2018年10月1日月曜日

人生で行き詰まるようになった時には


人生において進んできた道が、うまく行かなくなったり、行き詰まることがあります



順調に進んでいたと思われていた道が、急に難所に差し掛かり、先に進めなくなるような時です

そうした時には、今までの歩んできたやり方を、見直してみる時期にきています

今まではそうやって順調にやって来たけれども、これからは違った方向に進むべきではないかを考える時です

ひとは一つの見方に固執してしまい、次のステップに進めなくなってしまう事があります

ついつい他の見方があることを忘れてしまい、一つのやり方で通そうとします

ビジネスでも、一つのやり方がヒットすれば、それと同じことをずっと続けていて、いつか時代に取り残されることもあります

行き詰まった時には、新しい道を開拓しなくてはなりません

成功体験に固執していると、じりじりと衰退してしまう事があるのです

第二次大戦でも、日本軍は夜襲が得意であったのですが、レーダーが開発されて、その性能が高まるにつれて、夜襲はきかなくなってきます

そのように従来は得意であったものも、時と共に敗れていくこととなるのです

このように、人生において行き詰まるようになった時には、今までの考え方や見方を捨てて、新しい状況に合うように変革していかなくてはならない時があります

それは大変ですけども、必要な事となります

そしてもう一つは、人生の潮目として、引き潮の時と上げ潮の時とがあります

上げ潮の時は順調に事が進んでいたとしても、下げ潮の時期には、上手くいかなくなる時期が人生にはあります

上げ潮の時期には、どんどんと外に向かって進んでいく時期です

発展的であり、外向的な時期に当たります

下げ潮の時期には物事が停滞していきますので、内向きの時期になっていきます

そうした時期には、あれこれと外に出ていくよりも、自分自身を見つめる時です

教養を身に付けたり、学びを深めたり、芸術に目を向けるなど、内面的な成長や蓄積を大切にします

そうすることで、次に訪れる上げ潮の波にうまく乗り、成功や発展を手に入れられます

行き詰まる時に、ひとつには別の視点をもって、違う見方をしてみること

別な方向から進めないかを模索することです

そしてもう一つには、人生の引き潮の時期だと判断される場合には、外向きから内向きに変えて、自分自身の内面を充実させる方向に進むことです

そうすることで力が充電され、次の波が来た時に上手に乗ることが出来ます


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます