2014年4月11日金曜日

ネガティブから偽メッセージを受け取る霊能者・チャネラーの特徴

(ちょい悪猫)


霊的に敏感になっていくと、様々なインスピレーション等のメッセージを受けやすくなり、そのため普通の人より危険なところが増えてしまいます

今回は偽インスピレーションを受けている方の特長について感じたことを書いてみます



1、慢心する

ひとつめは慢心してきて、何かを自慢するような言動が多くなります

例えば、自分には特別な使命があると自惚れたり、偉大な前世や宇宙からの使者だと思い、もともと偉いのだと勘違いするようになったりします

まわりから偉い人だと思われないと気がすまないようになってきます

偉い大天使や神様からのメッセージを受け取っていると自惚れてしまい、実はネガティブな存在からの情報であった場合に、慢心していると、それに気づかなくなります

2、反省できない

慢心してくると次には反省が出来なくなります

自分が悪いとは思えないようになってきて、理解できない回りが悪いとか、周囲の責任にしてしまうようになります

素直さが無くなってくるということでもあります

そうならないために、自分にとって不本意な出来事が起こったとしても、それは自分に何を教えようとしているのか、そこから学べることは何かと考えて、絶えず向上の足しにするのがよいと思います

3、他人や世の中が悪く見える

これは昨日の小保方さんの問題でも述べましたけど、ご自身の側に暗い闇があると、それを自分では認めたくないため、他人に投影するようになってくるのです

ですので、ネガティブからの影響が強くなった方は、やたらと他人を悪く言ったり、人が悪人に見えてきます

実際はご自身にそうした暗い面があるのですけど、それを認めるのが辛いため、他人の中にそれを見て、一生懸命に批判してくるようになるのですね

もちろん間違っているものに指摘しておくこともありますけど、客観的に見ていて批判ばかりになっていないか、偏ってしまっていないかを判断すべきです


思い浮かんだことを書いてみましたけど、大体このような特徴がみられるかなと思います

参考にしていただけたら幸いです

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

14 件のコメント:

  1. 神人合一したと自称される様な方は、「この情報は俺が世界初!」と自慢する方が本当に多いです。

    それを聞くと私は「叡智というのは元々宇宙に漂っていて、すでに在るものなのに・・・」と思うし、何て人間は”井の中の蛙”なのかと思います。

    そしてそういう方は、正体を見抜いた相手にヒステリックになり、異様に責め立て来るのも特徴ですね。

    言う事に矛盾が有っても気づかないし、人に言う事をご自分では実践できていないのも特徴です。
    (非常に自分に都合の良い思考をする癖も。)

    ご自分では気付かず魔境に入り、傲慢病に陥いった人間は救いようがないのかな?と勉強します。(自分で気付けなくなるのは本当に恐ろしいですね。でもそれは欲心が強い故なのでしょうね。)

    そういう方は死んでから気付くしかないのでしょうか?
    死んでも気付けない方もいらっしゃるのでしょうか?

    でもこれは、私達も例外なく陥るかもしれない境地でもありますから、、お互い慢心は禁物ですね。

    返信削除
    返信
    1. 亡くなられても、大抵は考えはそのままであるようです

      ですので生前に思いを改められるというのは喜ばしいtことですね

      削除
    2. ・・・という事は、人間は生前にしか改める事が出来ない?

      だから生きている人間に何とか助けてもらいたいと、彷徨ったり、すがる霊という存在になっちゃうのですか?

      削除
    3. 亡くなった後でも悔い改めることはあるでしょうけど、なかなか難しいようですね

      ですので、この世の一年が、あの世の十年くらいに匹敵するとも言われています

      削除
    4. ひゃ~~~ぁ!!
      じゃあ、やっぱり生きているうちに頑張らねば!?(笑)

      削除
  2. 洪さんが書かれているのはネガティブ系でも神様成りすましができる程の怖いクラスのことですよね。。。

    チャネリングは宇宙へのインターネットだという話を聞いたことがあります。
    ネットで話している相手が本当のことを言ってるのか嘘を言ってるのか自分で判断するしかないのと似ているかもしれないですね。
    思考や想念はエネルギーなので宇宙に向かって筒抜けだとも聞きました。
    自分が発信した思いを受信する側もポジティブ・ネガティブどちらとも言えない存在も多いとか。
    宇宙の存在=高次の存在or邪悪な神様成りすまし的存在だけではなく、一般的な地球人と変わらないレベルの宇宙人もわんさかいて、悪意を持ってるわけではないけれど話が通りやすいから天使の名前を騙るとか、ちゃんと質問には答えてくれようとはしてるけど都合の悪い部分は嘘をつくらしいです。

    それと高次のポジティブな存在でも受け取る側のキャパシティの問題で嘘を混ぜることもあるとか。
    そのまま伝えると受け取る側に理解できないので嘘を混ぜるけど最終的に伝えたいメッセージには偽りなしというややこしい展開に…

    個人的には
    地球人と同じようなレベルの宇宙人とネット感覚で雑談ができたら楽しいのにと思いましたw

    返信削除
    返信
    1. ネットで様々な大天使やら偉い神様などの名前で受け取ったとするメッセージを載せておられる方もいらっしゃいますけど、たいてい中身の無い内容であったり、どの存在も同じようなことしか言っていないものなどあって、あまりレベルは高くないのかなと感じることはあります

      ポジティブな存在であっても、たとえばキリスト教圏では輪廻の思想が浸透していない地域では、そうした輪廻は無いと方便で言う場合もあるでしょうね

      削除
  3. 自分の外に観えるものは、即ち自分の内面であると思います。
    外で起きていると人間は錯覚していますが、全ては自分の内部(脳内)で起きている事なのだと。

    ポジティブもネガティブも、自分の中に同じものが有るから気付くし理解する訳なので、

    結局 ”宇宙は自分の心の中に在る” という事だと思います。

    今は宇宙観が反転しているので、

    「新たな宇宙基準では、最も大きなものが最も小さなものとして現れ、最も小さなものが最も大きなものとして現れている。」

    「その世界で最小のものとは宇宙であり、最大のものとは人が抱いている心であるがゆえ、真心を中心とした宇宙基準である」

    最近私が読んだ本の中に書かれていて、私の心にビンビン響いたものです。

    そして私はこれは、お釈迦様が悟られた境地の事だと感じています。
    (^^♪

    返信削除
    返信
    1. 大宇宙と個人の心の小宇宙とが繋がりあっているというのはその通りだと思います

      ただ今は宇宙が反転しているというのはよく分かりません

      削除
    2. 反転とは、(人間に取っては)途方もない宇宙時間の中で繰り返されている ”宇宙の呼吸” の事らしいです。

      削除
  4. 子房さん、ついにお若いころのお姿を!
    ありがとうございます!
    (T^T)

    返信削除
  5. アマミキョ2014年4月13日 7:32

    あ、上のコメントは私アマミキョです。ついコメントの入れ方を忘れてしまいます。(笑)
    数年前沖縄でお会いした子房さんの面影バッチリです!

    返信削除
    返信
    1. こんにちは

      まだ面影は残っていましたか

      そろそろ当時のように痩せるためにダイエットを始めないといけないかもしれませんね

      削除
  6. あ、噂のアマミキョさんだ!(^^♪

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます