2018年7月14日土曜日

成功するための秘訣 代償の法則


欲しい物を得るためには、相応の代価を払って手に入れるように、人生には何かを得るためには何かを差し出さなくてはならないという「代償の法則」が働いています。



人はともすると楽して何かを得たいとか、棚からぼた餅を願いがちになります。


努力などを飛ばして、よい結論だけを得たいという安易な考えです。

短い期間で見ると、偶然に幸運が舞い込んだり、ラッキーなことが起こったように見える出来事もあります。

ですが、長い人生の中では帳尻があって、得た分の苦労はつきますし、成果に見合った努力は必要となってきます。

たとえば運良く出世したとしても、その人が見合った努力や経験が足りなければ、相応の苦労を負うことになります。

立場が上がると要求される仕事の質も違ってきますので、それだけストレスがかかり、実力不相応なほど、その苦労は大きなものとしてのしかかってきます。

下積みが長かった人は、苦労が多かったように見えますが、その分長く活躍されることが多く、パッと一躍有名になる人は、すぐに消えてしまう傾向があります。

そのように、トータルで均せば、代償を支払った分を人は受け取り、過大に受け取ると後から多くを支払わなくてはならなくなり、結局はバランスして払う分を受け取ることになります。

試験で良い成績を得たい場合は、それだけ努力して勉強しなくてはいけません。

学問だけでなくスポーツでも、努力した分は蓄積されて力となります。

仕事についてもそうです。

生まれつきの才能や特徴を人は持っていますが、これらも前世からの努力や経験量によるものです。

代償の法則として、何かを得るためには、何かを差し出す、あるいは捨てるという必要がでてきます。

学びを深めるためには、遊ぶ時間を捨てて、勉強する時間を取らなくてはいけませんよね。

麻雀やパチンコ、賭け事を辞めて、何かに向けて努力したら成果を得られるなどです。

一生懸命に毎日コツコツと積み重ねた努力は、いつか実となって報われます。

安易に成果ばかりを求めて、すぐに投げ出してしまう人は、何も得られずに不満ばかりつのります。

面白い例では、野球選手のイチローは、普通の選手が望んでいるホームランを打つことを捨てて、ヒットで出塁することに特化して成果を得ています。

もしイチロー選手が、ホームランも出塁もどちらも求めていたのなら、現在のような世界的な活躍はなく、普通の野球選手だったかもしれません。

ホームランを狙って打てば、それなりに打てたでしょうが、打者なら憧れるホームランを捨てて、出塁することに専念したからこそ、イチロー選手は偉大な成績を上げて、人々に称賛される選手となりました。

ホームランも出塁もどちらも求めていたなら、どちらも中途半端になって、プロ野球選手としては平凡な成果となってしまっていたでしょう。

このように何かに特化することは、同時に何かを捨てる・諦めるということでもあります。

何かを得たいという思いを持っていると、得たいという事ばかりに気が行って、あれもこれもと求めがちになってしまいますが、ここは欲を抑えて、何かを得るために、他のものを捨てる覚悟が必要です。

恋愛に関しても、あの人もこの人も良いと言っていては、うまく行かないでしょう。

「この人だ!」という一人に絞って付き合う事で、幸せな関係を結べます。

これはランチェスターの法則にも合致しています。

総当たり戦で、あちこちに戦線を広げてしまっては、力の分散を招いてしまうため、なるべく集中を心がけて当たることで相手に勝つことが出来ます。

力を分散させずに、なるべく集中させることを狙って、相手に当たっていくのです。

桶狭間の戦いで、織田信長が大群で攻めてきた今川義元を破った戦は、大が小を倒したように見られています。

ですが長蛇の陣を敷いた今川に対して、織田は大将のいる人にめがけて、戦力を集中して投下したため、その場所では織田の方が兵は集中していたため、今川に勝てています。

たとえ敵が多く見えたとしても、それを分断したり、細分化することで、敵の弱点を責めて勝てるのです。

お店などでも、特定の分野や商品に特化することで、百貨店やスパーなど大手に勝てる可能性があります。

たとえばユニクロは衣料の分野で躍進しましたが、かれらは衣料に特化して、海外で安く仕上げるなど、特化することで大手の隙をついて勝っています。

大手のスーパーなどでは、衣料だけでなく、食品も飲食も、色んなものに手を広げていると、トータルで起きくなりますが、特定の分野ではその分よわくなります。

衣料だけの特化すれば、それだけ大手の隙をついて攻め入ることが出来たわけです。

飲食業でも、大手のお店はだいたい多彩なメニューでお客を呼び込みますが、小さなところが勝つためには、何かに特化して打破しなくてはいけません。

「いきなりステーキ」などでも、ステーキに特化することで、色んな食材を仕入れなくて済み牛肉ばかりを買い付けるため、仕入れのコストを減らせます。

そして調理もステーキだけで簡単なため、料理人を早く安く雇う事が出来ます。

そのため大手の外食では色んなメニューを取り揃えていますが、ステーキだけという事で特化して攻め入れるわけです。

このように、小さなところが大手を責めるには、まずは小さく絞って、何かに特化していくと勝てる確率が高まるのです。

学問でも細分化して特定の分野だけに集中して掘り下げたほうが、その分野では第一人者になれるでしょう。

「代償の法則」から見える成果を得るための方法は、努力の積み重ねと、目的を絞って他のものは捨てるという選択にあると言えます。

関連記事





13 件のコメント:

  1. この宇宙は”自分が与えたものしか受け取れない”様に出来ているのですよね~。
    だから自分が与える方が先。

    (逆はない。有るとしたら、それは前世で積んだ自分の徳(=自分が人に与えたもの)からなのですが、人間は生まれる時に全部忘れてしまうので、繋がって考えられくて
    混んがらがるのですね~。)

    ”与える”というのも良質なものとそうでないものが有って、何か見返りを求めて努力するのは、最初に「もらいたい」が有るから、なかなか思う様な結果に結び付かない気がします。
    (自分が与えたものが受け取るもの=自分が打算的に与えたら、相手からも同じものを受け取ります。)

    だから私は純粋な動機 ”自分が楽しくてやりたいをする=自主・自立的” が、考えなくても自動的に相手に与えている行為に繋がっている様な気がします。(^^♪

    From ゲージュツカのおめめ㋱

    返信削除
    返信
    1. 自分に帰ってくるからとか、それが良いことだからするという次元から進んで
      純粋に相手のためになるのが嬉しいからそうするという段階まで行くとエゴが薄まって純粋な愛の行為に近づきます

      削除
    2. 本当にそうですね!
      最後は ”相手の為になるのが嬉しい=与えるのみ=奉仕” の精神に近づいて行きますね。それが自分の幸せだど気付く。(^^♪

      ただ人間はそこまで行くまでに、頭でやろうとしてしまう”偽善”になってしまう事も多いから難しいですよね。(本人には、その意識や自覚が無いからややこしい?でもやらないより、やって行く事が大事と思います。)

      「人の為、相手の為」と言いながら、結局自分の為にする行為に陥っていないかなど、絶えず自分の心を観る事を怠ると、知らず知らず欺瞞になっている事も多々あります。

      無心の真心で出来た時が本物ですね!(✿。✿)~♫



      From ゲージュツカのおめめ㋱

      削除
  2. 母から聞いた話。
    【清水の次郎長】
    人助けによって、死相が消え、自らの命を長らえたという有名な話。

    これも代償の法則ですか?

    徳を積め徳を積めと耳タコのように言われます(^-^;
    まぁ、この時代こういうことを教えてくれる人が傍にいることは、有難いことですよ
    ね!感謝 (^^)

    なんだか、今日夢に正幸さんがでてきたような気がしました…
    気のせいかしら (笑)

    いつも為になるブログを有り難うございます★

    返信削除
  3. 母から聞いた話。
    【清水の次郎長】
    簡潔にいうと、人助けによって、死相が消え自らの命を長らえたという有名な話。

    これも代償の法則ですか?(*^-^*) 

    徳を積め徳を積めと耳タコなほど、言われていますが、、^^;
    こういうことを教えてくれる人が傍にいることは、有難いことですね!感謝!
    今のうちに年の功に与っています(^^)

    なんだか、今日夢に正幸さん?が出てきたような…気のせい。 

    いつも為になる記事を有難うございます★

    そういえば、やっと(!?)小さなおじさんに私もイタズラされました? (笑)
     ( *´艸`)ププ
    少しはやさしくなれているのかしら。。

    返信削除
  4. ↑↑…(^-^;
    コメント消しちゃったと思っていたら、二度打ってました(;´д`)
    くどくて、ごめんなさい…チンチロリン

    返信削除
    返信
    1. 清水の次郎長のお話は存じ上げませんでしたがそうなのでしょうね

      有名なロックフェラー財団の創始者は、儲けることで人からの批判が多くて病気がちになったそうですが、富を社会へと還元するため慈善事業に投資しだしてから病も良くなったと聞いたことがあります

      夢に出てきましたか?
      小さなおじさんもでてくるようになりましたか
      にぎやかになりましたね

      削除
  5. いつも訪問させ頂きまして、ありがとうございます。

    私達は生きてるだけで様々な恩恵を受けたり赦しを頂いているので、自らもそれにお返しをすることでバランスが取れるのではないかと感じます。

    お返しといっても、難しく考えたり、何かを我慢するというのではなく、ただ自分らしく生き、幸せで在ること

    これは、宇宙の摂理にそったことであり、調和が取れることでもあると考えるからです。

    そう在ることで、自然と宇宙にお返し、つまりバランスをとって行けるのではないかと思うしだいです。

    幸せと感謝が更なる同様のものを引寄せるのは、そういったことではないかと感じているのです(^_^)

    返信削除
    返信
    1. 人は生まれてきてより自らの学びを得ていくのですね
      どれだけたくさんの学びをもって帰っていけるかを楽しみながら競走しているのでしょう

      削除
  6. 少しづつの進化、振り返れば新しく、良きかな、良きかな。

    返信削除
    返信
    1. 少しずつ進化していけたならよいですね

      削除
  7. 洪さんのメッセージは、いつも私へのメッセージのように読ませていただいています。まさしく、今の私にビンゴっていう感じ。有難いです。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      きっと必然があってこのブログに来られていらっしゃるのでしょうね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます