2018年11月17日土曜日

ユングとオカルト


ユングは人間の潜在意識を探求した偉大な心理学者でした

彼はオカルト現象を認めていますが、実際には学問的な立場を取って自身の心理学を打ち立てています

そのため少し分かりずらかったり、湾曲した表現になっているものがあります

そこでユングの語っていることを、スピリチュアルな視点から解説してみたいと思います

まずユングとオカルトについて紹介します

そもそもユングの祖父は優れた霊能者だったと言われていますので、小さな頃から霊的な理解はあったのでしょう

ユングは大学生時代に不思議な体験をします

彼が実家にいる時に、突然「バーン!!」という大きな音が響きました

何かと思って音の鳴った方へ見に行くと、固いオーク材のテーブルが、なんと真っ二つに割れていたと言います

さらに二週間ほどして、また激しい音がなり、見に行くと鋼鉄製の包丁が木っ端みじんとなっていたと言います

そうしたポルターガイスト現象にあったのですね

それから間もなくして、ユングは降霊会に参加し、いとこのヘレーネという少女が霊媒になって霊を呼び出します

ヘレーネは降霊会で霊が乗り移ると、まったく別な人間のようになったといいます

その後気づいたのですが、このヘレーネはユングに恋心をいだいていたようで、ポルターガイスト現象も、この少女の思いが発生させたと思います

またユングがフロイトの家を訪れた時です

ユングはオカルト現象について肯定的な意見を述べるのですが、フロイトは否定的で敵意さえ向けるような態度を示したと言います

議論に興奮した二人の耳に、突然激しい音が鳴り響きます

ユングもフロイトもびっくりして、書棚が爆発したのかと見ましたが、書棚には異変がありませんでした

ユングはこの現象は私の心のエネルギーによって引き起こされたのだとフロイトに説明します

しかしオカルトをはなから否定するフロイトは「バカバカしい」と一笑に付してしまいます

そこでユングは「その証拠にもう一度鳴るでしょう」と宣言します

すると本当に「バーン!!」という音が書棚から鳴ったと言います

さらにユングが四一歳の時に幽霊の一団に遭遇した事を述べています

ある日、玄関のベルが激しくなったかと思うと、幽霊の一団が部屋の中に入ってきたと言います

その霊たちは「我々はエルサレムから戻ってきた」と告げます

その霊を目撃したのはユングだけではなく、子供たちも目撃したと言います

本論へ入る前に長くなってしまいましたので、次回に続けたいと思います


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



4 件のコメント:

  1. 是非、続きをお願いします。最近ユングが気になってます。いつもタイムリーな記事です。

    返信削除
  2. 毎日有り難うございます。続きを楽しみにしています。(^^)また宜しくお願い致します。

    返信削除
  3. 大学生の時にユングの文章をまとめたものを読みましたが、生涯でスピリチュアルをこれだけ言語化して残した人がいたんだ!と驚きました。

    返信削除
  4. 面白いです。
    次回に期待です。
    ユングは曼荼羅にとても拘りがありましたが、
    私は曼荼羅は神道でいう「一霊四魂」を表しているのでは、
    と思いました。
    それからユングが精神病の患者に奨励した「箱庭療法」とは
    何だったのか、知りたいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます