2018年8月17日金曜日

成功するために必要なチャレンジ精神


人生で成功をしていくためには、持続したチャレンジ精神が必要です



何もせずにただじっと待っていては、人生の貴重な時間を浪費し、時がたつほどに成功の確率は下がっていってしまいます

知能も優れていて、才能のある人でも、自ら打って出て、チャレンジしていくのを恐れる人は多くいて、いたずらにチャンスを逃しています

「チャンスには前髪だけあって後ろ髪が無い。だから目の前を通った時にしっかりと掴まなければ、通り過ぎた後には後ろ髪が無いのでつかめない」と言われています

ここぞという時に動かなければ、時期を逃してダメになってしまうのです

ですのでチャレンジする精神はとても大切です

そしてチャレンジするためには、絶えずアンテナを張っていて、求めるものを追求していなくてはなりません

何も考えずにボーっとしていたら、よいアイディアが浮かんでくるという事は少なく、何かについて一生懸命に探求しているからこそ、チャレンジすべきものをキャッチできます

たとえばお店を開きたいと思っていたとしたら、どうすればそのお店は開けるかや、開いてからどうやって運営していれば成功できるかなど、たえずアンテナを張りながら考えておかなくてはならないでしょう

ポッと思いついて開いただけでは、やはり失敗しやすいものとなります

いつも考えているからこそ、いろんなよい情報を手に入れたり、アイディアが浮かんできます

そうしたアイディアの集まりを元に、開いていくわけです

アンテナをはっていることでつかんだアイディアを、どんどん試していくのがチャレンジになります

めんどうだからとか、そのうち手の空いた時にと思って、アイディアを閉まって置いても、せっかくの機会を逃して終わりになってしまいます

そのままの状態を良しとせずに、次々とアイディアを出して、それを実際に移すチャレンジをしていきましょう

もちろん、思い浮かんだものが成功するとは限りませんが、野球で言えば打席に立たなければヒットも出ないのです

絶対に成功すると確信するまで動かないのであれば、一生打順は回わって来ないでしょう

三振するかもしれないリスクを背負う事で、打席に立てるわけです

そして打席に立っても、失敗する事も多いですが、なかにはヒットを飛ばすものも出てきます

あのイチロー選手でも、打席に立っても、出塁するよりアウトを取られる方が多いのです

アイディアが浮かんだとして、それを実行に移しても、成功するよりは失敗する数の方が多いかもしれません

ですが実行しなければヒットも生まれてきていません

ヒットが出ればラッキーと思ってチャレンジし続けることが重要です

ですので億劫がらずに、失敗を恐れずにチャレンジしていきましょう

失敗する人のなかには、一つの事だけに集中して試してみて、それでダメになるパターンが多いです

たとえば一つのアイディアが浮かんで、それが良いものだと信じてチャレンジするわけです

ですが野球のたとえと同じように、一打席目で必ずヒットを打てるとは限りません

一つのアイディアだけ頼るのは、一打席だけに運命をかけるようなものです

そうすると成功する確率は低いでしょう

複数のアイディアを出し合って、その中でどれかがヒットすれば成功していくというように、いくつもの打席に立てるように考えていかなくてはなりません

あまり熱心に考えずに、場当たり的にチャレンジする人には、そうした一つのみに頼ったやり方をしがちであり、それが失敗のもとになっています

まずは一生懸命に取り込もうとしているものに集中し、アイディアや情報を集めて、それを逐次ぶつけていくのです

そうすると何割かの確率でヒットするものが出てきて、成功の道に進んでいくでしょう



↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます