2018年12月27日木曜日

韓国レーダー照射の問題

先日は韓国軍の駆逐艦が、日本の自衛隊の飛行機にレーダー照射をしたという事件がおこりました



このレーダーは火器管制レーダーというもので、言ってみれば銃口を向けて引き金に指を置いている状態のようなものです

大変危険な行為のため国際的にも禁止されている行為です

これに対して韓国ではころころと説明が変わってきています

はじめはそうした事実は無いと言っていましたが、北の遭難船を探す目的でレーダを使ったが火器管制レーダーは使っていないとなり、そのうち自衛隊機が低空飛行で威嚇したので火器管制レーダーを照射したと言っています

今はまたレーダーは使用していないと変更した発言をしているようですが、日によって説明が変わるのでよくわかりません

たいていは嘘をついている側は説明がころころ変わるものなので、韓国側は嘘をついているのでしょう

自分たちの行った行為を、日本のせいにして逆に批判している感じも受けます

こうした危険な行為のもとには何があるでしょうか?

韓国の、おそらくは大統領の周辺では、日本を悪者にして、攻撃することで支持を得ようとする思惑があるものと思います

先般の徴用工問題でも、日本への賠償支払いに対して、韓国政府は黙認しています

賠償金は韓国政府が受け取っているわけですが、日本につけを回そうとしているようです

そのように日本を悪者にしていって、それを韓国の大統領周辺は、自分たちの支持に回そうとしている思惑があるのでしょう

今回はレーダー照射で威嚇していきしたが、そのもとには、以前に中国軍から同様の行為をされたことがありました

その時に日本の政府は特段の措置を取らず、放置した過去があります

こうした過去の行為が、今回の韓国にも、日本にはレーダー照射しても何もカウンターは無いだろうという思わせた可能性が高いでしょう

「日本にはこうした危険行為をしてもよいのだ」という誤ったメッセージを送る結果になっています

日本は感情的に反応する必要はありませんが、事実あったことを世界的にも公表し、相応の制裁などの対応を行い、正式に謝罪してもらうようにするべきです

あいまいに放置していては、また同様な行為や、さらに危険な行為へと発展する可能性もあります

過ちは正して行くことも、相手のためにも必要なことです

子供が不良行為をしても黙て見過ごすことが愛情ではなく、その子の将来のためにも、過ちを正し、どうすべきかを教える事が本当の愛情でもあります



↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事


2 件のコメント:

  1. 今年一年、目まぐるしい程、何故そんなに急ぐか?と思える程に法改正がなされました。そんな中で、水道法改正について取り上げて頂けませんか?水は私たちの命です。危機感を感じます。

    返信削除
  2. いつも国会前などで「戦争反対」と叫んでいる方々は、
    今回は、なぜかスルーですね。まったく理解できません。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます