2021年8月4日水曜日

政府任せで座して死を待つか自分で立つか


いま新型コロナ対策を巡って、政府は誤った判断をしています

自ら感染爆発の引き金を引きながら、コロナ患者を見捨てるような事を言っていますし、ワクチン頼りだった対策も、海外の情勢からワクチンでは抑えられない事が分かってきています

菅総理は中等症は自宅療養でと言っていますが、もう医療崩壊を起こしたと宣言しているようなもので、そうすれば自宅で亡くなる人が増え、死亡率も増加していきます

ワクチンについても、今まで感染を防げると言っていたのが、昨日の記事でも紹介しましたように、米国ではすでに実はほとんど防げなくなっている事がわかりました

ワクチンを打っても感染を防げず、かえって接種者が周りに広めてしまっている状態です

さらにワクチンに含まれる(あるいは体内で産生される)スパイクタンパク質そのものが、体内で血栓を作ったり、血管を痛め、炎症を引き起こす事も最新の研究で分かってきています

ワクチンを接種すると、血栓などいろんな副反応が現れる恐れがあるのです

今まではワクチン接種を広めさえすれば、コロナは防げると思っていたのが、それが出来ないことが政府に分かりはじめています

つまりワクチン一辺倒の政策が間違っていたのです

海外でも非常に効果が出ている、日本人が開発したイベルメクチンの薬を国民に配るなどをして抑えていた方がよかったのです

さらに飲食店などに自粛を要請する等、多くの業界の自由を奪い、そのため経済もダメになってきています

協力金のもとに言う事を聞かせようとしていますが、そのお金は国民の税金から来ているものであり、いずれは国民から税として取り上げられるようになります

たんに営業時間を短縮させたり、お酒の提供を禁止するのではなく、次亜塩素酸の空気清浄機やプラズマクラスターなどウイルスを不活化させるものが分かっていますので、それらの導入を進めて、補助金を出すなどすればいいのです

そして料理は小皿で、一人分ずつを出すようにしたり、アクリルのパーテーションで分けられるようにするなど、そのための支援を政府がしたらいいと思います

そうすれば協力金などよりもはるかに安上がりで対策出来ますし、各自で営業して経済も回せます

このように、政府は間違った指示を国民に出し、その被害は国民が受けなければならないのです

もうこれからは政府頼み、お上任せではいけないと思います

各自が自衛して生き残っていかなくてはなりません

政府が間違った指示を出しても、それに従っていては、座して死を待つだけになるかも知れません

各自が真実の情報を選択し、判断していかなくてはなりません

関連記事



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

この方々に国を任せると間違いなく沈没します。

嘘(オリンピック)を正当化させるために嘘で塗り固めて国民を死に追いやる。
恐ろしい限りです

匿名 さんのコメント...

衆院選が近いですが、失策が多い自民党を選ぶ事が嫌になりそうです。かといって売国左翼は論外やしなぁ…。社会主義化しつつある自民党にも、少しは良い面が残っていると考えるべきでしょうか?