2020年1月26日日曜日

大流行の恐れ!すでに十数万人が感染している⁉武漢では手の付けられない状況に|新型肺炎コロナウイルス


中国の武漢で発生している新型肺炎コロナウイルスは、中国当局の発表では、26日現在で、患者数が1975人となり、うち56人が死亡したと発表しています

しかし、この数字は明らかに少なく抑えられているものと思われます



私はすでにその十倍の患者数がいるだろうと述べましたが、どうやらそれどころではなく、現地の医者らの話しとして、すでに十万人以上が感染しているという衝撃の発言もあります

SNSにアップされた北京の病院に勤務する者の情報として、武漢市だけで15万人が感染しており、全国の感染者が20万に上っていると言及されているものがあります

他にも湖北航天病院の医師はSNSで、感染者が10万人を超えていると発言しています

また米華字メディア・明鏡新聞の何頻氏は武漢の専門家からの話として、感染者は10万〜15万人いると明かしました

下記の動画にある武漢の医療従事者とされる人の話しには医者の推計ではすでに十万人が罹患していると述べています

もちろんこれらがフェイクニュースの可能性も無いとは言えませんが、十分に現実味のある数値だと思います



実際に英国のランカスター大学のジョナサン・リードが率いる研究チームは「14日後には武漢市の感染者数が19万人を超えるとモデルは予測しています」と発表しており、十万人以上というのもありえる数字です

日本のオールドメディアでは新型コロナウイルスの脅威を正しく伝えず、危険性は少ないように言っています

テレビのコメンテーターの中には、「中国は情報を発表してくれている」などと言うものまでいました

実際には、この新型肺炎が発症した当初の12月初めに、SNSで発生を訴えた人が当局によってデマを拡散させたとしてSNSを削除されたうえ逮捕されています

そのため対処が遅れて、発生を初期に食い止める事が出来ずに、流行させてしまっています

そして今も、患者数や死者数を過小に発表して、なるべく危機が少ないように情報を隠ぺいしているのです

これに対して、武漢などの現場の人たちが、SNSを通じて動画をあげたり、危機を訴えているのです

さらに、すでに北京でも患者数が増大しており、ある病院は病室が埋まってしまったといい、危機的な状況にあると発信する現地の者もいます

中国では武漢だけではなく、すでに北京など他の都市にも感染が拡大し、患者数は増大していると思われます

この状況では世界に感染が拡大していくのは時間の問題でしょう

特に日本にはこの春節という中国の旧正月に当たる連休の時期に、70万人の中国人観光客が押し寄せるとされています

日本政府が外国人観光客を増やして景気を良くしようとし、中国に媚びた結果が今の危機に通じています

日本のテレビや新聞などのオールドメディアは、中国に忖度し発表を信じて対策を怠り、日本国民を危機に立たせようとしています

日本ではすでに三人の患者が発見されています

いずれも中国の武漢から来た中国籍の人で、まだ日本人の感染者は出ていません

しかし、この新型肺炎は潜伏期間が平均して7日、長くて14日もあり、これらの患者に接触した日本人についても、これから発症する可能性も出てきます

このウイルスは発症する前の潜伏期間中にも、感染すると言われています

そしてこの新型肺炎は、発熱も無い無症状で無自覚な罹患者も存在するとのことです

無症状でも、他の家族が罹患していたことから調査すると、ウイルスに罹っていた者が存在していたという事です

つまり日本のやってくる中国人観光客の中にも、発熱などの症状は無くても、ウイルスを保持しており、知らず知らずに他の方にうつして回っている者がいる可能性もあるのです

このように危機的状況であり、日本も危険性にさらされているにもかかわらず、日本のオールドメディアも中国を妄信して危機を伏せており、政府も対策を怠っています

武漢からとされるSNSに投稿された動画には、病院が患者であふれ、廊下にまで患者だらけの様子が映っています

そして死者が出ても半日以上も放置されているような状況で、もう現地の医療機関では手の付けられない状況になっています

現地の当初患者の治療に当たっていた医者は、新型肺炎に罹患してしまい、他の科の医者が治療に当たらなくてはならなくなっていると言います

そして武漢では公共の交通網も止められたため、病院に医者や看護師が行けずに、そのためさらに人手不足が深刻化しています

すでに病院は患者であふれて対処出来なくなっており、新しい患者がきてもなにも出来ない状況のようです

この状況を見る限り、患者がわずか千数百人というのはありえず、数万人から十数万人の罹患者が発生していると見るべきでしょう

そして交通網が封鎖されているため、患者も病院に行けない者も増えて、地元でじっとしているしかない状態です

病院にも行けず、自宅で亡くなっている人は大勢出ているはずです

このように感染者を隔離も出来ていない状況であり、SNSにあげられた動画でも街中で倒れている患者がいて、それを防護服を着た人たちがタンカーに乗せて連れていくシーンも映し出されています

ショッキングな映像と思いますので、そちらの動画はリンクしないでおきます

さらに食料品や日常品なども買占めが起こり、値段は高騰して、物を入手するのも難しくなっています

このままでは物資を求めて犯罪が多発したり、それを鎮圧するための警官らの暴力が発生して、多くの関連死傷者が出てくる恐れがあります

まさに武漢は地獄のような状況にあると言えるでしょう

こうした危機的状況を伝える事もなく、たいした危険性はないように日本のメディアは報道しています

残念ながら現時点ではメディアも政府も頼りにならず、例によって後になって騒ぎ出すのでしょう

私たちに出来ることは各自で自衛する事です

人ごみはなるべく避け、行く時にはなるべく気密性の高いマスクを着用し、外出から戻った時には、うがい手洗いを徹底する事です

新型コロナウイルスに感染しないための方法こちらも参考にしていただけたらと思います

※今回の記事は重要であると考え、政治ブログも同一の記事を掲載させていただきます

関連記事



4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

日本も楽観的な放送ばかりだし、緊急事態宣言をしないWHOも機能していない様な気がします。
いつまで中国に忖度し続けるのでしょう?
人命よりお金なんでしょうか?

匿名 さんのコメント...

不安や怖れの感情に囚われるのではなく、「そうであるならば、自分はどうしたら良いのか?何が出来るのか?」ということに集中し、皆で士気を高めることが大切ですね。
本来持っている日本人としての力を発揮する時かもしれませんね。

Unknown さんのコメント...

オールドメディアと言う表現、良いですね〜😂

匿名 さんのコメント...

なぜ中国人の入国拒否を即座にしないのか。やはり中国人観光客からの経済効果を完全には手放したくないのでしょう。
国民の命と経済効果、どちらが大切なのでしょうか。中国の感染した観光客が日本の病院に長期で治療にあたってもらい、また医師や看護師さんたちなどに感染してもらってはそれこそ、今後の日本に大打撃です。

なぜそこまで経済、経済なのでしょう。
もういい加減中国に頼り続けるのはやめてほしい、日本。