2020年1月28日火曜日

新型肺炎で未来はどうなるのか?


28日朝の段階で中国の武漢で発生し、感染が拡大している新型肺炎は、中国本土で死者が106人となっり、感染者は中国で4000人を超えたと公表されています

しかし、この数字は何度も述べているように実数よりもはるかに少なくカウントされており、実際はその百倍いるのではないかと言われてます

つまり死者はおそらく1万人を超え、感染者はすでに数十万人に達しているものと思われます

この新型肺炎ウイルスの流行で今後どうなっていくかを考えてみたいと思います

まず新型肺炎ウイルスですが、すでに中国では拡散を続けており、武漢を中心に一部の都市を封鎖していますが、封じ込めに失敗しています

今後はさらに中国の各都市に広まり、閉鎖する都市も増えていくものと思われます

すでに北京では多くの発病者が出ているとも噂されます

こうした大都市でも交通網の閉鎖が起これば、大きな社会不安となっていきます

経済もそうとうな打撃を受けるでしょう

そして海外にも流行を拡大してしまう可能性が高いです

今のところ日本を含めた海外で新型コロナウイルスの感染者は発見されていますが、さらにその国で人から人へはまだ確認されていません

今後は、中国以外の国においても、人から人へと感染していく症例が出てくる可能性が高いと思います

この新型コロナウイルスは、潜伏期間が7日と長く、発熱の症状などが無い場合もあることから、水際で防ぐことが出来ず、すでに多くの感染者が日本を含め、多くの国に渡っているものと考えられます

その中には、現地の人に感染を広げてしまう事もあるでしょう

これからさらに感染者は世界で広まっていくと思って警戒しないといけないでしょう

いま1月末ごろですが、この新型コロナウイルスの感染のピークは四月頃と考えられます

すでに中国内で数十万人が罹患していると思われますが、これからさらに増えていく事を意味します

そしてピークから徐々に新たな感染者は減っていき、夏ころには減少していくかと思われます

これはあくまで予想ですから、ズレる可能性もありますが、今のところそうした見立てがあります

中国の発表では致死率が3%前後と言われていますが、中国政府の発表はすぐには信じられません

中国以外の国で感染者は約六十人ほど見つかっていますが、今のところ死亡者は出ていません

ですので死亡率はSARSほど高くはないものと思われます

おそらくは数%~0.数%に収まるレベルではないかと考えられます

これでも十分高いのですが、感染しても必ず死ぬわけでは無く、その内の数パーセントの方が、亡くなる可能性があるものだという事です

特に高齢者や体力の衰えている方が感染すると、重症化したり亡くなる可能性が高まります

この新型コロナウイルスの発生により、中国経済は大きな打撃を受けるでしょう

おそらくは中国は米中貿易戦争の痛みもあり、不況に突入していくものと思われます

そして世界もこの余波を受けて、世界全体として不況の波が押し寄せます

日本も例外ではなく、厳しい時期を迎えるでしょう

日本は春にも習近平を国賓として招致する予定でしたが、これは取りやめか延期になるでしょう

習近平国賓については政治ブログで何度も批判を出していました

その理由として、幾つかあげましたが、おもに以下のようなものでした

・中国はウイグルやチベット、内モンゴルなどで民族虐殺を行っており、その国のリーダーである習近平は、現代のヒトラーだという事

・その現代のヒトラーである習近平の血塗られた手と、天皇陛下とを握手を交わさせてはならない事

・かつて日本は天安門事件で国際的に孤立していた中国に、天皇陛下が訪中されることで、世界は制裁解除に動き、現中国を助けてしまった事

・習近平を国賓として招くことは、前回と同じく、人権弾圧で国際的に批判を集める中国を助け、ふたたび延命の手助けをしてしまう事

 ・かつて日本は日独伊同盟を結び、ナチスドイツと同じようなファシズム国家であると悪の烙印を押されましたが、習近平国賓によって同じ轍を踏んでしまう事

こうした理由で反対しておりましたが、これは中止になるか、延期になるでしょう

さすがに国内で大量の感染者が四月には出ているものと思われるので、そうした中で、平気で国賓として来日するようなバカはしないと思われます

国内が地獄になっているのに、日本にきてのん気に豪華なおもてなしを受け、その姿を中国人に見せれば、国内では批判が高まって大変となるはずだからです

ということでひとまず国賓は中止か延期になると思われます

そして東京オリンピックですが、こちらも終息がまだなら開催は難しいと思われます

開催時期までに終息していればいいですが、感染が長期化してしまい、開けないこともあり得ます

現在のところ、こちらも難しい状況となります

日本では消費税の増税や、安倍政権が進めたインバウンドの見込みも減り、中国の不景気を受けて、景気はそうとう厳しいものとなるでしょう

感染者の拡大と、景気後退というダブルパンチを受ける事になります

経済でも用心されておいた方がいいです

関連記事



7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ついに日本でも人から人への感染で武漢への渡航歴のない日本人感染者が出ました。
コロナウィルスの危険性を軽視し、目先の利益に目が眩んだ政府と母国の危機よりも自分達の利益だけの為に動き、もはや過小報道ではなく悪質な誤報を流し続けていた日本のメディア関係者を私達はこれ以上許してはならないと思います。

匿名 さんのコメント...

現政権の政策がぜんぶ裏目に出始めてますね。
感染し回復した後はどうなるのでしょうか。
免疫がつくのでしょうか。似たようなウイルスにかからない耐性のある状態になれるのでしょうか。
それとも自然界のものではなく、人為的操作されたウイルスなら、重い後遺症になるのか、感染後も気になります。

匿名 さんのコメント...

私も同意見です。犯した罪は大きいですね。

匿名 さんのコメント...

東京駅も危ないのでしょうか?
このような病気に日本のトップや中国のトップは大体かからないですよね?不思議なものです………🤔💭

匿名 さんのコメント...

この様な病気に大統領たちはかからないのが不思議なものです。最新の薬とか飲んでるんですかね?

匿名 さんのコメント...

もう色々不安しかないです。けど絶望的だと落ち込んでしまったらますます深みにハマり、それこそ病んでしまいそうで…。顔を上げて気をしっかり持ち、とにかく現実的に出来ることをしっかりこなしていく。稼げる体を大事にする! 私はこれでいこうと思います。

匿名 さんのコメント...

中国が危険な国である事を露呈した新コロ事件でしょう。確かに多くの人が恐怖の思いに震えているかも知れませんが、中国に関わる国、日本、その他の国に警鐘を鳴らしいるとしか思えません。天皇陛下に会わせる予定での、このタイミングは、まさに何かの計らいがあったのかも知れません。一つは否が応でも天皇陛下にお会いする事を拒否した出来事として捉えて良いと思います。人はこのくらい危険度が増さないと気づかないのでしょう。そして他国への侵略に邁進している中国をより警戒し、何らかの形でその策略を壊さなければならないと思います。日本そして善良なる国への悪影響が阻止されます様に。そして闇に覆われた共産中国が解体され、光が差し込む事を切に願います。