2019年3月10日日曜日

ホリエモンとゴーン氏の縁

ホリエモンこと堀江貴文さんがテレビに出演されて、保釈された日産自動車前会長のカルロス・ゴーンさんの変装について擁護するコメントをされて話題となりました



他の出演者が「ふざけているのかと思った」とコメントした後に、「捕まってみてお前そんなこと言えるか?捕まったことがないやつが適当に言っている」などと述べています

もちろん逮捕された人しか発言できないのはおかしなことですが、堀江さんもゴーン氏と似たような経験をされているので、擁護したい気持ちが働いたのでしょう

他にも今回の出来事について「これは社内抗争でしょ」と堀江さんは述べられています

堀江貴文さんは2006年に証券取引法違反で逮捕された経験があります

この逮捕も、当時の堀江さんが成功して目立っていたから標的にされたのでしょう

同時期に東証一部上場の会社が、ライブドアで問題にされた金額より四倍くらいの多額の不正会計が発覚しましたが、この件については誰も逮捕者も出ていませんし、上場停止などの処分も受けていません

それより軽い堀江さんのところが捕まったのは、彼をはじめから逮捕して見せしめにしようとする考えがあったからでしょう

堀江さんは歯に衣着せぬ言動で、普通の日本人なら言いよどむこともはっきりと言葉にする傾向があるため、人に恨まれたり、嫌がられる傾向があったでしょう

そして若くして成功してきた堀江氏への嫉妬がありました

彼は目立つ存在でしたので、それで目をつけられ、足を引っ張られたところがあります

堀江さんが捕まった時にも、IT企業が交流してきて、日本経済が上向きかけていましたが、彼の逮捕によって景気も落とされたでしょう

ベンチャー企業で成功を目指していた精神が、成功するとこんな目にあわされるというマイナスイメージがついて、傷ついたでしょう

それでまた日本は景気停滞の道を歩むことになりました

今回のゴーン氏の逮捕も、社内抗争の面もあり、また実業家として成功し、大金を得ていることへの嫉妬や恨みがあったでしょう

しかし今回も、成功者を引きずり下ろすことに満足し、社会全体の発展をゆがめてしまうものがあります

堀江さんが逮捕されて、景気が良くなりかけたのが潰されたように、今回のゴーン氏の逮捕も、日本経済の失速の警笛となるでしょう

堀江さんとゴーンさんは、そうした日本経済の先行きを示す、同じ印のような役としての縁があると思います




↓金色の星の画像を一日一回クリックしていただくと、ランキングに反映されて多くの人に読んでいただけるようになります

☆☆☆書籍の紹介させていただきます☆☆☆
『宇宙の魂をもつ仲間たちへ』が出版されることとなりました。
そのタイトルの通り、宇宙の魂をもつ仲間たちへのメッセージが込められた本です。
この書が、多くの宇宙の魂をもつ仲間たちに届くことを願っています。

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、新月や満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



1 件のコメント:

  1. 堀江貴文は、かつて「尖閣諸島を中国にあげちゃえば」と言い放った人で頭には経済しか無い人の様に見受けられます。そんな人が日本人に信用できるかは疑問です。島の存在と経済は別かも知れませんが、やはり彼の手法を受け入れる事に否定的であるのは仕方無い事ではないでしょうか、、

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます