでしょうか。

    私が思うに、彼ら(弾圧する側)と正反対の考えを持った者が集結するべきだと感じます。
    向こうが集団で行動しているなら、それに対抗するには個人の力では難しいものがあると思います。
    私たちは日本人ですから、やはり日本という集団で立ち向かうべきだと思います。
    個人レベルでできることは、自衛隊への支援、自分自身が良いと思う生き方をすることだと思います。

    遠い地の人を助けるのは至難の業だと思います。
    同じ中国国内に、弾圧から救う集団が現れることを期待するしかない気がします。
    そして、弾圧される側は逃げる勇気と知恵を持ってほしいと思います。
    土地への執着、新しい環境への恐れ、自分への自信のなさから
    不幸な人生をずっと送っている人を私は知っています。

    洪 様
    出すぎた考えを書いてしまい申し訳ありません。
    もしブログに不適切だと思われたら、掲載却下していただいて構いません。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます