2018年7月15日日曜日

スピリチュアルサインの見抜き方と4つの種類その意味とは?



スピリチュアルサインとは?


私たちの周りには、目には見えませんが人々を見守っている霊的存在がいます。



それはガーディアンエンジェル=守護天使と呼ばれたり、守護霊さまと呼ばれたりします。

守護霊について詳しくは「苦難の時に連れ添う存在 守護霊の秘密」の記事を参照ください。

彼らは地上にいる私たちが、間違った道を歩まぬように、そっとサインを送ってきてくれます。

それは微かなサインのため、見過ごしてしまう事もあります。

「どうしてもっとはっきりと示してくれないのだ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、彼らはなるべく地上の人間の主体性に任せて、自分たちは見守っている存在であろうとします。

地上の人間を尊重しているがゆえに、私たちの自主性を重視し、強制的に導くようなことはしないのです。

彼らからのスピリチュアルサインを見逃さないためには、サインの種類を知っておくことが大切です。

スピリチュアルサインを知り、それを理解することで、トラブルを回避したり、問題解決の道を見つけたり、よい方向に進むことが出来ます。

これから幾つかあるスピリチュアルサインを紹介していきます。


一、ゾロ目のナンバー


よく同じようなゾロ目の数字を目撃することはないでしょうか?

たとえばふと時計を見たら2時22分で、その時たまたま通り過ぎた車のナンバーも222だったなど、連続して同じゾロ目の数字を目撃することがあります。

そうした数字にも意味があって、守護霊様などから隠されたメッセージが送られている事があります。

数字の持つそれぞれの意味については「守護霊ナンバー守護霊からの警告の見分け方」の記事を参考にしてください。

よくスピ界で言われるエンジェルナンバーもありますが、そちらも参考にされてもいいですが、良い面だけを言っているもので、警告の意味などは見逃す恐れがあります。

人生にはよいことだけではなく、辛い時期も必ず訪れますので、そうした警告や注意すべき意味もあるはずです。

一方に偏ってばかりいては、人生の深さを味わえませんので、両面からバランスよく見ていくのがいいでしょう。


二、印象的な出来事


何か印象的な出来事に遭遇することがあります。

たとえば普段は生き物の姿を見ないのに、姿を目撃するようなことがあります。

昆虫については「蝶々、蜂、蠅、蜘蛛、ムカデ、ゴキブリ、虫が示すスピリチュアルな意味」の記事で紹介しましたので参考にされてください。

他にもカラスが集まっているところに遭遇したり、綺麗なお花が咲いているのを目撃することもあるでしょう。

カラスはネガティブな印象が強いですが、お花などは癒されてよい意味が含まれている場合が多いでしょう。

あるいは不思議と白い鳥の羽根が部屋に落ちていたり、手についているなどがあります。

白い羽根の意味は、天使たちが見守っていてくれていることを伝えています。

それ以外にも、事故を目撃したり、かわった気象に遭遇するなどの出来事にあう事があります。

それぞれの出来事について、自分に何を伝えようとしているのか考えてみるとよいでしょう。


三、夢で知らせる


いわゆる霊夢という形でメッセージを送ってくることがあります。

睡眠中に見る夢の中で、深く印象に残っているものには、スピリチュアルサインが含まれているかも知れません。

たとえば夢の中であなたの知人や故人の姿として出て、何らかのアドバイスをする場合もあります。

上で紹介しました「苦難の時に連れ添う存在 守護霊の秘密」の記事にも、私が夢の中で守護霊さまから受け取ったメッセージの話しが載っています。

ご自身の親しい人の姿や他人の姿を借りて、夢の中で大切なメッセージを伝えたりします。

直接言葉ではなく、象徴的な夢のシンボルとして現れることも多いですので、熟考して夢の意味を考えてみてください。


上記二つの記事には、夢の種類と実際の夢を取り上げて解説していますの、参考にされてみてください。



四、シンクロニシティ-(synchronicity)


シンクロニシティとは、深層心理学者のユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指します。

日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」などと訳されます。

ユングが患者さんと見た夢の話をしていた時に、窓ガラスに甲虫がぶつかってきているのを発見します。

ちょうどその時に、患者さんは夢で甲虫を見たという話をしていた所だったといいます。

このように一見すると単なる偶然のように思える出来事にも、実は意味が込められてるとユングは考えたのです。

これは事実であり、守護霊様などは直接メッセージを送るよりも、そうした偶然の出来事を装って、地上の人に何かを伝えようとします。

たとえば、何か困っていることがあって、それをどう解決しようかと考えている時に、たまたま乗った電車の中吊り広告に、その答えが書いていったという事があります。

ずっと考えていたことのヒントが、ふと目にした広告に載っていたり、たまたま手に取った本に書いてあったり、友達の口を通して伝えられることがあります。

私が体験した例では、人の前世等が見え始めた時なのですが、「瞑想で見えたものが本当か分からない。自分の頭で作り出した幻想ではないか?」と思っていたところ、たまたま目にしたテレビ番組で、その見た国の風景が映し出されていて、本当に瞑想で見えたものと同じような街並みが映し出されて驚いた経験があります。

その番組ではその町の歴史を紹介していて、私は知らないことだったのですが、瞑想で見た内容とすべて一致するものでした。

そのように瞑想で見た後に、たまたま見たテレビでその国の事を紹介され、自分が見たものが実際にあったことを知るきっかけになるというシンクロがあったのです。

他にも瞑想で見えた前世での出来事が、たまたま手にした本に載っていて、それが真実だったと知ることもありました。

こうしたシンクロニシティを使って、スピリチュアルサインを送ってくることがあります。

なので答えを得たいときには、注意深く周りを観察し、人の言葉にも耳を傾けるようにしましょう。

するとその中に、探していた答えが見つかるかも知れません。


以上に見てきましたように、主に三種類、「ゾロ目」「出来事」「霊夢」「シンクロ」などによって、守護霊様は私たちにサインを送ります。

それは霊能者でなくても、一般の方でも受け取ることが出来るサインです。

スピリチュアルサインを知ることで、問題解決の手助けとなったり、災難を回避することになったり、良き出会いを得られるようになったりするでしょう。

時には微かなサインに耳を傾け、目を向けてみてください。



関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます