2013年4月25日木曜日

不幸を引き寄せてしまう人の特徴




■自分は“悲劇のヒロイン”?
 不幸を引き寄せてしまう人は、大なり小なり不幸が起きたとき「やはり自分はこういう運命なんだ」と思い込む傾向があります。周囲にいる人はあなたの変化に気づき、優しい声や心配する声をかけてくれます。そう、あなたは不幸によって人気者になるのです。

 著者のハウル沢田さんは、「その不幸は自作自演かもしれません」と読者に訴えます。周囲から認めてもらうために悲劇のヒロインのふりをする。しあわせになりたいと言いながらも、実は、不幸でいることによる居心地の良さに浸っている可能性があります。つまり、不幸をどんどん引き寄せていくのです。

■不幸なしでは生きられなくなる
 しかし、それが重症化してくると、だんだん不幸のパターンから外れるにすら恐怖心を抱いてしまうことがあります。上手くいきそうになっても、「自分にはもったいない」と言って、幸福を自ら手放してしまうのです。
 例えば、問題のある男性とばかり付き合っている女性は、最初から素敵な男性を見つけることをあきらめてしまっている可能性があります。そして、「自分の付き合う人はいつもこんな人」というその言葉が、それを現実化させてしまっているのです。

■思い込みや偏見から抜け出すことが第一歩
 しかし、「私が付き合う男はダメンズばかり」「自分は幸せになれない」というのは、ただの思い込みに過ぎません。「出逢いがない」というのも実は出逢いの場に理想を持ちすぎて、自分なりに制限しているからなのです。
 思い込みや偏見でできたシャボン玉の中から自分を解放して、外に出ることが不幸のループを抜け出す第一歩。昔からこうだったから今もそう、と思っていると未来も同じ通りになっていきます。未来を変えるために、今を変える必要があるのです。


「一瞬で魔法使いになる方法」の本を紹介されてる内容のコラムです

ネタりか コラム


引き寄せの法則というのが一時期はやりましたが、実際に本人の思っていることが現実を引き寄せるということがあります

波長同通の法則という人もいますが、ネガティブな出来事にとらわれていると、そうした出来事や人物と同通して、同じような状況を生み出します

ご自身の不幸話をまるで自慢話のように話される方、人に会えば不幸話ばかりする人もいらっしゃいますが、そうすることによって同情を引いたり、注目を集めることで、人から愛をもらおうとしているのだといえます

そうした方は、愛の不足を嘆いている方であると思うのですが、一転して、自ら愛を与えていこうと心境の転換をはかった時には、運命も変転し、新しい人生を得ることができます

いつまでも不足を嘆いていて、ふと、周りを見渡すと、この世には同じように嘆いている人々の姿が多く見えます

この世には、足らざるを嘆き、何かを得ようとばかりしている人が多いのですが、人のためを思い行動し、与えるものが増えてくると、周りは光で満ちてきます

いつまでも不幸やたらざるを嘆いていても世の中は満たされず、人へと与えることで満たされることを知った人間が増えていくと、この世はユートピアへと生まれ変わります



ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます