2018年10月23日火曜日

自分を受けとめる事


人のせいや何かのせいにして一生懸命に責任転嫁する先を探している時には、私たちは自分の人生を受け入れられていません



転嫁先を探すのではなく、自分自身の中にある問題を見つめていくことで、自分の人生を生きられます

自分の欠点や弱点を直視するのは辛いことです

できれば他の人の責任にして、自分は逃れたいと願います

他人や社会のせいにする時、自らの主体性を失ってしまいます

自分で困難を乗り越える力を封印し、他に頼るようになります

責任を放棄してしまうと、主体性が失われ、誰かに依存するようになります

人に依存するようになると、その相手に支配されるようになります

自由は奪われ、命令のもとに酷使されるようになるでしょう

まるで監獄のように、自主性は無くなり、統制の中に暮らすようになります

個人であれば過酷な労働に従事されたり、ほんとうに檻の中に入れられることもあります

社会全体では、共産主義国のような自由を奪われた生活となっていきます

個人レベルでも国家レベルでも、責任を他に転化していこうとする考えが強まると、自由が失われ、何者かに支配されて暮らす生活が待ち受けるようになります

自分の人生を歩んでいく為には、自らのうちを直視して、問題に対峙していかなくてはなりません

そして自分の誤りを知り、素直に直していくことが必要です


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事



1 件のコメント:

  1. 今年ジャニーズからデビューした平野紫耀君が気になっています。是非視て頂きたいです。よろしくお願いします。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます