2021年8月1日日曜日

五輪変異株の出現と災害に注意


当初から危惧していましたように、五輪中に感染拡大が起こっています

五輪強行をすると感染爆発する可能性があると述べていましたが、残念ながら現実となりつつあります

ただ、今のところは死亡者数は大きくは上がってきていないので、感染者数ほどに深刻な事態とはなっていません

しかし、最も危惧されるのは、今回の感染拡大の中で、さらなる変異種が広まることです

東京五輪変異種とも呼ばれるようなものが、新たに出てくるのではないかと感じられます

五輪後も感染拡大は止まらない恐れが高いですが、さらに強いタイプの変異種が現れて、東京から世界に広まる恐れがあるのです

そうしたものに注意していかないといけないでしょう

どのような備えをすれば良いかというと、以前からお伝えしていますように、コロナに有効とされる成分を取っておくことです

具体的にはビタミンDや亜鉛、茶カテキン、ケルセチンなどを普段から取っておくことです

そして腸内環境も整えるようにして、免疫力も高めていったらよいと思います

また、入手できるのであれば、イベルメクチンも有効です

以前から何度か紹介していますように、イベルメクチンはコロナの感染予防や、治療に良いという報告が海外からも多くなされています

インドでも積極的に配ることで、感染爆発を抑えています

日本では処方薬のため、医者の処方が無いと手に入りませんが、海外からの個人輸入なら入手は可能です

もしも、コロナに罹ってしまった時のために、イベルメクチンを持っておく事は良いのではないでしょうか

私ならコロナに罹ってしまった場合には、イベルメクチンを取ると思います

そうした備えをしておけばいいでしょう

次に、自然災害も懸念されます

すでに台風8号が、異例のルートで日本に上陸しましたが、以前にもお伝えしましたように、これでは済まないと感じています

おそらくは閉会式の頃に、また台風が襲ってくるか、大雨などが発生するのではと思われます

また今月は大きめの地震にも注意しておいた方がいいと思います

災害への備えも事前にしておけば、危機は軽減できるでしょう

今後しばらく日本の危機は高まっていきますが、やがて嵐は過ぎていきます

みんなで荒波を乗り切っていきましょう

関連記事



2 件のコメント:

presi さんのコメント...

イベルメクチンを個人輸入し予防薬として使っています。6月末の発注から半月近くで自宅に届きました。
薬を個人輸入したことで何となく国から独立したような新鮮な感覚を得ました。国の対策がより良くなることを期待したいですが、大人として独立心を持って自己防衛できる個人が増えなければ本当の意味で良い国にならないのではないかと今は感じています。

匿名 さんのコメント...

いつもありがとうございます。

近鉄グループの複合リゾート施設「志摩スペイン村」の公式Twitterに掲載されていたのですが、昨日(8月6日)、環水平アーク(彩雲)が見られたそうです。Twitter内の検索機能で調べたら、他にも彩雲や環水平アークのリアルタイム投稿をたくさん見掛けました。
貴ブログの過去ログ記事にて、環水平アークは地震の前兆とありましたね。また、新月や満月の頃に地震が起きやすい傾向があるとの記事も読み返していました。

五輪閉会式の8月8日は新月です。大難が小難に、小難が無難に、無難が無事になるように祈ります。