2019年12月25日水曜日

愛のエネルギーとクリスマスの意味


今日はイエス・キリストの生誕を祝う、クリスマスです


このブログでも書いたことがありますが、実際にはイエス様の誕生日は分からないため、古来から冬至の祝をする日を、クリスマスとして祝うようになったようです

冬至というのは、一年のうちでもっとも日が短い日であり、そこから太陽の昇る時間は増えていきます

ですので、冬至は太陽の復活の象徴的な日でもあるわけです

何ゆえに、冬至の日がイエス様と関連づけられてきたかと考えると、復活に繋がっているのでしょう

歴史上のイエス様は、二千年前に十字架にかかって亡くなられたことになっています

しかし、十字架にかけられた三日後に、イエス様は復活され、弟子たちの前に姿を現した後、天に上がっていったといわれています

そのように、イエス様が復活した話が、太陽の復活と関連づけられているのでしょう

ただ、それだけではなくて、別な意味も含まれているように思います

イエス様は二千年前に姿を消されましたが、人々の間で生きていることを示しています

イエス様は愛の教えを説かれましたが、人と人との間に愛の思いが流れている時に、愛のエネルギーは地上に現れ、人の間を流れていくでしょう

肉体は滅びても、その愛のエネルギーは二千年経っても、世界中を駆け巡っています

小さな種が地上にまかれて、やがて大木となるように、肉体を捨てられて、大きな愛のエネルギーとして人々の間に復活し生きている

そうした愛のエネルギーとしての再生や復活を言いあらわしているのではないかと思えます

関連記事



1 件のコメント:

ゆるふわ。 さんのコメント...

イエスさんがわざわざ地球に降りてきてくださった理由やその真実については、前回のコメントにも載せましたある本に全て書かれていて、本当に目からウロコで驚くのですが、

今も昔もイエスさんは愛にあふれた方で、それはもちろん愛でできた創造主が、ご自身の右腕として愛で創った魂の方だからこそですが、

いつも皆さんのことを分け隔てなく見守られていて、でも時にはとても厳しいことも言われます…

イエスさんが怒ったときは私の心臓がブルブル震えるほどで、私まで本当に恐ろしい思いをするのですが、それでもそこにはやはり果てしない愛があって、怒られた方は本当に正しいことを思いだされ、最終的には救われていかれます。

そんなイエスさんがいつも変わらず皆さんを見守っておられることを、私は毎日感じさせられていますので、怖い思いもするのですが、やはりものすごい大きな愛を感じて感謝をしないわけにはいかない毎日となっています。

そんなイエスさんの貴重な言葉を1つでも多くお伝えできるよう、これからも頑張ってブログを書き遺したいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)