2018年11月10日土曜日

光と闇の二元論の本当の姿


光は本来、あの太陽のごとくすべてを明るく照らしています



しかしわずかな障害物によって遮られることがあります

雲によって太陽光が遮られることがありますが、太陽の存在感からすれば、雲などはとっても小さなものです

雲は地球上に発生した水の粒であり、わずかなものの集まりにすぎませんが、多く集まることで太陽の光を遮るようになります

地上にあるものからすれば、雲と太陽はまるで相対するような存在に見え、どちらも等しく大きなもののように見えます

ですが本来の大きさを比べるならば、太陽は圧倒的に巨大なものであり、それを遮る雲は微々たる存在にすぎません

この世における霊的な影響もおなじで、天上界の光の量は圧倒的な存在であるにもかかわらず、地上付近に滞るネガティブな気によって、その光は遮られてしまいます

人に悪影響を与えてしまう霊的な存在もいますが、彼らは地上近くを縄張りとするため、地上の人間に影響を与えやすいといえます

天上界の光の天使たちは、地上の感覚からは離れているため、その分遠くに存在しているようなものです

光と闇は、地上にいる私たちからみれば、まるで二つの極が競合しているように見えて、どちらも大きなものに見えます

しかし太陽と雲の大きさは本来圧倒的に違うように、霊的な光のほうが圧倒的なエネルギー量であるのですが、地上から見ると闇も大きな存在としてとらえられます

それは闇が地上を契機として発生し、この世の周りに漂うのに対して、光は高次の世界から流れてくるためです

地上からは闇が近いためその影響が出やすく、光りは高次のため地上から離れていて、遠くにある太陽が小さく見えるようなものとなります

ですので地上の私たちからすれば光と闇の二元論は感覚として受け入れやすいですが、本来の世界からすれば、光と闇は対比されるような大きさにはなく、圧倒的な光のなかに世界はあります


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事


2 件のコメント:

  1. いつもありがとうございます。
    守護霊 指導霊 守護神 本尊
    など色々な言い方を聞くのですが
    守護霊や守護神は 同じ意味なのか
    よくわかりません。
    よければ それぞれの詳しい意味を教えてください。
    たとえば空海は結縁かんじょうで大日如来と結ばれてますが それは大日如来が守護霊?守護神?本尊?という事なのでしょうか?

    返信削除
  2. 善悪1対1だと勘違いしておりました。太陽と地球の雲、素晴らしいたとえ話に感動致しました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます