2018年2月26日月曜日

カーリングの藤沢五月さんの前世


平昌オリンピックで、カーリング初の銅メダルを獲得しました、「LS北見」のメンバーで「司令塔」スキップの藤沢五月選手が、人気となっていて韓国でも話題となっているそうです

「そだねー」など北海道なまりのやり取りや、ハーフタイムにフルーツやおやつを食べる「もぐもぐタイム」は話題となりました

藤沢五月さんを拝見していますと、ヨーロッパの北の地域で生きられていた前世があるようです

おそらくスコットランドだと思われますが、イギリス領の北方の地域ですね

当時はイングランドによって抑圧されたようなところがあって、暮らし向きはあまりよくなかったようです

戦乱などもあって、厳しい環境ですが、その中で仲間たちと手をつなぎあって暮らしています

その時の仲間たちが、カーリングの仲間としても生まれ合わせているようです


そしてもう一つは、昔の北海道にも生まれていたことがあるようです

アイヌと呼ばれる民族のものです

当時も南方から来た大和民族との接触があり、社会不安と言いますか、変動期に生まれ合わせています

色々な変化の中にあって、仲間と協力して乗り切ろうとしています

この二つの転生を拝見していると、似ている状況があります

北方の地域でうまれ、南方の強国に併合したり、取り込まれていく中で、変動の時と仲間と共に乗り切るというテーマが共通しているようです

そうした困難な時代を乗り越えたからこそ、鍛えられるものがあったのでしょう

今回は平和な時代に、仲間とともに偉業を成し遂げられてよかったですね

関連記事





2 件のコメント:

  1. 天に守護され、運命が好転するスピリチュアル、やっと買いました‼️ 喜びで震えてます‼️ 

    返信削除
  2. LS北見の皆さん、おめでとうございます!
    最後の駆け引きは、手に汗握って応援しました。
    前世から何度も「北方に生まれる」「仲間で乗り越える」という生き方が続くのは、ご本人が同じような人生を望んで生まれてくるのでしょうか。
    やり残したかとがあるのか、繰り返したいのか…不思議です。
    前世から繋がりのある仲間とまた仲間になるというのは、桃色クローバーの皆さんもそうだった気がします。
    生まれ変わっても繋がっていたい縁、素敵ですね。
    これからも試合で見せてくれたような笑顔で、仲良く楽しく頑張って下さい♪

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます