2018年9月28日金曜日

この世では苦難や困難の意味が分からない



この世で生きていると、なぜこのような苦しみや悲しみが訪れるのか、人生の訪れる出来事の意味が変わらないことが多くあります



どうして愛する者との別れを経験するのか?なぜ私がこのような病気になるのか?

様々な疑問を持て人は生きます

魂は肉体に宿ってこの世に生まれ出る期間を経験しますが、それは降り積もる雪の時期を経験しているようなものです

冬の寒い時期になると、北国では景色が真っ白な雪に覆われます

雪に打たれながら進む旅人は、そこに何があるかも分からず、ただ一面の雪景色しか目に入りません

そこに命の息吹も感じられず、ただただ白い景色の中を歩んでいきます

雪道を歩んでいる時には、そこに何があるかも分からず、自分が白い世界にいるとしか思えないでしょう

しかし春になり、雪が解けてくれば、そこには植物の芽や、生き物の息吹を感じられるようになります

冬の間に観ていた、ただ白いばかりの世界の下には、実はこんな色とりどりの命が息づいていたのをわからないでしょう

この世という雪の降り積もる世界では、真実は覆われていて見えないのです


あの世へと帰るか、霊的視点を持つことによって、雪の下に埋もれている真実の世界が見えます

やがて雪が解けて大地が顔を出すように、真実が現れる時が来ます

この世に生きる人間には、現在ただいまにすべてを分かることはありません

厳しい冬の時期を乗り切った者にこそ、真実の世界は見えてきます

この世でのわだかまりも、不可解なことや、疑問に思う事も、いずれ雪が解けていくように、すべては溶けて流れていきます

それまで私たちは、厳しい雪道を、一歩一歩とたしかに歩んでいかなくてはなりません


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事



1 件のコメント:

  1. 使命を持つ者として、今が辛くとも耐え抜こうとおもいます。このブログにとても励まされています。このブログがずっと残りますように。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます