2018年2月16日金曜日

五輪選手に多い前世と因果応報


平昌オリンピックが開催され、ニュースで日本人選手の活躍も聞くようになりました


今日は、男子フィギュアスケートのショートプログラムがあり、昨日記事で取り上げました羽生結弦選手が第一位となり、宇野昌磨さんは三位と好成績で明日を迎えることになりました

お二人の活躍は明日も楽しみですね

また一昨日は、スノーボード男子ハーフパイプ選手の平野歩夢さんについても取り上げました

こうした若い選手が活躍されていると、どうしてある人は才能があり、ある人は才能が劣るのだろうか?と疑問に思う人もいるでしょう

一生懸命に頑張っても、ある人にはどうしても敵わないという事があります

ある人は若くして才能を伸ばし、ある人は努力してもなかなか芽が出ないこともあるでしょう

そうした事があると、世の中は不公平のように感じてしまうことがあります

ですが、今世だけ見ていると、不公平に見えても、生まれ変わりの過去世からの引き継いだカルマを考慮すると、努力に応じた世界となっています

五輪選手など、世界的に活躍するような、すぐれた選手には、はやり前世から何らかの厳しい修行や努力を繰り返している方が多いです

過去にはスポーツはあまりなかったですが、たとえば宗教の修行に打ち込んだ人などがいます

滝に打たれたりとか、山岳で修業する人や、一生懸命に座禅にはげんでいる人もいます

そうした修業をしていた前世の人というのは、やはり今世でも訓練して結果を出せるようになられています

あるいは、武道の訓練や剣術を磨いたりなど、肉体を鍛えることをされていた人も多いでしょう

そうした過去世からの蓄積があって、今世でも優れた成績を出せるようになっています

因果応報というのは、今世だけで見ても分からないこともありますが、長い転生の中で、正しく働いているものです

関連記事





2 件のコメント:

  1. 転生を越えるほどの鍛錬を過去世において積み、今世開花させているんだと思うと尚更に祝福したくなりますね。
    努力は希望です。

    返信削除
  2. いつも興味しんしん楽しみに記事を読ませていただいてます
    転生をくりかえし一生懸命に修行し鍛錬にはげみ
    頑張ってきたことは才能となって花開くのですね
    感動です
    韓国の人たちを、とっても大好きですが
    主催が韓国だと政治がらみや反日感情がどこか微妙に作用して今回のオリンピックで日本は金メダル少ないだろうな~悲しいな~と予想を立ててました
    こういう考えをもってはいけなくて私の考えはどこかおかしいですけどね
    韓国の人は大好きで、すっごく尊敬してますがなぜかこういうイメージが私の中で出てきます
    韓国を批判したくなく、韓国ファンなのですが仕方のない事と思ってます
    せっかく頑張ってオリンピックに参加してる選手たち、前世から修行と鍛錬をつんできた選手たちにロマンを感じます
    政治がらみや国同士の確執を超えたスポーツの祭典であってほしいですね
    わたしのような書き込み自体がもう平和レベルではなく低レベルでいけないですが(笑
    でもなぜか、韓国主催のスポーツ競技は日本にとって公平な判定をもらえないような波長イメージを感じます
    そんなことをモノともせず光り輝き、肉体の鍛錬にはげみ人々に感動と喜びを与える方々は本当に素晴らしいです
    いつも、ここの記事で感動させられたりハッと勉強させられたりしてますありがとうございます


    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます