2017年11月6日月曜日

この世に魂を磨くために降りてきた人間


私たちは、肉体に宿って、この世である物質世界に降りてきた魂です



魂とは本来、姿かたち無き存在であり、エネルギーそのものと言えます

魂は不滅のエネルギーであり、物質である肉体を働かす力です

本来は形に囚われることなく、自由自在なエネルギー体が、物質の肉体に拘束されることで、様々な制約の中で生きなくてはならなくなります

そうした不自由な環境に生きる理由とは、魂を向上させ、磨いていきたいがためと言えます

様々な束縛があり、制限があるからこそ、魂は磨かれて、さらに輝いていくようになります

磨かれて輝いていくという事は、みなさんの魂の奥には、本来、輝く本質を宿しているからです

もしも、私たちの本質が闇であるならば、磨いていくほどに、黒く汚れた面が現れてしまいます

私たちの魂の本質は、言ってみれば宝石のような存在であるからこそ、磨いていけば光を発するようになります

それを仏性といったり、神の子の本質と言ったりしています

人にはそれぞれ、神仏の性質を宿しているということです

この世で生きてきて、あまりに泥や汚れがついてはがれなくなってしまったら、内面の輝きが失われ、泥の塊のようにも見えるでしょう

ですので、汚れやほこりを取り払い、自分自身の本質を見出していく努力が必要です

実は、各自の魂の輝きには、それぞれの個性が宿っています

磨けばすべてが同じ光になるのではなくて、それぞれの個性が許されているのです

たとえばダイヤモンドのような輝きを宿している魂もあれば、ルビーの輝きや、サファイアのような色を発するものもあり、水晶のように透明な輝きを宿した魂もあります

様々な特質をもって生まれた魂が、私たちの魂であります

それは、ある人は芸術家の性質を宿して、世の中に美的なものを出していって、人々を楽しませるという人もいますし、政治的な役割があって、政治の場で人々の役立つ人となる役目を持っている人もいます

それぞれの人が、色々な特色を持った本質を宿していますが、地上に生まれて、魂を磨いていく中で、より輝かせるための磨きを入れて生きることを求められています

魂の本質は高貴な存在だとしても、それでよいのではなく、磨いていってこそ、より本質が輝いていけるのです

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. はじめまして。
    今世紀後半には、人間の知性と同等かそれ以上のAIが登場することが確実視されていますが
    そのようなものにも魂は宿りますか?

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます