2018年3月27日火曜日

新しい良縁が現れない時のスピリチュアルな注意点


恋人と別れた方や、離婚された方で、その後に新しい縁がなかなか訪れない、という方がいます
特に問題があるわけでもないのに、何故か次の良い人が現れない場合です

そうした事に悩んでいる人も多いのかも知れませんね

元の彼氏・彼女や夫・妻と別れてから、新しい人が現れないという人の中には、相手から恨まれているケースがあると思います

別れる時には、喧嘩したり、対立しあう事が多かったり、こちらから別れを告げた場合に、相手から怒りや恨みを持たれることがあるでしょう

そうした恨みの念を抱かれていると、その念が新しい人との縁を妨げる力ともなります

目には見えませんが、人の発する思いには力があって、それが物事に影響を与えます

昔から呪いなどで人を不幸にする話があるように、ネガティブな念は人を不幸にし、逆に相手の幸せを願うようなポジティブな念は、相手を幸せにする作用があります

恨み心のような念を向けられていると、それが足を引っ張る事にもなります

それを防ぐためには、まず、相手に悪いことをした点が無かったか反省してみて、自分に至らないところがあったなら、それを素直に認めて、相手にたいして心の中で謝ることです

直接に謝らなくとも、心の中で謝罪することで、向かってきた念が和らいできます

相手にたいして、こちらからも恨みや憎しみを抱いていたなら、そのネガティブな思いを捨てましょう

相手からのネガティブな思いを受けてしまうのは、自らも同じような思いを抱いているからで、同質の思いが通じてしまっているからです

こちらがネガティブな思いを捨てることで、相手からの思いを避けるようにします

新しい縁が現れないもう一つの理由として、未だに心のどこかに未練が残っている場合があります

もしあなたが一方的に別れを告げられたりしていたら、やはり相手に対する執着が残っていることがあるでしょう

そうした未練を捨てることで、新たな縁をいただけるようになります

別れた相手の幸せを願い、「私は私の道を歩んでいきますので、どうぞあなたもお幸せになってください」と思ってみて下さい

相手も自分も分かれていき、互いに別な道で幸せになっていくことを祈るのです

そして相手からのプレゼントや相手の映った写真などがあれば、それらは処分したほうがよいです

そうした物を介して縁が結ばれ続け、次のステップの足を引っ張ることとなるケースがあるからです

私たちは古いものを捨てることで、新たなものを手に入れるのです

関連記事



1 件のコメント:

  1. 10年忘れられない人がいました。
    去年、気持ちに踏ん切りがつき去年末、新しい好きな人ができました。
    10年、他の異性に全く気持ちが向かなかったのに、今、違う人を好きでいることに感動です。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます