2022年5月9日月曜日

「日本はいずれ消滅する」 そうならない為の対策


自動車メーカーの「ステラ」の創設者であり、最近Twitter社を買収した世界一の富豪とも言われるイーロン・マスク氏が、「日本はいずれ存在しなくなる」とツイートして話題となっています

マスク氏は7日、「当たり前のことを言うようだが、 出生率が死亡率を超えるような変化がない限り、日本はいずれ存在しなくなるだろう」「それは、世界にとって大きな損失である」とツイートしました

これは日本で少子化が進み、高齢化が今後も起こっていくことから、警告を鳴らしたものです

日本そのものが無くなるわけではありませんが、かなり国として衰退を見せるという事です

また、同氏は今年1月に「将来の日本の人口は6800万人にまで半減する。そしてたくさんのゴーストタウンとゴーストシティーが現れる」とも投稿しています

政府の試算では、2053年には、人口が一億人を割るだろうと言われています

2065年には8,808万人にまで減少すると推計されている

そうなると廃墟がたくさん出来、犯罪も増えていきます

人口が減っていくと、住む人も少なくなるため、マンションやアパート、団地なども住む人が少なくなり、空き部屋が増えていきます

そうなると都市機能がマヒしていき、犯罪などが増加していくと言われています

さらに政府の試算によると2065年には国民の約2.6人に1人が65歳以上の高齢者となられます

それだけの高齢者を、わずかな労働者で支えなくてはならないのです

わずかな労働者が、多数の老人を養わなくてはならなくなるため、税負担が増加を続け、優秀な若者は税負担を嫌い、海外に逃げ出していく恐れが高いです

そうなるとますます税金は高くなり、いっそう生活は苦しくなります

今のように年金で暮らしていくのも、やがては無理になっていくでしょう

高齢でも働かなくては暮らせないようになっていくはずです

今のままであれば、そうとう苦しい未来が待っていると思わざるをえません

これを回避するためには、何としても出生率を増やす政策をする必要がありますし、海外からの移住も視野に入れないといけません

子どもの数が多いほど、生活は苦しくなってしまいますので、政策面で支援してあげて、もっと子供を持つ世帯を楽にしていかなくてはなりません

そして減っていく人口を支えるためには、外国からの移民を受け入れを検討しなくてはなりません

ただこれは、日本人は外国からの移民を嫌う傾向があり、欧米などでも移民によるトラブルも増加しているため、なかなか難しい問題ではあります

こうした少子化を押しとどめ、人口を増加させる政策をとっていかなくてはなりません

また、もう一方の方法としては、高齢者にも働いてもらうという選択はあります

現在でもご高齢で元気な方は、働きながら生活している人もいますが、問題は体力が衰えたり、病気で体が自由に動かなくなったりすることでしょう

これを補うために、体力的な面を機械で補い、ご高齢の方でも働けるようにしていくことです

アシストスーツを着る事で、重いものも軽々と持ち上げられるようにしたり、作業が楽にできるようになれば、ご高齢の方でもまだ働ける分野は広がっていきます

農家の方などもご高齢の方が多くて、体力的にきつくなってやめる人が多いと思います

ですが、作業をアシストするような機械などがあったら、まだ続けられる方も多くなるでしょう

介護問題なども、高齢者が高齢者を見なくてはならなくなるなど、厳しい局面が増えていきますが、アシストスーツで軽々と持ち上げたりできるようになれば、介護も楽になっていきます

またAIを使った自動化も進んでいきますが、それらを監視したり、指示したりする仕事はあります

こうしたものは体力を使いませんので、ご高齢の方でもできるようになります

農業なども、この畑に今年は何を受けると計画したら、あとはAIに任せる事で、自動的にできるようになれば、ご高齢の方でも出来るようになります

そのように体力面をサポートする機械などを発達、普及させて、ご高齢者も働ける社会にしていくことです

おそらく日本では、少子化改善も移民受け入れも難しいでしょうから、こちらの方が可能性があると思います

ご高齢の方でも働けるような社会を作って、少子高齢化を乗り越えなければ、マスク氏の警告するように、未来には日本は消滅してしまう危機が訪れます

↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事




14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

日本の人口を構成する年齢の割合をみると、これから数十年後くらいまでは、人口比率が高い年齢帯が亡くなっていきますので、いくら少子化対策をしたところで、焼け石に水であることは、計算上変えることのできない事実です。

人口が少なくなることに適応していくような対策も必要であり、人口が少なくなることをメリットとしてとらえて、私達の次々世代くらいを見据えたときに素晴らしい国家にしていけるような長期目線のかじ取りが必要なのではないでしょうか。

移民は受け入れていくべきだと思います。今現在もどこかの国で、小さい子供から老人まで、唯一の望みとして祈りながら機会を待っています。過去に日本もいろんなことがあった時、日本から出て行った人たちを受け入れてくれた場所もありました。それを忘れてはいけません。人口問題と移民問題、これは、私たちがどうとらえていくのかの試練であるような気もします。

匿名 さんのコメント...

見る目がある人は解っているでしょうが、平和ボケも大概にしなければこの話題も案外笑えませんね。

匿名 さんのコメント...

日本の保守界隈は移民に対して結構な忌避感を持ってますよね。
そりゃー私も移民ウェルカムではないですが、しかし労働人口の減少は国力にモロに響いてくるので、やむなしかな…と思います。
雇用の数と環境と賃金が改善されれば、出生率も上がると思いますのでそちら方面から改善していくことを期待したいです。

匿名 さんのコメント...

イーロン・マスク氏は以前日本のテレビ番組、それもバラエティー枠でダチョウ倶楽部の方と共演してたことが印象にのこっております。

お笑いは日本が一番面白いと言っており、日本から取り寄せたお笑いを密かに観ていそうな感じでした。

イーロン・マスク氏は日本を大切に思ってくれる人かもしれませんよ。

匿名 さんのコメント...

先月娘に3人目の子供が生まれました!この厳しい時代に娘夫婦を両親に選んできてくれた孫ちゃんたちに、心から感謝しています。
そして私たち家族も、陰になり日向になりサポートしていきたいと思っています。

話は変わりますが、3人目の孫ちゃんが生まれるにあたり、私の勤務先にその旨を伝え「忙しい時期に申し訳ないのですが」と一言添えて出産後の世話の為の休暇を申請した時のコトです。
勤務先での一番上の責任者の工場長が、「また産むのぉ!?」と迷惑そうに一言。ですが私は何も悪いことをしていないので「すみません」とは言えませんでした。
勿論、無理に「おめでとう」と言えとも思っていませんでしたよ。
その後も、
「こんな時代にそんなに産んでどうするの!?何にも役にも立たないのに」「役に立つまで20年かかるじゃん」と耳を疑うようなコトを言われました。
1人目2人目の孫ちゃん達は1歳半の双子でまだ手が掛かり、退院して数日は娘に無理をさせたく無かったので休暇を申請したのですが、「あなたの他に頼める人いないの?」「旦那の親は何してるの?」と。休暇と言わずその日のうちに辞職を申請しました😊

ただの愚痴になりましたが、言いたいのは今の日本では余程環境が揃わない限り、子供を産んで育てる事が難しく思ったというコトです。

環境のなかには金銭的な事も含まれます。また、今回の件のように子供が生まれる事にネガティブな人がいたり、個人主義の方も増えているように感じます。
子供たちの声がうるさいと保育園に怒鳴り込む老人や、交通機関のお子様連れでの利用を迷惑がる人たち。

おまけに先進国とは思えない安月給で、税金だけはキッチリ取られるこんな貧困国では、子供を産んで育てる希望も意欲も失せていきますよ。

まずは国政、地方自治体の行政から大きく変えなければならないのは、ずーっと言われているのに何も役に立っていないです。
ならばその国政を任せる人たち、政党がゴッソリ入れ替わってみてもらうしかないですね!

そして、日本国民が魂レベルで善悪を見極める物差し、所謂思想的な啓蒙も必要な時代だと思います。

生まれてくる子供たちに、素晴らしい『日本』を残してあげたいです😌🙏

匿名 さんのコメント...

ネズミのユートピア実験と全く同じ経過をなぞってますねえ…
高齢化と無縁な社会は移民で成り立つ国や高い乳児死亡率と低い平均寿命の国ばかり。
社会より個人の自由や生活の質を大事にするライフスタイルのもたらす必然の結果でしょう。

移民もイヤ高齢者負担もイヤとなると思いつく穏当な解決策は
法定寿命を定めて65歳になったら国民皆安楽死の義務を負うとか
ディストピアめいた施策くらいしか思い当たりません。
施行直後に一次産業は壊滅、匠の技術も消滅するけど仕方ない。
破局変動を乗り越えて若者や中年が社会層の大半を占めるようになれば
ベーシックインカムの導入など思い切った政策も現実味が出てくると思いますが…

実際のところは、生活の質を落とすことに耐えられない国民がそれを望まない以上、
何のコンセンサスもないままズルズルと破局を先延ばしにしたあげく
なし崩しになだれ込む移民で日本の国体が変質するのがオチでしょう。
自分たちの責任で何かをやるよりも、これまでそうしてきたように
外部の圧力に変化をゆだねる道を日本人は選ぶと思います。

匿名 さんのコメント...

マスク氏って信用していい人物なのでしょうか...?教えて欲しいです。

匿名 さんのコメント...

移民が増えても、子供はハーフばかりになり、いつしか純粋な日本人は無くなる…なんて可能性もありますよね…
政府はなぜ放置したままなんでしょうか。
食糧自給率だって昔から言われてましたが、何もしないまま何十年。

匿名 さんのコメント...

イーロンマスクさん誰も言わない言いにくいことを言って頂いてありがとうございますという気持ちです。
今の日本には良い部分があまりないと思います。並大抵のお金持ちではないので唯物論の人たちにも気付きがあるといいです。世の中はどんどん動いていってるのですね。

匿名 さんのコメント...

いつもありがとうございます。
私もマスク氏について、洪さんの見解をお聞きしたいです。
これから、Twitterをどうしていこうとの思いがあるのでしょうか?

匿名 さんのコメント...

イーロン・マスクのこの発言は気になっていました。
普通に考えれば何らかの革新が起こらない限り、手遅れですね。
それは、電卓を叩けば分かることなので、政府も分かっていたはずですが、面倒なことは見てみないふりをするのが凡人で、人気取りをしないと選挙に勝てない仕組みの人達が、運営側に回るとこうなるという見本でしょうか。
日本が世界を牽引して行けば、もっと住みやすい平和な星になったのではないかと確信して止まないですが、この星は少々難易度の高い星なのでしょう。
正義が簡単には成立しません。
日本が今後も発展繁栄してもらいたいですが、舞台の変わらないお芝居は成立しないので、そのうち次のなにかに舞台の中心は代わっていくのでしょう。ただ、世界の人が憧れた国の1つとして確かにこの日本という国があったと語り継がれていくであろうと信じてやみません。
しかし、日本人が目覚め、ここでもうひと踏ん張りして欲しいと切に願います。

匿名 さんのコメント...

この間オリラジのあっちゃんもYouTubeでこのトピックを取り上げたましたね。お金や私欲のためではなく本当に日本を良くしたい頭の良い方にトップに立っていただきたいです。

匿名 さんのコメント...

YouTubeで大津秀一医師が、ウクライナ人が持ち込んだペットから日本でも狂犬病が発生するリスクがあると言っていました。(犬の隔離政策を緩くしているため)
狂犬病ウイルスの潜伏期間は、1~3か月、長いと7年、発症したら致死率はほぼ100%だそうです。
ほぼすべての哺乳類が感染するそうです。

匿名 さんのコメント...

教育(教科書でのプロバガンダ問題)、人口、経済、政治、外交、どんな角度から今の日本を見ても、日本は変わらなくてはいけない、ということしか見えてきませんね。現状のままでは、まず無理でしょう。根本から変わるためには、大きなきっかけが必要でしょう。それが、大災害なのではと思わずにいられません。日本の大きな浄化。神の慈悲なのではないでしょうか。古い建物が立ったままでは、新しい建物は建てることはできません。戦後の復興が目覚ましかったように。危機に陥らないと、目覚めることができないことは、情けないですけどね。