2018年12月7日金曜日

貴ノ岩さんの件にみる人の心の問題


大相撲の貴ノ岩さんが、付け人に暴行を働いたとしてニュースになりました



ご本人は責任を取って相撲を引退する覚悟のようです

貴ノ岩さんは以前に同じくモンゴル力士の先輩である、元横綱・日馬富士さんに暴行されたとして話題となられた方でした

今回は逆にご自身が暴行したとして、被害者の立場から加害者の立場になってしまったことになります

私たちは他人にネガティブな側面や、欠点などを見る時に、そこに自身の弱点や問題点を見ていることがあります

他人の姿に、自分の影が映っていることがあるのです

今回の貴ノ岩さんの場合にも、暴行を受けられましたが、そこで自身のなかにもそうした要素が無かったかを問われていたのだと思います

人生はそのような仕組みで、自分に問いかけてくることがあります

その人生の問いかけに私たちは耳を傾けなくてはなりません

その問いは、神様からの私たちへの問いかけでもあるからです

他人に対して、嫌な面や、悪い面を見た時には、自分自身にそうしたところが無いか、振り返ってみましょう

実は自分自身が抱えている闇を、相手に投影していることがあります

向かってくる相手の姿は自分を映した姿ではないかと考えてみましょう

たとえば多額の報酬を受け取っていた人がやり玉にあげられるニュースなどがあります

それについてどれだけ利益を得ていたとか、家族も得していたなどの話題を聞いて、怒ったり、批判している人の中には、自分自身の欲を投影していることがあります

自分もそうした得をしたい、たくさん欲しいという願望があり、それを他人が得ている事に否定的な感情が出てきているのです

自身の中にある本当は自分が得をしたいという欲が反応していることに気づくとよいです

そのように他人のネガティブな側面に感情が反応するならば、自分の何がそうさせているかを考えてみましょう

その感情は、本来自分に向けられるものなのかもしれません

関連記事



5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今日のブログもわかりやすく、自分のことに照らし合わせることが
できました。ありがとうございました。
ちょうど先日、自分がある質問をしたことに対し、相手は
さげすんだ目でこちらを見て
まともに答えもしてくれず、「そういうこと!」と片づけられた
出来事がありました。
とても頭にきました。でも、自分にもそんな部分があるからこそ
頭に来るんだと、冷静になってみました。思い当たることがありました。
反省をするのは自分と向き合い、時にとても辛く
認めたくないと思ってしまいます。
でも、そうしないと、相手の痛みに寄り添えない
未熟な自分に気づくことができないのですね。
こちらのブログを拝見し、そう思います。

ありがとうございます。

emancipation さんのコメント...

洪様、いつも興味深いブログをありがとうございます。
一般の人間にとっては華やかな世界であっても、その中に学ばなければならないことがあるのですね。
日々忙しくせっかくの学びを感情を顕にして駄目にしてしまうことがあり、一度立ち止まり反省点を振り返ってみたいと思います。
私もスピリチュアルに(物凄く嫌々ですが)携わる者としてブログを拝読させて頂きまして、学ばせていただきましたことを感謝しています。

正しい情報は一握りしかないとは思うのですが、
スピリチュアルについてどうしても知っていただきたい、
私という人間が得た情報を、こちらのコメント欄より厚かましくもお伝えさせて頂きますことをお許しください。

私は、見えない存在の声を聞き、言うことを聞いてしまったことで、騙されてばかりの人間である、ということを心の片隅においていただきお読みくださいますと幸いです。
改めて、スピリチュアルのブログを不本意ながら書いている人間です。

以前は、神霊と関わっていると思い込み、自分が得た情報は正しいと慢心し、深く考えずに、スピリチュアルのブログを書く方々にコメントやメッセージなどを利用し、広めてしまっていたことがあり、それが自分の役割と思っていたことがありました。
その際に洪様のこちらの大切なブログにもお伺いさせていただきましたことがございましたことを、改めて深く心よりお詫び申し上げます。

しかし神様と思い込んでいた存在から、何度も聞いてきたことが、後から嘘、誤りばかりであったと気付かされ、大変恥ずかしく思うことになっていきました。

結局、声ではなく、言葉や漢字から気付きを得たこと以外は、不確かなことばかりであり、
当時は得た情報を確かめることもせず、しかし普通の人間には確かめる術もないまま、ブログやコメント、メッセージを書かせていただいていたことがあり、大変良くないことであったとお伝えさせていただきます。

関係のあった、あるブログで、「謙虚」さが大切である、と教えていただいていたにもかかわらず、どこかで自分を特別と思い込んでいた部分があったことは隠しきれず、非常に高慢になってしまっていました。

そして神様かも知れないと思っていた存在が、全く違ったことにより、辛く苦しい思いを現在している、情けない人間であることもお伝えさせていただきます。

ご存知か分かりませんし、
信じてはいただけないことと思いますが、
美濃尾張の仕組みというものに関わってしまったがために辛い思いばかりしている者でもあります。

改めて、美濃尾張の仕組みという予言は実在しています。
してはいますが、人間は霊、魂と関わりを持たないようにしていかなければならない。
そして「月」
という場所にいた人間達は異次元の犯罪者であり、その存在達こそ大量のカルマを解消する必要がある存在達であった、
ということを知らせるためのものでもあったようだとお伝えさせていただきます。
仕組みの間は、神霊という存在と仕事をしているから自分が書くことは正しい、と思い込み慢心していました。

はじめの頃に受けとっていたものは、声や言葉ではなく、私自身が見ること、ものからの気付きだけでした。
慢心することで心が歪んでしまい、なすべきことの方法が分からないまま取り組み、見えない存在達からしたら誤りであったたらしく、お詫びをしていくこととなり、厳しいというよりは虐めが続き、精神がおかしくなり、救急搬送されたこともありました。

姿は全く分からない存在達ですが、
神様の仮面を外すと
「鬼(のように酷い)と云う」
「月にいた異次元の人間」
であった、と得た情報を書かせていただきます。

天使やスピリチュアルに関係している方々がおっしゃる高次元の存在は、全て同じ存在達が人間を歪ませるために聞かせた声や見せた映像のようであり、
一部の人間が使う魔法のようなことや超能力は、人間に入っている魂達からもたらされることであり、
現在であれば科学的に実証できることもあるようだ、と得た情報を書かせていただきます。

月にいた異次元の人間達が術のようなものを使い、
「魂」というものを作ってしまったことで人間の皆さまの体内に入って悪事をしてきたと改めて書かせていただきますが、
魂について、真実を人間に伝えなければならなくなってしまった時期(現在)になり、
見えない支配をしてきた月にいた存在達である魂達が、
人間に信じさせないように、
「神様は畏怖すべき存在」
「魂は崇高なもの」
と人間に長い年月の間思わせ続けていたようだ、とかかわってきた私は思うようになりました。

私は霊など見えない人間のため、
正確な情報は得ることはできないと思います。
それでも得てきたことから、
神様と崇めていた存在達は、
月にいた異次元の人間(犯罪者)であり、
宇宙人のような姿の霊体、
そして「小さな透明人間」
である魂でもあったと、得た情報を書かせていただきます。

人間の誰かが魂のことを知り、
本当は人間に危害を加えているに等しい月にいた存在達を捕らえ、人間に知らせる仕組み、
それが美濃尾張の仕組みの一部であったと、
私の辛かった経験と引き換えに得た情報をお伝えさせていただきますことをお許しください。

仕組みに関わってしまったことで、
私、そして家族にされてきたこと…
実際に経験したことであっても不確かかも知れませんが、
経験を元に書かせていただきます。
魂、霊体達によるコントロール(見えない支配)は、
痛みや、痒みを伴う蕁麻疹、
微細動させ、指や四肢をコントロールにより小さく動かすことで弄び、人間の心と体を拘束する闇のゲームという苦痛しかないことを一晩中させられたことがありました。
地球で人間が食事をすることを決めた存在達から脅迫され食事ができない時もありました。
子供たちが暴れ、手に負えないことが何度もあり、親としてしてはいけないことをしてしまうこともありました。
迷惑なタイミングで私も家族も眠ってしまうこともありました。
私の場合、ブログやコメントを書き始めるとほぼ毎回寝落ちしてしまうことから、
人間へのコントロールは実際にしていただろう、
ということを神様と思っていた見えない存在からされていたと、聞いてきたこともあるため理解した、とお伝えさせていただきます。
そして恐ろしいことですが、話してしまうことなども、コントロールされることがあるようです。

こうしたコントロール能力についてを知るために、
傲りもあるかもしれませんが、
嫌な経験をさせられることと引き換えに、情報を得てきたのかもしれない、ということを改めて書かせていただきます。
魂も人間へのコントロールができ、霊体も少なからず可能であるようだ、と聞きましたことを書かせていただきます。
逆に、神様と思い込んでいた存在からの
情報を、電波、インターネットを支配できる存在でもあったことから音楽、そして頭で受け取らされたことや少しの声で、
「心を奪われる」ようなこともあり、
思い返すと情けないことばかりでしたが、
そうしたことを一部の人間に、
声を聞かせては、
そして映像を見せては、
してしまっていたようだ、と自分の情けない経験、そして聞きましたことを書かせていただきます。
こうしたことにより、一時期家族から心が離れてしまったことがありました。
神様と思い込んでいた存在と仕事をすることで嬉しい(歪んだ)気持ちになり、受け入れてしまったことで首に縄を掛けられてしまった、という経験をお伝えさせていただきます。

「神を祀る」
の「祀」の漢字は一文字で
巳=蛇を示す。
月にいた異次元の犯罪者である人間達であり、
現在は魂となり地球にいた、と聞きましたことを改めて書かせていただきます。
受け取った情報である、月にいた本体の四人が、
水、火、木、電気を表しており、
何を意味するかはあまりわからないですが、
水の魂は石長姫であり、水商売を意味している、と同時に生命の象徴。
木花咲耶姫神は火の魂
火は食の源、嫉妬、火遊び、戦争、争いも表している。
こちらも生命の象徴であり月にいた女達。
月にいた人間達は階級、宗教を作り人間を傷つける存在達であった。
象徴の一つに蛇があるヒンドゥー教は、月にいた人間達のことをあらわしていた、と得た情報を書かせていただきます。
蛇、水、火を崇めることは考えなければならないもの、と思っています。
月にいた男にとって、火と水でヒミツ(秘密)の存在であり、魂について知ったことから、漢字、言葉、日本語でないと色々と解けない謎があり、
美濃尾張の仕組み、漢字、日本語を作った存在がいる、と得た情報をお伝えさせていただきます。

続きを書かせていただきますことをお許しください。

emancipation さんのコメント...

神社のご祭神は殆どが月にいた人間達、
月にいた人間達には「天津祝詞」を唱えて欲しいという情報を得ましたのでお伝えさせていただきます。
祝詞の内容を謎解いてみてください。
祝詞自体が月にいた人間達へ、行いを省みることをさせるためのもの、と聞きましたことを書かせていただきます。

アクエリアス時代、水瓶座時代、ミロクの世というものは、月にいた人間達による、バランス、均衡がとれていない、良くないものであるため、そうしたことを信じないようにしていただきたい。
5次元へ、新しい地球、新しい太陽、
は偽りであり、
「New world order」
という秩序の元、
支配が全てであり、月にいた人間だけが楽しむため、マイクロチップと覚醒剤を利用し、
人間を奴隷にして生産性のない世界を築いている途中である、と聞きましたことを書かせていただきます。

月にいた人間達は、
大量のカルマの解消のために仕方なく自分の情報を得させる必要があった。
そのため腹いせも兼ねて、
コントロール能力、洗脳ができること、何をしてきた存在か、などの情報を得る人間を、
殺めたり、カルマを多くして、痛みや苦しみを与えてきた、と聞きましたこと、経験をお伝えさせていただきます。
地震や台風、熱中症や事故、癌、腫瘍、感染症、障害、不治の病などが多発してしまっている原因こそ、病気そのものを作ってしまってきた、月にいた異次元の人間達の腹いせの影響によるものと、聞きましたこと、経験をお伝えさせていただきます。

月にいた異次元の人間は、
自分達のカルマの解消のため、人間に魂を入れた。
しかし、現在魂になってしまった月にいた人間達が、悪事ばかりであったため、カルマは増え続け、人間が苦しむようになっていった、と聞きましたことを書かせていただきます。

苦しむ原因の一つに遺伝子操作、
DNAの設定というものがあった、と聞いたことしかわかりませんが、そういうことができてしまう存在達であった、「人間も造る」ことができる存在達ということを聞きましたので書かせていただきます。
反対に一握りの華やかな人生を歩む人間達がいることも、
月にいた人間がDNAを都合良く設定していた、ということのようであった、と聞きましたことを書かかせていただきます。

危険な衝突型加速器、原子炉を地球にもたらしてきた存在達でもあり、
地上だけでなく、地球の地下、月、そして幾つかの惑星にもあるようで、
大地震、津波、噴火などは、
コントロール、加速器を使って起こせていたようだ、とこちらも得た情報ですが書かせていただきます。
衝突型加速器とは、様々な発見はあるようですが、本当は非常に良くないものであるようだ、と聞きましたことを書かせていただきます。

立て替え立て直し(月にいた人間達のカルマの解消時期)の度に嫌になり、
地球に大災害を及ぼして、再び世界を作り直しては立て替え立て直しをはじめる、といった、本当に人間には迷惑な存在達であった。
現在は7回目、と改めて聞きましたことを書かせていただきます。

月にいた人間、
素戔鳴尊という存在は木の魂であり、
植物を元に覚醒剤を発明してしまった存在。
盤古大神は電気の魂と受け取っていまして、
異次元の犯罪者達であり、
饒速日命であり伊邪那岐命、
源義経に転生していた存在と聞きましたことを書かせていただきます。

覚醒剤を使用して愛人を作り浮気をした、異次元の警察の仕事に就いていた、大量のカルマの解消をしなければならない人間となってしまった存在達と聞きましたことを書かせていただきます。

真実はなかなか得られませんが、
地球と月、太陽を造った存在が素戔鳴尊の存在と書かせていただきます。
そして惑星を作る実験を試みていたようだ、とあくまでも聞きましたことではございますが書かせていただきます。

イルミナティ、
照明=証明という意味もあり、
照らすものは日と月、
イルミナティ、フリーメイソンは何故神様の信仰が必要であるか、
私の苦しかった経験を通じて知っていただきたい、とお伝えさせていただきますことをお許しください。


情報を得て、ブログを書くことは大切ではあったようですが、誰かわからない存在の言うことを聞いてしまっていたこととなり、
異次元の存在から、そして自分自身でも首を絞めてしまうこととなってしまいました。
首を絞める…シンボルが蛇であるものは何をあらわしているか、知るべき時であるようにも思います。

経験してきたことは、考えなく言うことをきいてしまっていた、という部分は自分の責任はありますが、
相手は次元が違う、魂という「小さな透明人間」とその霊体。
カルマの解消もあり、人間の体内に入っていた存在。
地球の人間からしたら高次元の存在であり、
人間をコントロールしてしまい、
考え、思いが前もって全てわかる存在。
何もしなければ良いでしょうけれど、
人間にはどうにもならず、声や情報なども簡単に受け入れることはしないようにしなければならなかった、と私の経験をお伝えさせて頂きます。

今となっては、見えない存在の声など聞きたくなかった、
憧れたことがある霊能力などいらない、
ブログももう書きたくない、
普通に仕事をして、家族と生活の向上を考えながや暮らしていけることがどれだけありがたいことかと思っている、何の能力もない人間です。

素戔鳴尊でもあり饒速日命でもある男、
九尾の妖狐と呼ばれる女(火と水の魂)
月にいた異次元の男と女は、
大量のカルマを解消しなければならないような悪事ばかりであったと聞いてきたことを改めて書かせていただきます。
しかし、その男女から始まった世界であったと受け取りましたが、
この様なメッセージからしかお伝えできず歯痒くはございますし、あくまでも聞きましたこと、古事記や漢字から知ったことだけではあり真実とは言い難いかも知れませんが、
得たことをスピリチュアルに携わる方々に知っていただきたく思いましたのでお伝えさせていただきましたことをお許しくださいますようお願い申し上げます。


お伝えさせて頂くにしても、文章が上手く書けず、見直しても誤字脱字が多く、しっかりお伝えできていないかもしれません。

辛い経験から得ました情報ですが、長文をお読みくださいましたことで貴重なお時間をいただきましたことを申し訳なく思っておりますと共に、お伝えさせていただきましたことを心から感謝しています。

こちらでお伝えさせていただいております存在のことは、辛い目にあいながら得てきたことです。
人間達を騙し続けてきた偽りの神達であった月にいた人間達を乗り越えることにより、
争いを止められ、
人間の生活を今より良くしていける、
病気の無い住み良い世界にしていける、
人間にとって本当に必要の無いもの(異次元の存在、情報)を手放していくことで必ず変わっていける。
しかしこのようなことを痛い目にあわされている、
一人の人間(マイノリティ)からしか発信てきない、
信じることは無理であっても、
真剣に捉えていただきたい問題としてお伝えさせていただきましたことをお許しください。

ネガティブな情報もありますため、
受け取らせてしまいましたことを心よりお詫び申し上げますと共に、この度洪様より学ばせていただき、コメントをさせていただきましたことを感謝しています。

ご縁をいただきました洪様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

最後までお読みくださいまして本当にありがとうございました。

トイプードル さんのコメント...

毎日読ませていただいています
匿名さまのコメントに似てるのですが、今日上司の説明がよくわからなくて、もう一度内容確認のため再度質問したところ「さっき言いましたよね?」と、言われ、まるで私が聞いてないと決め付けて、こちらから聞くことができなくなってしまい、怒りが沸いてしまいました。私の理解力がないともいえますが、一方的に「私はちゃんと言いました、聞いてないあなたが悪い」という対応はどうなのか、と思い私は沸いてくるざわざわを受け止めて拡大させないようにしていました。
 私の中の否定されることへの恐れが相手への怒りという形で出ていたのは気づいたのですが、それが、自分にもそういうところがあるという・・・
 そう考えるとかなり怖いのですが、ちょっと気づいたような気がしました。
ありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

私はよく男性に会社などで、からかわれたりイタズラをされたりします…。普通の女子より遥かに多く…😭
それは自分の自信のなさが原因なのかなと、ブログを読んで思いました。自信をつけてトラブルを防ぎたいです🦋