2018年5月25日金曜日

運気を上げる色、下げる色 運気を左右する物への注意


運気を上げる色、下げる色



色や柄と運気との関係について書いてみます

一般的に、黒っぽい色や、くすんだ色は、運気を下げると言われ、明るい色のものは運気を上げるといわれます

これはある程度あるようで、色の持つ波波動があるようで、黒っぽいものは波動を下げて、明るめのものは上げる傾向があるでしょう

ですので部屋の中や服装などを、黒いものなどを多く使用していると、あまりよろしくないでしょう

また柄についても、ドクロマークや、おどろおどろしいものは、ネガティブなものと波長があってしまうためよろしくないでしょう

ただ質問には迷彩柄もよくないと言っていましたが、迷彩柄自体は問題ないでしょう

それが軍服などの中古品などですと、戦闘的な念が付着している場合があるでしょうからよろしくないように思います

色の種類によって、性質の違いがあるようですね

赤い色は情熱の色で、何かに集中するときや、試合などに利用するとよいでしょう

青い色は冷静さや思考の働きをよくする色で、落ち着いて何かをする時や、テストなどの試験のときにつけるといいですね



運気を上げる図形・シンボルと下げるシンボル



明るい色は良い影響を与えて、暗めの色はよくない影響が出る可能性のある事を述べました

色以外にも、図形やデザインにも、人への影響があるかを書いてみます

昔から人はざまざまなシンボルを用いてきました

宗教的には例えばキリスト教では十字架のシンボルを用いてきましたし、キリストを表す魚の図形なども用いられています

天皇家では菊の文様を用いられることがありますし、陰陽師では五芒星が用いられてきました

ちなみにこのブログでも五芒星を使っておりますが、それは星からの力といいますか、加護を得るためのシンボルでもあります

古来よりそうした図形がシンボルとして様々に用いられてきましたけど、何を意味していたでしょうか

実は、その図形やシンボルを通して、縁の法則によって、その図形に関連するものとの繋がりができるのです

クリスチャンは十字架をされることが多いですけど、それは霊的にもキリスト教系のエネルギーと繋がっているといえます

また逆に悪い縁を結ぶものとしては、五芒星を逆に描いた図形がありますけど、それは逆のエネルギーと繋がり、悪魔崇拝などで用いられています

ほかにも卍(まんじ)は仏教の寺院を表すシンボルとしても利用されてきましたけど、向きを逆にして傾けた逆さまんじはナチスドイツなどでも利用されてきました

そうした図形やシンボルを持ちることで、特定のエネルギーを引いたり、縁を結んだりするわけです

わたしも宇宙からの支援を得ようとするときには、五芒星を手で描きながら、エネルギーを引いてくるイメージをいたします

ですので、加護を得るための祈り文を紹介しましたが、唱える際に、五芒星などの図形を印刷しておくか、手で切って描いたりするとより効果が高まるでしょう



運気を落とすモノへの注意 ゲーム・音楽・映像・置物



テレビゲームや、スマホでのアプリなど、いろんなゲームが世の中に広まっています

皆さんの中にもゲームにはまっている人もいるかも知れませんね

こうしたゲームの中には、戦争を疑似体験する者とか、殺し合いのゲームなども多くあります

人を撃ったりなど凶暴なゲームというのは、やはり行っている側に悪影響を与えていきます

凶暴なゲームを続けていると、たとえばお子さんがされている場合、親や先生に反抗的な態度になったり、攻撃的な部分が出てくるようになるでしょう

やはりゲームも長時間続けていくと、人の精神に影響を与えていきますので、どのような内容かによって良いもの悪いものが出てくるでしょう

もちろんすべてのゲームが悪影響を与えるものではなく、内容によって違いが出るものです

パズルゲームなどは、脳のトレーニングにもなるとことがあるでしょう

なかには壮大なストーリーの作品もあって、昔の子供が童話や絵本の世界に浸るように、その世界観に没頭する作品というものもあって、想像力を高めたりする作品もあるでしょう

ゲーム以外にも音楽や映像でも影響は出てきますので、なるべくヘビーメタルなど荒々しい音楽は避けて、調和された美しい音楽を聴くのがいいでしょう

映像でもゾンビものなどが流行っていますけど、そうした怖いものや気持ち悪いものはよくない影響を与えますので、好きだからと言って見続けるのは避けた方がいいです

一作二作くらい見る分にはいいですが、なかにはホラーが好きで見続けている人がいますけど、そうしたのはなるべく集中して見ない方がいいです

それ以外に、部屋を飾る置物なども注意した方がいいでしょう

怖い映画のポスターを張ったり、モデルガンなどを置いていたり、ドクロなどの不気味なものを飾っていると、精神的によくない影響が出てきます

なるべく他の人が見ても楽しい気持ちになるものや、心が安らぐもの、調和されたものを置くようにしましょう


形見の品を持っていると気や運に影響を受けるか



アンケートにて以下のような質問がありましたので取り上げて答えてみたいと思います

Q、形見の品など身につけていると、故人の気や運に影響受ける事あると思われますか?リサイクル品なども気になります。

A、亡くなられた方の愛用品などを形見分けとしていただいたりすることがあります

形見の品などで特に故人の愛着があるような品の場合は、持っているとその故人と縁が繋がるといえます

あまり公に言うのは控えるべきかもしれませんが、その故人が綺麗に浄化されている場合で好意を持たれていたのなら、時折あの世からサポートしていただく可能性もあって、運気はよくなると思います

逆に、その故人が浄化されていないか、あまり良いところに帰られていない場合は、その方の愛用品などを持たれていると、すがってきてしまい、運気を下げることもあるでしょう

つまり縁が繋がるので、その方の影響がいくらか出てくることがあるということですね

また、形見などだけではなく、リサイクル品など、別な方が持たれていた品の場合は、元の持ち主の念がついていると思えますので、いくらかの影響がもたらされるでしょう

心境のよいかたの持ち物であれば、お下がりなどいただくと運気もよろしいでしょうし

逆にネガティブな念が強い方の品をいただくと、よろしくない影響が出ると思います

ですので影響がいくらかあるのは事実でしょうが、良い影響か、悪い影響かは、その品の元の持ち主の心境によるでしょう




悪い念の入ったものは運気を落とす?



古い物をそのまま置かずに、整理すべきか質問がありました

古くなったもので、悪い念がこもってしまっているものは、持ち主によくない影響を与えますので、なるべく処分したほうが良いでしょう

たとば、昔の写真で、よくない縁の方との映像ですと、それを持っていると、よくないものと通じてしまうことがありますので、処分したほうがよいでしょう

昔の彼氏さんや彼女の写真などで、縁が切れているのなら、なるべく処分したほうが良いです

または、写真だけではなくて、プレゼントしてもらったものでも同様です

以前に付き合っていた人からのプレゼントなどは、相手の念がこもっていますので、次の恋愛や結婚などに、ネガティブな影響をもたらす可能性があるため、手放すべきでしょう

女性は特にプレゼントがお好きで、いろんな方からもらう人もいますが、それは相手の邪な念の受け取っていますので、将来の何らかの異性関係のトラブルなどが、発生する原因ともなるのです

ですので、おかしな人からは、なるべくプレゼントは受け取らないようにしたほうがよいでしょう

逆に、愛情のこもったもので、あなたに対する執着ではないものであれば、ポジティブな影響をあたえますので、身近においとくのがよいでしょう

たとえば、ご両親からや、夫婦でいただいた愛情のこもったもの、お子様からのプレゼントなど、あなたのことを思っていただいたものは、ポジティブな影響を与えますので、置いておくといいです

そして、ご自身からも、相手に対して執着ではない、無償の愛情でプレゼントしたものは、相手によい影響をあたえますので、いいですよ



外見で運勢は変わる?開運と見た目のスピリチュアルな関係



Q、運勢と外見は相関性ありますか?服装や見かけに気を使う方が開運するものでしょうか?

A、人はどうしても外見によって人を判断しがちですね

中身が大事といわれていますが、中身まで判断できる人は多くなく、見た目で判断してしまうのですね

人の受け止め方について実験してえたメラビアンの法則といわれるものもあって、俗説的解釈ではありますが、人は視覚から得られた情報、つまり見た目での判断が55%と大きく影響されるといわれています

ちなみに見た目などの視覚情報が55%で、声質など聴覚情報が38%、そして肝心の話の内容である言語情報は7%しかないそうです

ですので見た目で人に好印象を与えるように努力されるのは、効果の高い方法といえます

服装やメイクなどをかえるのもよいですけど、もっとも運勢に影響するのは顔の表情です

いつもムスッとした顔をしていれば、人に不快な気分にさせますし、運気も下がるでしょう

反対にいつもにこやかにしていると、周りの人もよい気持ちで、本人にも運勢がよくなる影響がでてくるでしょう




開運グッズで不運になるか幸運を手にするか



縁起物や、開運グッズと呼ばれるものを、手にされることも多いかと思います

実は、開運グッズを持ってさえいれば運気が良くなるというわけではなく、逆に不運となる場合もあります

こうした開運グッズを提供している人が、欲が強かったり、ネガティブな心境であると、そのグッズを持っていると、かえってネガティブな影響を受ける事があります

普通の神社や仏閣などでいただくのは大抵は善いかと思いますが、占い師や風水や霊能者などと言う人から頂く場合には、特に注意された方が良いです

グッズを出している人が、心の教えは少なくて、単にこれを持っていれば願いが叶うとか、欲が叶うことばかり言っていたり、人を脅かすような言葉や、怒りの強い人など、ネガティブな要素が強い人は、ネガティブな世界に通じている可能性があります

そうしたネガティブに通じている人から渡された物は、やはりネガティブな影響を持っている人はうけますので、よろしくないですね

逆に善良で光の世界に通じている人が、持つ人の幸せを願って作られた物であれば、やはりよい影響が出て、守られたり、運気が良くなるなどの影響があるでしょう

このように、開運グッズといっても、ポジティブに通じているのか、ネガティブに通じているのかで、正反対の影響が出ますので、判別していかれるのがよいでしょう

より深い方法としては「スピリチュアルな運気の高め方」の記事を参照されてください

関連記事





4 件のコメント:

  1. トイプードル2015年11月23日 22:19

    ちょうど、色のもつパワーについて考えていたところだったのでタイムリーな投稿ありがとうございます。最近ホオポノポノを実行しており、ブルーソーラーウォーターを作って飲むようになりました。これも、「ブルーの瓶に入れる」というのが意味があるんだろうなーと思っております。ただお日様にあてるだけではだめなんだろうなあと。

    返信削除
  2. あちこちで「迷彩柄のファッションは運気を下げるので良くない」という情報を入手していたのですが、その理由は、

    「人を殺す服だから」
    「争いを起こすから」
    「戦闘をイメージさせるから」   ...etc

    であり、
    正直、まったくもって理解できませんでした。

    ドクロならともかく、比較的歴史の浅い迷彩服が、そんなに悪想念のこもったまがまがしい存在になるとは到底思えなかったからです。

    やはり、ここで質問してみて正解でした。
    避けるべきものは避けなければいけませんが、不吉だからアレもダメ、コレもダメと過敏に反応するのも、考え物なのですね。
    霊的知識も正しく使って、美の神を引き寄せられるよう、ファッションに有効活用していきたいものです。

    返信削除
  3. 婚礼の仕事をしていますが、残念ながら、スーツからインナー、シャツ、靴下、靴、髪飾りまで、全て黒で、統一するよう指定されています。黒子に徹する意味があるのでしようが、このスタイルに以前から疑問をもっています。

    返信削除
  4. 私も迷彩柄やドクロのマークのことが書かれた本を読んだことがありました。

    身近に迷彩柄の服を着た人がいたので、気になってアドバイスしたつもりでしたが、余計なおせっかいでした!

    情報が氾濫している時代に、どれが正しくてどれが間違っているのか、分からないことだらけですが、こうして分かりやすく教えて頂けてありがたく思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます