2019年11月18日月曜日

心が傷つきやすい人の役割と霊的意味

同じような出来事があっても、ある人にはなんてことなく感じられる事でも、ある人には深く傷ついてしまう場合があります



たとえば友人からの何気ない一言が、いつまでも忘れられずに、ずっと心に刺さって抜けない人もいるでしょう

その友人からすれば、深く考えずに口から出た言葉で、あなたの事を傷つけるとは思っていなかったかもしれません

周りの人も、同じような事を言われても、しばらくたつと忘れてしまうか、ぜんぜん気にならない言葉であったりします

そのように人には深く傷つきやすい方がいます

そうした方は、繊細な魂をもつ人たちといってもよいでしょう

普通の人が感じられないこともまでも過敏に感じ取り、深く考え込んでしまいます

繊細な魂を持つ人は、生き辛さを感じてしまう事もあるでしょう

どうして自分はそうなのだろうか?と悩んでしまう事もあります

しかし繊細な魂をもつには、それなりの意味があり、長所でもあってひとつの特徴となっています

もしもこうした繊細な魂を持つ人が生まれてこなければ、文学や芸術など、文化の発展は少なかったはずです

彼らがいなければ、地球はもっと味気ない星になっていたでしょう

物事を深く感じ取る力があるからこそ、深みが生じてきます

そして自分が傷ついたからこそ、他人にも優しくなれるのです

繊細さは優しさを生みます

地球に他の人へのいたわりや優しい心が、あちらこちらに咲いているのも、繊細さがあるからです

人間の胸の中央にはハートチャクラと呼ばれる、霊的中枢があるといわれています

ハート以外にも、主に七つのチャクラがあると言われていて、頭部や腹部にもあります

このハートのチャクラが活発に働き、他の部分が弱くなっていると、繊細過ぎる傾向が出てくるようです

人によってそれぞれのチャクラの活性度合いは違いがあり、頭部のチャクラだけが活発化して、他の部分は弱いという場合もあります

頭部のチャクラが活発で他は弱い場合には、知識偏重となっている事があります

ハートのチャクラが活発で、他の部分が弱いと、繊細になりすぎてしまい、傷つきやすくなってしまうでしょう

こうした傷つきやすい人ほど、自分が傷つかないように、必死に鎧を身にまとって、自分を守ろうとします

しかし往々にして身にまとった鎧によって、自分の肌をさらに傷つけてしまう結果となります

自分を守るためにしたことが、かえって自分をより傷つける事となってしまうのですね

そうした時には、少しづつその鎧を脱いでいかなくてはなりません

自分を守るために必死にまとった鎧を外していく事です

もう一度、「真実の自分は何だったか?」、「本来の自分に立ち返り、余計な粉飾は無くしていこう」と考えてみしょう


↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



1 件のコメント:

  1. 幼い頃からとても敏感で神経質のため、生き辛さからたくさんの鎧をつけて生きてきました。
    「繊細さは優しさを生みます」という言葉は励みになります(;_;)
    そして優しさは優しい心を呼び覚ますと思いますので、芸術など文化的な方面に活かしていこうと思いました(*´∇`*)
    いつもありがとうございます。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます