2019年1月11日金曜日

不運を引き寄せてしまう原因


人は不運を避けたいと表面意識では願っていますが、逆に不運を引き寄せてしまっていることが多くあります



その原因にはどのようなものがあるか考えてみたいと思います

病気になったり、事故を起こしたり、事業に失敗するなど、一見すると不運に見える事も、ご本人が引き寄せてしまっていることがあります

それは不運に見舞われることで、周りからの同情を集めたり、愛情を注がれるように潜在意識で願っていることがあるからです

よく子供は、親の気を引いて、愛情を自分に向けさせるために、熱を出したりとか、病気の症状を出すことがあります

それは自分から親の愛情が離れていってしまうのではないかと不安になり、引き留めようとするからです

たとえば何らかの不祥事を起こして、周りから責め立てられている場合など、病気で倒れてしまうことがあります

これは周囲からの攻撃にさらされ、自分を守り、まわりから同情されたいという願いから、そうした病気を引き寄せることもあるのです

男女間であっても、最近うまく行っていないとか、対立が続いているような場合には、そのどちらかが病気で倒れ、相手との修復を願うという事があります

病気になるとまわりが同情して、優しく接するため、自ら知らず知らずに引き寄せてしまっていることがあるのです

お年寄りの方も、身体のあちらこちらが不自由していく理由に、身体の問題も当然ありますが、なかには周りの気を引きたいとか、優しく接して欲しいという理由でそうなってしまっている場合もあります

身体が不自由になってくると、お子さんなどが世話をやいてくれるため、潜在意識でその状況を願っていることがあります

経営者などでもそうですね

会社がうまく行って独り勝ちのような状況だと、周りから嫌われたり、風当たりが強くなってきます

調子がわるくなると、周りも同情的になったり、攻撃してくることもあくなるため、いつしかセーブしてしまう事もあります

個人においても、あまりお金持ちをアピールしていると、周りから嫉妬されたり、嫌われたりしていきます

するとそうした批判の目をそらすために、いつしか貧しくなっていくことがあります

表面意識ではお金持ちでいたいと願っても、潜在意識でお金を持たずに、周囲から愛情を受けたいと願っていたりします

ですので不運に見える出来事が訪れたとしても、そのなかには自身で引き寄せてしまっているものもあるのです

もちろん人生の中には避けて通れない出来事は否応なく訪れてきます

しかし必要以上に引き寄せないでおくことも可能でしょう

こうした不運を引き寄せもとには、同情されたり、愛情を自分のもとに集めたいという欲求があります

子供の頃の習性で、人間にはそうしたところが残っていますが、これを意識して改めていくのがよいでしょう

人から愛を得ようとするのではなくて、人にどれだけ愛を与えられるかを考えてみるのです

思いを転換し、どれだけ愛情を得られるかではなくて、人に対してどれだけなすことが出来るのか、愛を世界に流していくことが出来るかを考えてみましょう

すると与えた分は、いずれ自分へと返ってきます

発想を転換していくことで、負のスパイラルから抜け出すようになります

関連記事



2 件のコメント:

  1. いつもありがとうございます🌈 💜 🌈
    先日スポーツジムで変なオジサンに話しかけられ、丁度トラウマになるところでした😭😣!

    私も愛を与えていけば浄化されるのかもしれません❣️❣️😊
    ありがとうございます🌹💗✨

    返信削除
  2. 改めて毎日の思いの継続が必要だと思いました^ ^毎日ひとつ前向きに動けたかを考えて行きたいなと思いました。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます