2019年11月8日金曜日

子供への体罰の背景にあるもの

子供に体罰を与えてしまうという問題があります

親が体罰を与えてしまう背後には何があるのかを書いてみます



ひとつには、親がストレスを抱えていて、それを子供に発散させている事があるでしょう

いってみれば八つ当たりのような体罰です

夫への不満とか、あるいは会社や親への不満などを、子供にぶつけている事があります

そうした負の連鎖があって、弱い立場へと回っていき、子供へと言ってしまう事があります

それ以外にどのような事があるかと言うと、親が自分のマイナスの部分を子供に投影している事があります

自分が出来ないことを子供に投影し、本来は自分を責めなければいけないのを、子供に向けいていることがあるのです

たとえば親が子供の頃には勉強が好きではなく、あまり勉強してこなかったのに、子供が勉強しないと厳しく体罰を与えてしまう事があります

これは本来であれば親自身のマイナスの部分であり、自分を責めるのがつらいため、子供へと攻撃が向いてしまうケースです

あるいは親がなりたかった夢などがあり、それが叶わなかったため、子供に託して、そして子供に厳しくあたって体罰などをするケースもあります

これなども、自分が出来なかったというマイナスを、子供に投影して攻めているのです

自分が出来なかったのに、子供に「どうして出来ないのだ」といって罰するわけです

これは本来は自分自身に向けている思いなのです

しかし自分を責め立てるの辛いですから、自分へ向けるべき思いを子供に向けて、子供を厳しく罰するようになるわけです

あるいは親が怠け心があって、子供の始末をするのが億劫である場合に、子供が怠けているといって厳しく罰する場合もあるでしょう

これも分かりやすい親のマイナスを子供に押し付けているケースと言えます

そのように親のマイナスを、子供に押し付けている事があります

一度立ち止まって、「子供を責めているが、それは本来は自分に向けられるべきもんではないのか?」考えているといいでしょう

また児童虐待で捕まる親も多くなっていますが、虐待は体罰とは別なものであり、子供に傷が残るような暴力をふるったりするのは、それは虐待でしょう

虐待する親の中には、これはしつけであり体罰だと考えている人も多いですが、食事を制限したり、傷がつくような暴力をふるうのは虐待です

虐待は体罰の延長線上の場合もありますが、今回の内容とはまた違った話になります


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます