2015年4月21日火曜日

堀江貴文氏の前世


質問のありました堀江貴文さんについて感じたことを書いてみます

堀江貴文さんはライブドア元社長で、証券取引法違反によって逮捕された経験があります

ちょうど昨日だったか「しくじり先生」というテレビ番組に出演されて、過去の失敗体験を語って、自分のようにしくじらないようにアドバイスされたようです

私は番組は観なかったのですが、久しぶりに姿を拝見して思い出したので取り上げてみることにしました

この方の前世は、おそらく日本の江戸時代に生まれていたと思います

その時も商売をされていて、豪商とよばれるような、成功を収め莫大な富を得ていたようです

当時のご本人は派手な振る舞いをして、お金を贅沢に使う暮らしをしたため、江戸幕府のほうから目を付けられたようです

「町人の分際で豪奢な暮らしをした」という理由で財産など没収されてしまいました

どうも今世とほとんど同じような前世での体験をされたように思います

商売の成功までは優れた才能で上り詰めるのですが、成功したときに周囲から嫉妬の念を受けること、その嫉妬をかわす術まではないのでしょう

日本では嫉妬によって成功者を引きずり降ろす傾向がありますけど、それによって景気を悪くして、自分たちも豊かになれないという現象を生み出してしまいます


※その他の有名人の方の前世につきましては「有名人の前世まとめ」に記事のリンクを集めていますので参考にして頂ければと思います

関連記事





12 件のコメント:

一慧 さんのコメント...

前世の失敗の前轍を再度踏まれたわけですね
人生には前世絡みの難しい選択の局面が用意されているものですね
富豪になられるのも何か意味あってのことでしょうけども、かの斎藤一人さんのように金銭の遣い道を公的奉仕の喜びに置かれれば没落せずとも済んだんでしょうね

匿名 さんのコメント...

何かを学ぶまで、人生パターンは繰り返すんですね

にこ さんのコメント...

成功して傲慢になる人は、敵を作り自滅しやすいのでしょうか。私も謙虚な気持ちを忘れることがあります。成功した人に問題点が無いのに、皆で引きずり降ろす風潮は残念だと思います。
「祈りの効果は!?」の記事では、一慧さんに褒めていただきました。ありがとうございます。洪さんや皆さんのお話を拝見すると、魂が清らかになるようで、落ち着きます。

maka さんのコメント...

淀屋橋で有名な大阪の淀屋辰五郎ですかね

一慧 さんのコメント...

また登場してスミマセン!
コメント漏れ(笑)がありました
今回の堀江さんの写真をチラっと見て、あれっ・・人相(目つき)が変わられたな、欲深い脂ぎった以前の形相!が明らかに消失しているわ・・
何らかの形でトップから底辺におとされるという経験も、大変に貴重なものです
傲慢さは木端微塵になりますから
私も自分次元範囲にて、自己否定の底辺かな?と思わしき経験をさせられました
もちろん、以前と人相変わりましたよ~
天の計らいが有り難い!
メデタシメデタシ、ですね!

匿名 さんのコメント...

しぐじり先生のホリエモンさん見ていました。ご本人は足を引っ張られた理由にやっと今世気付かれたのではないのかな、と思われるコメントをしていました。成功しても、あえて自分の敗の部分を見せると壁が取り払われて、沢山の人が寄ってくる。とか。例えばなしで、ソフトバンクの孫社長は、自分のハゲ散らかった頭をあえてネタにしてることで、みんなに好感を持たれているというようなことをおっしゃっていましたよ。人生を潤すためには、ご愛嬌もとっても大事な要素だと感じました。

洪 正幸 さんのコメント...

こんばんは
今度は乗り越えてみせると思って生まれ変わるけど、また同じ問題で躓くことが多いみたいです
富の一部を福祉などに使うというのも嫉妬の念を避けるものになるのでしょうね

洪 正幸 さんのコメント...

きっとご自身で、今度こそって思って生まれ変わって来ていたのかもと思いました

洪 正幸 さんのコメント...

こんばんは
成功しても、自分のことばかり考えていると、反感をかって転んでしまうことが多いみたいですね
謙虚さを忘れないようにしないといけませんね

洪 正幸 さんのコメント...

こんばんは
私が存じ上げない方なのでわからないですけど、かなりの豪商だったみたいなので、名前は残っていると思います

洪 正幸 さんのコメント...

人相が変わられる経験をされたのですか
角がとれると柔らかな人相になりそうですね

洪 正幸 さんのコメント...

こんばんは
そうでしたか
大変な経験から彼は学びをえられたのでしょうかね
愛嬌があると、回りの人から可愛がられますからよいですね