2019年1月31日木曜日

幸せを求めて苦しんでいる現代人

現代はストレス社会といわれます

文明は発達してきましたが、多くの方がストレスにさらされ、時に病に倒れます

様々な便利な道具が増えたとともに、ストレスも増えています

モノに溢れているがゆえに、やるべきことも増えて、私たちは押しつぶされています

たとえばスマートホンの普及で、知人と直ぐにやり取りできる便利さを手に入れましたが、同時にすぐに返信しなければならなくなったり、いつでも通知がきて、作業を中断させられます

手紙でのやり取りの時代には、何週間も何か月も相手の返事を持っていました

それがすぐにやり取りが簡単に出来るようになった反面、私たちをスマホが追い立てるようになって、日々のストレスを新たに生んでいきます

友達付き合いでも、仲間はずれが嫌だと思って、多くの人と付き合ってばかりいて、自分の時間を失う事にもなります

会社の上司や同僚との付き合いでお酒を飲みに行ったり、あるいは近所づきあいでランチに出かけたりなど、嫌われるのを恐れて、付き合いのストレスを溜めてしまったりします

そうした知り合いが増えることをいいことだと思っていても、実はストレスを増やしている事にも繋がっています

都会は色んなものがあって便利だと思い、憧れる人も多いですが、多くの人の中で暮らすのは様々なトラブルにあうことになり、ストレスを増やしていくことになります

自分の幸せの道具になると思い、色んなものを寄せ集めて、両手いっぱいに抱え込んでいますが、その重みで苦しくなり、辛い思いをしているのが現代の私たちの姿でしょう

私たちは多くのものを抱えているがゆえに、ストレスに押しつぶされることもあります

そうした場合は、手に抱えているものを、手放すことで、ストレスの軽減になります

本当に大事なものかは何かを見極め、重要ではないと思われるものを、手放して捨てていくことです

握りしめているものを手放していくことで、苦しみの原因も手放していけます

大事だと思って握りしめていることが、実は自らを苦しめている原因の場合があるのです

本当に必要なものは何なのか、真実から見て、不要なものとは何なのかを見極めて、不要なものを手放していくことによって、身も心も軽くなって、ストレスも減らしていけます

関連記事



1 件のコメント:

  1. わかり易いです。説得力おおあり。さて何から捨てようかな、、

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます