2017年2月14日火曜日

地球の特色と火星、金星の関わり 二極の統合


私たちの住む地球と、隣接する惑星の、金星と火星との関わりについて書いてみます



地球を含む太陽系には、太陽から近い順に、金星、地球、火星と並んでいます

金星より太陽に近い惑星として水星があり、火星の外側には、木星があります

地球から見れば、金星と火星が隣接する惑星としてあります

惑星にはそれぞれ特色があり、金星は古来よりビーナスと呼ばれ、美の女神の名前を冠するように、美や調和の特性があります

こうした特性は、その惑星に住む生命に影響し、かつて存在していた金星の生命には、美や調和の特徴がありました

そして火星はマルスというローマ神話の軍神の名前が付けられているように、競争や、序列、進歩に関係しています

金星の調和と、火星の競争には、対立するような異なる理念があります

地球はこの二つの惑星の間にあるのは偶然でなく、両惑星の理念を取り込んで、統合しようとする働きがるものと思います

調和が強すぎると、停滞して変化や進歩が少なくなてしまいます

逆に進歩が強すぎると、争い事が絶えずに、厳しい競争が続いてしまいます

地球ではこれらの二極を統合する働きがあり、調和と進歩がバランスをとる惑星となっています

私たちの地球には、二極の理念が展開した世界であり、それらを統合していこうとする、高度な世界といえます

様々な宇宙の星域でも、理念の異なる惑星が、対となって存在し、バランスを取っていることがあります

宇宙はこのようなバランスのもとに存在していると言えるでしょう

地球はそうした中にあって、とても重要な働きをしているものと思えます

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. バランスを保つ事の重要さについての別の意見をありがとうございます。
    ところで、洪先生は、宇宙時代の話をされていますね。
    その宇宙時代に住んでいた星へは行く事は可能でしょうか。
    また、宇宙の外側の世界を信じますか。

    返信削除
  2. ♪アイハブアマルス♪♪アイハブアヴィーナス♪ア゛ー♪♪アース♪みたいな感じかしら(笑)

    返信削除
  3. 今とても納得できて、必要なメッセージでした。
    いつも本当にありがとうございます^o^

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます