2022年12月14日水曜日

水木一郎さんの前世とワクチン接種


先日、アニメソングの帝王と呼ばれた水木一郎さんが亡くなられていたという報がありました

謹んでご冥福をお祈りいたします

通称アニキと呼ばれた水木さんは、NHKの『おかあさんといっしょ』という子供向け番組で、二代目のお兄さんを務めていたことがあったそうです

それでアニキと呼ばれるようになったと言われます

水木さんは数多くのアニメソングを歌われていて、有名な所だけでも、『マジンガーZ』、『バビル2世』、『超電磁ロボ コン・バトラーV』などがあります

ただ当時は、アニメソングに対する評価が低かったそうで、歌謡曲とは同じ土俵に立てず、どれだけ売れても音楽番組に出られなかったりしたそうです

ですが日本のアニメは海外でも評判が高く、日本のアニメファンが世界にいる為、アニキも呼ばれて海外で歌う機会も多かったようです

そして今年の7月には肺がんが発覚し、12月6日にこの世を去ります

同じころに俳優の佐藤蛾次郎さんも亡くなられたり、タレントさんで体調悪化で休業される方もいらっしゃいます

水木さんは少なくとも四回のワクチン接種をされていたとのことで、ひょっとしたらそれがガンを進めてしまったのではないかという懸念もあります

コロナワクチンを打つと、免疫力の低下が分かっていますので、それによってがん細胞などが増殖のスピードを上げるという事もあると思います

さて水木一郎さんについて感じたことを書かせていただきます

かつては西洋に生まれていたことがあったようです

オペラの劇をされているように感じます

どちらかというと喜劇役者のほうでしょうか

歌いながら劇をするようなことをしていたようです

そうした経験が今世でも影響していたのでしょうね


↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。
閲覧専用の方には、スクールと同じ記事が読める「ウェブマガジン」も開始しました。

関連記事



2 件のコメント:

ゆどうふ さんのコメント...

夏頃の時点では立って歌うことは一応できていたのを考慮すると、
4回目の摂取をして以降の病状の進み方は、明らかに早すぎですね。
11月になると車椅子の背もたれから上半身を起こすことも声を張り上げることもままならず、
ステージに長い時間、居続けることすら困難になるとは、スキルス性胃がんレベルの進行スピードです。

肺がんにもいろいろありますから一概には言えませんが、
ちょっと異常としか言いようがありませんね。

接種をガンガン人に勧めるようなツイートをしていましたが、
そのへんが悪いカルマにならないか、なんだか心配です。

匿名 さんのコメント...

リクエストですが、田中角栄の前世が知りたいのでよろしくお願いします。どう考えても、前世で徳を積んだような才能の持ち主だと思います。