2018年2月28日水曜日

ジャイアント馬場さんの前世と実在した巨人


昭和を代表するプロレスラー、ジャイアント馬場さんについて取り上げます


ジャイアント馬場さんは、もとは読売巨人軍のピッチャーだったのですが、腕を怪我して引退を余儀なくされます

それでもアスリートを目指されて、日夜トレーニングにいそしんでいたところ、プロレスリングでの活躍へと繋がっています

馬場さんは読書家でもあり、特に歴史小説を愛好されて、年に200冊は本を読まれていたそうです

1999年に61歳で亡くなられています

馬場さんの前世には、味方を率いて戦うリーダーであった時代が多いようです

おそらく昔の中国だと思いますが、ある地域を守護する太守というのでしょうか、地域のリーダーをされていて、反乱分子と戦う日々がありました

当時は世相が悪くなっていく時期で、中央に対する反発が強くなり、各地で反乱が起こっている時代です

その中で指導者として、秩序維持に励むのですが、時代としては変革の起こる時期だったようで、馬場さんの前世の方の活躍むなしく、新しい王朝が出来上がっていきました

今世でも、ジャイアント馬場さんの率いる全日本プロレスから、ライバルであるアントニオ猪木さんが出て新日本プロレスを旗揚げするなど、前世と似たところもあるようです

おそらくアントニオ猪木さんとは、前世からの深い縁がおありなのでしょう

さらにさかのぼっていって古代には、現在の人種ではない時代にも生きていたようです

世界的に巨人の伝説がありますが、実際に古代においては、現代の私たちより大きな巨人種が存在していたようです

ギリシャ神話でもタイタンという巨神の伝説があり、日本でもダイダ(だいだら法師)という語感が近い巨人の伝説があります

その時に馬場さんは、巨人種のリーダーとして生きていた時があったようです

知恵があり、仲間思いの優秀なリーダーだったようです

巨人族が存在する当時は、現在よりも巨大な生き物が生息していて、それらを狩って暮らしていたようです

マンモスなどもいて、それらを食料にしていたようですが、氷河期の訪れで大型生物もいなくなったため、巨人種も数を減らしていき、遂には絶滅したようです

彼らの存在が伝説となって、今でも語り継がれているのでしょう

宇宙から飛来してきた別な星の生命であった時もあるようですが、こちらはスピリチュアルスクールで公開したいと思います


関連記事





3 件のコメント:

  1. 馬場さん、懐かしいですね。一時代を築いた方で、日本をプロレスで楽しませてくれた方だと思います。絵もうまかったようですし、奥深い方だと思います。色んな苦労が、今世実ったのでしょうかね。これからも色んな方を取り上げてください。ありがとうございました。

    返信削除
  2. レムリア人は、とても大きかったそうですね☆

    返信削除
  3. こんにちは。いつもお世話になっております。大好きな馬場さんを取り上げていただきありがとうございます。
    出過ぎた真似をして申し訳ありませんが訂正させてください。
    馬場さんの全日本プロレスから猪木さんの新日本プロレスが独立したわけではありません。
    正しくはお二人の師匠力道山亡き後の日本プロレスからまず猪木氏が独立し新日本を旗揚げ。その後馬場氏が独立し全日本を旗揚げです。
    良くも悪くも力による力道山独裁政治が終わり、会社内での権力争いに選手が巻き込まれ、猪木氏は干された後に独立、エースとして担がれた馬場氏も続き、ストロング小林、ラッシャー木村、アニマル浜口らも国際プロレスを旗揚げし、最後の大物坂口誠二氏も猪木氏に合流。
    ついに力道山の日本プロレスは消滅しました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます