2018年8月8日水曜日

津川雅彦さん死去 前世についてなど



俳優の津川雅彦さんが亡くなられたというニュースが流れました。ご冥福をお祈りいたします



五月には、その妻の朝丘雪路さんがお亡くなりになられていて、このブログでも取り上げさせていただきました

その時の会見でも、津川さんは鼻にチューブをされたお姿で出られていましたので、体調はよくなかったのでしょう

8月4日、心不全のため東京都内の病院で亡くなられたそうです。78歳没

津川雅彦さんといえば、伊丹十三監督の作品「マルサの女」で主人公の上司役を務められた姿が印象的でした

この役では日本アカデミー賞の助演男優賞も取られています

2014年の春の叙勲では旭日小綬章を受章されています

津川雅彦さんと朝丘雪路さんの長女が誘拐されるという事件も起き、誘拐当時、東京新聞から「売名行為の自業自得」などと心無い中傷記事を書かれたこともあったようです

津川さんはご自身のお子さんの誘拐事件から、北朝鮮による拉致被害者の奪還についても関心が深かったようで、啓発ポスターに起用されていました

政治的には保守的な意見をお持ちで、「みんなで靖国神社に参拝する国民の会」、「首相の靖国神社参拝を求める国民の会」の発起人も務めていました

映画『プライド・運命の瞬間』で東條英機役を演じる際には、東條家を訪れてお話を聞いたうえで役作りに生かしたといいます

その映画での演技ぶりは、東條の遺族に「まるで東條英機が生き返ったようです」と絶賛されたそうです

おそらく役者としての能力が高くて、霊的に東條さんが乗っかかってきていたのでしょうね

津川雅彦さんは徳川家の人物をよく演じられたと聞きますが、どうも前世では徳川家の中に生まれた事があったようです

将軍家とは違いますが、紀州徳川家など、すこし流れたところの徳川の大名だった時があります

朝丘雪路さんについて書いた時にも、大名家の娘さんだったことを書きましたが、その時にも夫婦だったように思われます

お二人とも前世では、身分の高い家柄に生まれていたようですね

うらやましく思わえっるかも知れませんが、それだけお家騒動やさまざまなトラブルに巻き込まれることもあり、波乱万丈な生き方をされるようになります

日本の国の将来を憂う、憂国の俳優さんでした



↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

関連記事


2 件のコメント:

  1. 俳優さんの過去世おもしろいですね。
    ハリウッドスターもご紹介いただけますか?
    トムクルーズからジャッキーチェンとか

    返信削除
  2. 「プライド 運命の瞬間」を以前に映画館で見ました。
    本当に東條英機大将が乗り移っているかのような迫真の演技でした。
    東條は戦争責任を追及され、悪玉として取り上げられることの多い人物ですが、昭和天皇を守り抜き、極東軍事裁判では日本の立場を正々堂々と発言するなど「100%悪だった」とは言い切れない部分もあると思います。
    開戦当時の首相だったということでいろいろな責任を押し付けられた部分もあったのかとは思っています。
    津川さんはこの東條英機を演じるに当たって映画人や小説家、左翼などにより妨害を受けたことを後年になり告白しています。
    そんな妨害にも負けずにこの映画が公開されたことは本当に良かったと思います。
    自分たちに都合の悪いものを抹殺する、という思想は異常です。
    我々はこの21世紀においても言論は封殺されたり操作されているということを頭の片隅に置いて置かなくてはなりません。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます