2020年10月30日金曜日

子どもたちを守る光と闇の戦い


幼い子どもたちが凶悪な犯罪から守られ、闇の手に渡らないように守っていくのが親や大人たちの役割だと思います

子どもたちを守るという視点には主に二つあります

一つ目は現実の世界での危険から守る事です

例えばですがアメリカなどでは毎年多くの幼い子どもたちが誘拐される事件が起こっています

アメリカの牛乳パックには、失踪した子どもの写真が印刷されているのを見た事もあるかと思います

それくらい多くの子どもたちが誘拐され消えてしまっているのです


これを防ぐために現実問題として、誘拐組織を撲滅する戦いがあります

トランプ大統領は子どもの誘拐問題に積極的に取り組み、彼が大統領になってから多くの誘拐組織が摘発され、子どもたちが解放されています

この事はメディアではほとんど報道されないでしょう

テレビや新聞などを見ていたら、トランプ氏はただの頭のおかしな人物のように印象操作されています

そしていまトランプ氏と大統領選挙を戦っているのが民主党のバイデン氏です

いま彼の息子であるハンター・バイデンのパソコンデータが流出し、様々な不正にかかわっていく事が分かりました

中国のスパイと協力していたり、ウクライナ企業から口利きでお金を得ていたりもしていますが、それ以外にも、未成年者に対する性的暴力を示すデータもあるとされています

ハンター氏の未成年の姪との性的関係があるのも告発されていますし、なにより異常なのは、10歳ほどの中国人少女が血を流して叫び、ハンターが性的暴行を加えている動画があるという事です

中国がハンターにそうした子どもを提供したのでしょう

そしてハンターが裏切らないように、証拠の動画を取っているわけです

彼は中国のスパイからお金をもらい、そのお金の一部は父親のバイデンにも流れています

息子のハンターだけでなく、父親のバイデン氏も、私は以前からベド=児童性愛者であり、そうした犯罪に関与している事をほのめかしていました

バイデン候補自身が未成年への性的虐待の証拠はまだありませんが、おそらく息子と同様にしているはずです

ハンターの異常な性癖も、親譲りなのでしょう

そしてアメリカの大物たちの間には、ペドファイル・リングといって、子どもたちの誘拐や性的虐待に関与する組織に関わっている者たちがいると言われます

バイデン氏自身がこうした組織に関与している可能性があると私は思いますし、メディア等巨大な権力を持つ者たちにもそうした奴らがいるのでしょう

ハンター・バイデンのこうした大スキャンダルがメディアではほぼ黙殺されており、報道がなされていません

これはメディアが大衆を操作しているのです

メディアは自分たちが情報操作することで大衆をも操作しています

分かりやすいのがTBSの井上弘社長の発言でしょう

「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」(1998年 TBS副社長時代)

「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」(2002年社長就任時)

「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」(2003年)

このようにメディアのトップが大衆を洗脳して操作しているわけです

彼は正直者らしく、本心を語っています

メディアによって善を悪と見せ、悪を善に装っているのです

一方では子どもに性的虐待を行っている息子を持つ候補(おそらくは本人も)

かたや子どもの誘拐組織の撲滅に尽力する候補

いったいどちらに正義があると思いますか?

メディアは真実を伝えていません

大衆を洗脳し、正義を悪に見せ、悪を正義に見せかけているのです

どうかメディアの洗脳から目覚めてください

いまこそ真実に覚醒する必要があります

これは現実面での子どもたちを守る攻防の一部です

もう一つの視点では、霊的な攻防もあります

闇側が子どもたちにひっそりと近づき、縁をつけていずれ取り込もうとする策略もあります

その作戦の一つが、先日も言いましたように『鬼滅の刃』ブームがあります

こうした作品に子どもたちが近づき、ファンにしていく事で鬼(ネガティブな闇の存在)との縁を結ばせていきます

そして機会が訪れれば子どもたちを闇側に引っ張っていくのです

子どもたちは魂がピュアであるため、まだ闇にも無防備でもあります

この時に闇をこころに打ち込めば、なかに深く入り込めるようになります

それを防いであげるのが親や大人の役目では無いでしょうか

子どもを助けてあげられるのは、親のあなたしかいないかも知れません

あまり闇側の作品に深く入れこまないように、注意することも必要かと思います

子どもは渇いたスポンジのように、たとえそれが泥水であっても、身近にあるものを吸収してしまいます

友たち付き合いもあるでしょうから多少は見るのはいいとしても、あまり深く入り込みすぎないように注意して見守ってあげるのがよいと思います

そのように子どもたちを闇から守るための攻防は、現実社会でも霊的な面でも行われているという事です

15 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

画像が面白すぎて内容がマトモに頭に入ってこないんですがww

匿名 さんのコメント...

昔は子供の時間、大人の時間ってあったんだけどな。
大人の時間のテレビ番組は子供だけでは見られなかった。
それが昭和。

匿名 さんのコメント...

何かにつけ入り込もうとする悪の霊的存在には、これからも未来永劫私たちの子孫も人間が常に気をつけて波長を高く持つ以外ないのでしょうか。
人生で悩んで苦しみ、波長を落としたことのない人はいませんが、何千年、何万年も人に付け入ってきた悪の霊的存在を根本的になくすことはできなく、ずっと戦い続けるのでしょうか。


今書いていて気づいたのですが、光がある限り人が立っていれば影が出来るように、闇をなくすことはできないのかもしれない、むしろそれを経験するために生まれてきているような、そんな気もしました。


匿名 さんのコメント...

たいへん良いお話有り難うございました。

匿名 さんのコメント...

昔はハマコーさんやゾマホンさんが正論を言っているのに視聴者からは二人ともキャラの濃い奇人変人に見える編集のしかたでした。

反対に有田芳生さんはとても視聴者に知的に見えて良い印象に見える編集でした。

ペンは剣よりも強しは格言です。

洪様、善良な心持つ光の側の情報を発信できる皆様子ども達を良い方向にお導き下さい。

匿名 さんのコメント...

私はホラー苦手でこの画像が怖いです(>_<)

匿名 さんのコメント...

鬼滅の刃についてですが、記録的ブームなようですね。最初観たときは絵は別として、本当にグロテスクで気持ち悪い作品だなと思いました。子供たちはよく平気で観れるなと。ストーリーは面白いのかもしれませんが、それ以前の問題ですよ。自分は画像の段階で見ることをやめました。ファンの方はこの意見はスルーしてくださいすいません。一般市民の暴動が起きないよう操作するためのメディアだとすると、本当に茶番でくだらないですね。

匿名 さんのコメント...

闇を経験しないと光に気づくことはできないと思っています。
もしかしたら、今までの地球が闇に包まれていたからこそ、根付いた意識かもしれません。

純粋な子供時代からをよくよく振り返ってみても、色々罠がそこかしこにあったように思います。
今思い出してみても、夢中でみていたアニメや音楽に、猛毒があったものは、とてもたくさんあったと思います。

いくら浄化してもなかなか拭われない毒を日々浄化していますが、たくさんの人々の意識に闇を根付かせた地球の意識はとてもとても悲しいものだったと感じます。

これからの地球の意識がもっともっと波動高く明るく純粋になりますように。


そして、今までの闇があったからこそ、地球人が光に向かえるのだと忍耐強く信じていたいと思います。


やはり両親共働きで、お金を沢山稼ぐために子供をひとりにするような今までのお金に支配された意識を卒業して、
お金をなるべく使わない生活を工夫して考え、その分の時間をゆっくり家族ですごせるような、、、今までより、お金から自立するような感覚が意識的にできるようになると、気持ちにもゆとりがうまれ子供と一緒にいたり、家族でのんびりとすごせる時間が増えるのではないかと思います。
今まで人はお金に支配されすぎていたのだと思います。実はお金をかけないことのなかには沢山の創造やわくわくする貴重な時間が隠れているのを感じています。



コロナはそういうことに気づく機会のようにも感じています。

匿名 さんのコメント...

生徒さんの親御さんが8歳、5歳、3歳の子どもを映画館の大画面で見ようと連れて行くそうですからビックリです。

大人の私でも怖くて見れません....

匿名 さんのコメント...

日月神示に記載されている、善の顔した悪と悪の顔をした善というフレーズを思い出しました。

日月神示は日本人に向けて書かれていますが、日本のみならず世界中が真実を見るようにならないといけない時期がきましたね。

匿名 さんのコメント...

流行りだというと、遅れまいとすぐ流される日本人も問題ですね。まんまと乗せられてますね(苦笑)
人気なのかもしれませんが?メディアの煽り方が異常だなと感じています。正直、気持ち悪いです。

匿名 さんのコメント...

井上弘って日本人ですか?確かに日本人はバカっていうのは当たってるかもしれません。TBSや朝日みたいなクソみたいなテレビのスポンサーになる企業も同じですね。
どうやったら真実を知ることが出来るんでしょうか。ニューメディアも信用ならんし…。正しい事実だけ知りたいです。

匿名 さんのコメント...

それより最近のゲームは鬼滅ほどではないかもしれませんが人を撃ち殺すゲームが多いですよ。中国産や欧米産のゲームです。鬼滅よりもそれらの方が高校生から大人の世代の心を狂わせる作用が強いように感じるのですが、それらは非難しないのですか。鬼滅よりもかなり鬼や魔物がプレイヤーを闇に引きずり込んでるように感じます。

ミミ子 さんのコメント...

バイデンのスキャンダルはアメリカではFOX以外は報じられていませんよね。
アメリカはそこまで闇に覆われているのか、と思うと怖いです。
日本のマスコミも親中派のバイデンを応援し、トランプをバカにしていて、露骨な情報操作ですね。

Unknown さんのコメント...

倍デン、バイバイデン(^_^)/~~

だって、目がもろに闇で、怖いしキモチワルイんですもん。