2018年7月11日水曜日

陰謀論の真実 ケムトレイルと新型ウィルスと闇側宇宙人の暗躍




陰謀論の真実 ケムトレイルと新型ウィルスと異星人


以前、新型鳥インフルエンザについて書いた記述で、SARSについても少し述べました


ロシアの生物学博士Sergei Kolesnikov氏は「SARSは違う種類の菌の混合したものだ、こんなものは自然界では見つからない、ラボ(研究所)にしか出来ないものだ」と述べていたそうです

これはSARSのウィルス遺伝子が、様々なウィルスの遺伝子を掛け合わせて出来たような構造をしていて、自然界で自然発生的に出来ることはありえず、ラボ(研究所)でのみ作り出されるものだという意味です

アメリカ等の陰謀論が囁かれたのですが、そうした生物兵器を創り出されるのは地球人類だけが高度な知性を持っていると考えられているからであって、実は地球外にある知的存在が介入しているのではないかとほのめかして書きました

あまり詳しく書くと不安に思われる方も出てくるかもと考え、また、証拠が無い話しでもありますので控えておりました

ですが、一般に知られることで、そうした悪しき介入は抑えられる可能性があります

なぜなら、そうした行為は、地球人類側に知られないことが条件で行われているので、一般に知られると出来なくなるからです

神々の対立と宇宙人の勢力 シュメール神話とグノーシス」の記事でも、宇宙人(異星人)が古代において神々とされていたこと、その神々にも、人類を滅ぼそう、あるいは災害を起こそうとする勢力と、人類を保護し、暖かく見守っている勢力のあることを述べました

近年ではケムトレイルと言って、飛行機雲に似た不思議な雲が目撃されて、その雲が新型ウィルスをばら撒いているのではないかとうわさされることがあります

ネットとかで騒がれている大抵のものは見間違いでしょうけど、ある病などはケムトレイルと関係あるのではないかと囁かれたりしています

ケムトレイルについても、アメリカの人口削減の陰謀ではないかと言われたりします

ケムトレイルは近年言われるようになったので、アメリカ等のせいにされたりしているのですが、実は、疫病が蔓延するまえに、怪しいガスや雲が目撃されるのは、古代から存在するのです

William Bramley氏はペストが流行した中世ヨーロッパについてこう述べています「ネズミが媒介する疫病は確かにあるが、ここまで大規模な流行の原因とみられるほどネズミが発生した記録がない。その一方でまばゆい光が霧をはき出しながら空を飛んで行ったという証言が当時の記録に多数残されている。」

つまり、ペストが発生する前には、光るものが空を飛んでいて、それが煙を吐き出した後に病気が広まったと言う記録がたくさんあるということです

さらに、「記録は中国にもヨーロッパにも存在する。古くはローマ帝国で流行したユスティアヌスの斑点、後のコレラ大流行の時代にも、疫病を運ぶ霧について似たような目撃事件が起こった。」と述べています

空を飛ぶ光るものというのは現代ではUFO現象ですね

古代の疫病の蔓延時にも不可解な霧のようなものが目撃された事実があるため、現代に騒がれているケムトレイルを単純にアメリカの仕業と結びつけるのは早計かもしれません

古代の神話等の記録では、神々との対立があり、そのうちの一方は、人類に災いをもたらし、人口削減をしようとする姿が描かれています

有名なところではノアの箱舟があり、記述では堕落した人類を滅ぼしてしまいます

ノアの話はシュメールに起源があり、旧約聖書では人類を助けようとした神と滅ぼそうとした神の話しがひとつの神として合わさっていて、これは一神教との整合性をとるために変更が加えられたのでしょうが、そのため神の性格がおかしくなってしまっています

旧約自体はこのように両者の性質が合わさったものですが、滅ぼしたほうの神(エンリル)を中心に編集がなされているように感じます

現代でもそうした対立は存在しており、メッセージを受け取っている者にも、実は怖いほうの異星人からの情報を受け取っている者も多数いるようです



エボラ出血熱と宇宙人の関係 過去最悪の規模で拡大する西アフリカ



2014年にエボラ出血熱という極めて致死率の高く、感染力の強いウイルス性の感染症が猛威を振るいました

西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの三国ではすでに729人の方が亡くなられたといわれています

エボラ出血熱は感染すると、全身から血を噴出して死亡するそうで、その血に触れると感染する可能性があるものです

どうしてこのようなウイルスが発生するのか?

現在では自然開発が進んで、未開の森林を伐採したため、いままで森深くに潜んでいたウイルスが、人間界に降りてきたという説明がなされています

ですが、以前にも書きましたように、宇宙人の中には地球のウイルスや人類について実験研究を行っているグループも存在します

そうした者たちが、かつては人類を裁き罰する神としてあがめられていたことがあります

モーセの出エジプトでも、エジプトのファラオがユダヤ人を解放しないため、様々な災いをもたらす様子が描かれていますが、そのなかに疫病と腫れ物の災いが描写されています

このように、人々に災いとして病気を引き起こす神の姿というのが古代から人々の間で語られてきました

中世のペストなどの流行期にも、病気が流行る前には空に光る物体が現れ(現代で言えばUFOとされるもの)たとか、異形の者が鎌のようなものを振り回し、その先から霧が出ていたという、現代で言えば霧吹き器を持った作業員を描写したような目撃例があります

ちなみに後者の目撃例から、髑髏に鎌を持った死神のイメージが出来たようです

これらの目撃例は、異星人によって病原菌が蒔かれたことを示唆するように思われます

宇宙人のなかにもポジティブサイドの宇宙人と、ネガティブサイドの宇宙人がいることを現しているでしょう

今回のエボラ出血熱についても、そうしたネガティブな宇宙人の関与と言うのも可能性があるように思われます

関連記事



1 件のコメント:

  1. 洪先生、お体大丈夫ですか?毎日の記事のアップは大変ですよね!本当にありがとうございます!でもあまり無理なさらないでお体ご自愛下さいね!

    洪先生の記事には真実や物事の本質が書かれてあって私たちは心の拠り所としても元気をもらったりとても助けられています。
    これから混沌とした時代が迫ってます!先生お体に気をつけてこれからもよろしくお願いします(^-^)

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます